雑学まとめ

当サイトでは、明日すぐに友達に話したくなるような、あらゆる情報を紹介しています。

ペット

ペットシッターの仕事は誰でもできる簡単な内容のものではない

投稿日:

ペットシッターの仕事は、ペットへの餌やり、散歩(犬の場合)、排池物処理の三つが基本です。誰でもできる簡単な仕事に思えますが、実際には生態学や健康管理学などペット飼育に関する専門知識が必要で、しかも飼い主とペット双方の信頼を得なければできない奥の深い仕事です。ペットシッターとは、飼い主が所用で長時間家を空けるとき、飼い主の自宅に赴き、そこでペットの世話をする仕事です。

ペットは住み慣れた場所で世話を受けるので、ペットホテルに預けられる場合と比べてストレスが少ないといわれています。ペットは人間の感情に極めて敏感です。ペットシッターがこのペット、いやだなと思うと、ペットはそれを敏感に感じ取り、世話をされるのを嫌がってしまいます。飼い主が急にいなくなってただでさえ神経が過敏になっています。契約を結ぶ前の面接で、このペット、どうも好きになれないなと思ったら、ときには契約を断る勇気も必要です。

ペットシッターは飼い主とペットの双方がお客さんの仕事です。いくらペットに詳しくても、人見知りが強いなど初対面の人と円滑なコミュニケーションができない人には向かない仕事です。飼い主の留守宅に入り込んで仕事をするわけですから、初対面でこの人なら大丈夫と信頼される人柄も重要です。そのためには、相手の目を見て話し、こちらが一方的にしゃべる話し上手ではなく、飼い主が話しやすい雰囲気を作る聞き上手のコミュニケーション力が求められます。

トリマーに必要な体力と忍耐力

トリマーに必要なのは知識やコミュニケーションスキルだけではありません。トリミング台に乗せると狂ったように暴れる犬や、体を触ると噛み付く犬もいます。また、人間の髪型に流行があるように、犬の体毛カットにも流行があります。犬用の美容雑誌をもってきてこのとおりにカットしてという飼い主も少なくありません。

このため、トリマーは常に最先端のカットやトリミング用品の知識も吸収しなければなりません。体重四〇~五〇キログラムの大型犬をトリミングすることもありますし、仕事は一日中ほとんど立ちっぱなしです。しかも、すべての犬がおとなしくトリミングさせてくれるわけではありません。トリマーは見かけ以上に知識と体力と忍耐力が必要な仕事です。

-ペット

執筆者:

関連記事

no image

犬猫の祖先はミアキスと呼ばれる小さい動物だった

古代生物学者のほぼ一致した意見によれば、犬の前身はミアキスと呼ばれる、木に棲む不思議な小さい動物であった。この動物はおよそ四〇〇〇万年前に生息していた。ミアキスはミンクぐらいの大きさで、短い脚、長い尾 …

no image

犬は大人の遊び相手としてこの世にもたらされた

私たちは愛犬の間抜けな行動やおどけたしくさに笑いころげ、あまり自慢にはならないが、犬事な時間ずいぶん、犬たわいのない遊びで費やしてしまう。知らない人に対しても職場で、状況変化にも対応できる動物が作りあ …

no image

マーキングをおこなったときの心理状態を推察

尿に溶けこんだある種のホルモンから、マーキングをおこなったときの心理状態まで推察できることがある。怒っていたか、おびえていたか、満足していたか、交尾をおこなった直後であったか。これは足の裏から分泌され …

no image

行き交う旅のおかげで多種多様な家犬が作り出された

地球上を行き交う交易や旅のおかげで、多種多様な家犬が作り出され、互いに混じり合った遺伝子からいえば、たぶんオオカミ・ジャッカル・コヨーテ・ディンゴ・キッネ犬とでも名づけられるものができあがった。人間は …

no image

犬は荷車を引く運搬の最良手段だった

貧しい人々にとって犬は運搬の最良手段だった。犬ならどこでも手に入り、小さいので家族と一緒の場所で飼えるし、食べ物の残りを与えておけばいい。四頭一組のフォックスハウンドなら、ふつうの犬人ひとりと軽い荷物 …