雑学まとめ

当サイトでは、明日すぐに友達に話したくなるような、あらゆる情報を紹介しています。

ペット

ペットへのテレパシーの送り方

投稿日:

テレパシーという親密なきずなでペットと結ばれるための、ごく簡単なエクササイズを紹介しよう。

ペットへテレパシーを送る場合、まず精神を、未知の世界に向かっていつ解き放たれてもおかしくないエネルギーの巨大な貯蔵庫と考える。心のなかでイメージをつくりあげたら、それがペットの脳に流れこむさまを思い描く。このエクササイズがどれだけ成功したかをはかるために、制限時間を決めて思考を投げかけられるのかを記録しておこう。

テレパシーはだれもが持っている能力なので、すぐに使えるようになる。ペットテレパシーを送るためにしなければならないのは、ペットのことを一心に考え、伝えたい事柄のイメージを心のなかに描くことだけ。

実験はやや難度が高いが、あなたとあなたのペットが初歩のエクササイズを両方ともマスターしたら、ぜひ挑戦してほしい。つぎの指示にしたがうことによって、多くの人びとがめざましい成果をあげているからだ。

視線は、やや離れたところで、あなたに背中を見せながら、座っているか横になっているかしているペットに向けること。

テーブルの前に腰をおろし、ややうしろから照明が明るくあたって、目の前に置いた紙にきちんとあたるようにする。

心のなかでテレパシーを送っているイメージ

目の前の紙に、単純な線で、ペットにとっておなじみの、ボールやゴムの骨やお気に入りのおもちゃなどの絵を描く。スケッチを描き終えたら、それに思いを凝らす。精神集中は一分ほどつづける。そうしたら、心のなかで、送っているイメージをペットが受けとるように念じる。

ペットがあなたに背中を向け、ゆったりとくつろぐか、別の活動に夢中になるまで待つ。そうしたら、ペットの後頭部に意識を集中する。自分の両目から光の流れが放たれているさまを心に描く。そして、その光の流れに、「振り返ってわたしを見なさい」というメッセージが乗っていると想像する。

あなたが家のなかの別の部屋、あるいは室外のべつの場所に「ちょうだい」、と心のなかでペットにテレパシーを送ることからはじめるといい。命令に応じるまで、のテレパシーを送りつづけることが肝心だ。

ペットがすぐに振り向いてあなたを見なくても、がっかりすることはない。辛抱強くペットへテレパシーを送りつづけることが肝心なのだ。そうすれば、数分でペットは向き直り、あなたをじっと見つめるだろう。

ペットへのテレパシーの送り方はこういったことだ、是非実践してみよう。

-ペット

執筆者:

関連記事

no image

人々の知的能力に一貫性が欠ける理由を解き明かす

生物の知能には特殊知能と一般知能とがあるという考え方は、人々の知的能力に一貫性が欠ける理由も解き明かしてくれる。データを集めてみると、結果はふたつの可能性の中間を示した。特定の知的能力を個別に測定する …

no image

老犬は体調を維持することが第一

老犬は体調を維持することが第一。適度な運動は必要ですが、体力を消耗しない程度にとどめます。あまり動きたがらないようなら、無理に散歩に連れ出す必要はありません。抱いて外出したり、よく話しかけてあげるよう …

no image

犬には意識が欠けているという見方

デカルトの、犬には意識が欠けているという見方は、行動主義者が研究室から一歩外に出れば、ぬぐい去られてしまうのではなかろうか。犬を飼っている行動主義の生物学者、心理学者のほとんど全員が、自分の愛犬に対し …

no image

ハムスターに与えると危険な食べ物

ハムスターに与えてはいけない食品があります。トマトの葉と茎、ジャガイモの葉と芽と緑化した皮は、ソラニンという中毒物質を含んでいます。リンゴ、プラム、桃、サクランボ、ウメ、ビワの種にはシアン化合物を生成 …

no image

動物は果たして意識を持った存在なのか?

犬に思考能力がないなら人間にもそれはない、ということにならないだろうか。デカルトの主張の中には、思考能力のある存在をたんなる機械と区別するために使われた、検証にもとづくものもある。デカルトの理屈を裏返 …