雑学まとめ

当サイトでは、明日すぐに友達に話したくなるような、あらゆる情報を紹介しています。

ペット

ペット産業はニ兆円市場

投稿日:

・ペット産業は、ニ〇〇〇年にニ兆円産業

これまでのペット業界は御三家をワンストップで提供するペットショップが、その利便性ゆえに主力業態になっていました。しかし、ペットショップは自営業レベルが多く、店舗規模も小さいのが特徴です。ペットショップ全体的にはペット生体、ペットフード、ペット用品のペット御三家とペット病院の親藩が安定成長期に行し、ペットサロン、ペットホテル、ペット保険などペット向けサービスの外様分野が高度成長期に入ったさまが読み取れます。現在、ペット業界の市場規模はどのぐらいなのでしょうか。

ペット業界はもはやいっときのブームではなく、社会的ニーズに基づいた構造要因により持続的な成長段階に入ろうとしています。しかし、日本のペット業界は産業としての歴史が浅いためか、業界全体を俯瞰できる公的な統計資料がないのが現状です。

過当競争時代入った様相がうかがえるとも分析

ただ、あるレポートによると、小売べースの市場規模は二〇〇〇年で一兆四六二〇億円、二〇〇四年は一兆七〇〇〇億円(見込み)、二〇一〇年に二兆円を超えると予測していたそうです。業者数が二〇〇五年一月で二万三九四八社と初めて前年期比一・五%の減少に転じるなど、過当競争時代入った様相がうかがえるとも分析されています。ここ数年の傾向として、ペットフードの高価格と低価格の二極分化進行、ペット用衣類のファッション化進行、ペットサロン、ペットホテル、ドッグカフェなどのサービス業増加などが顕著に見られると分析しています。

ペットショップが今後も主力業態として業界をリードするためには、業態多角化による多様化した飼育者ニーズへの対応、自営業から法人への脱皮にょる経営基盤の強化、人材の確保、顧客満足度の向上など経営ならびに業態の改革が急務です。ホームセンター、ドラッグストァなど他業界からの進出や、ペットホテル、ペットシッッーなどのサービスへのニーズの多化に対応し切れていないのが実情です。

-ペット

執筆者:

関連記事

no image

犬が人や物を噛む場合の対処法

物を噛むアッと思ったらいつの間にかイスの足に歯形が・・などということはよくあることです。いたずらしてよい品といけない品の区別や高級家具の識別など、犬にできるわけはありません。興味を持った品が、そのまま …

no image

ペットの交配とパートナー選びの基準

ペットの交配とパートナー選びの基準。 パートナーの基準になるのは、遺伝的疾患の有無や被毛の色、容姿、性格など。心身ともに、お互いの欠点をカバーするような組み合わせがべスト。特にカーディガンの場合、毛色 …

no image

犬とのふれあいがストレス反応を減少させることを実証

飼い主に慰めと喜びを与えるという、小型犬の能力は実用主義にはまったく理解されなかった。しかし、いまではその意見も変わり、犬は子どもたちの大事な遊び相手として存在が認められている。自閉気味の子ども、社会 …

no image

イヌが数を数えることができると証明したある例

ある人はカナダのブリティッシュ・コロンビア州ヴァンクーヴァー島で開かれた犬の訓練競技会に参加していた。犬を参加させていた人と連れ立って、近くの野原に散歩に出かけた。彼の美しい雌のラブラドール・レトリー …

no image

呼吸しない床、壁材は危険

・呼吸しない床、壁材は危険 床近くで生活している室内犬は、つねにシックハウス症候群に冒される危険にさらされています。そこで、有害化学物質を含まず、しかも調湿性などに優れた天然内装材による住宅リフォーム …