雑学まとめ

当サイトでは、明日すぐに友達に話したくなるような、あらゆる情報を紹介しています。

ペット

ペットサービス業、施設などの向上

投稿日:

ペット病院の世界も、外部機関と連携して医療サービスの向上を図る時代になりつつあります。愛する愛犬に自然食をドッグ力フェは二〇〇〇年前後から急に増えてきました。犬の散歩の途中にちょっと立ち寄って、休息がてらお茶を飲みたいという、主に女性飼い主のニーズに対応して誕生したといわれています。よい例が、東京都のあるカフェです。テーブル席が四席とソファー席一席のこじんまりとした店で、テーブル席三席のオープンテラスを併設しています。雨の日以外はテラスと店内の仕切りを取り払っているので開放感があり、広く感じられる設計です。店の入り口には犬の足洗い場を設けるなど、ドッグカフェならではの設備もあります。

犬用メニューが豊富この店は愛犬と共にお茶や軽食を楽しむライフスタイルをコンセプトにしていますが、その特徴は、何といっても犬用の軽食メニューが豊富なことです。パン(週替わりで約二〇種類もある)、リゾット、チキンパイ、クッキー、パスタなど二〇点近いメニューを用意しています。さらにワンコラーメン(秋冬限定)とワンコァイス(夏季限定)の季節メニユーまであります。しかもこれらの軽食は、すべて有機栽培作物、無添加食品、抗生物質・動物性飼料不使用食肉などの食材を使った自家製です(人間用も同じ)。したがって、アレルギー体質の犬も安心して食べられます。オーナーがいかに犬の健康に配慮して、自然食にこだわった経営をしているかがよくわかります。

最新の高度医療を受けさせることができる仕組み

動物高度診断ラボ。これは、CTを始めとする最新の医療設備を備えたCTセンターを地域の中核となるペット病院に設置し、このCTセンターを当該地域のペット病院(同社会員)が共同利用できるサービス。これにより、資力の乏しいペット病院も最新技術を利用でき、飼い主もペットに最新の高度医療を受けさせることができる仕組みになっています。

当初は、常連客を増やすために既存の喫茶店が犬の同伴可にした程度の店が大半でした。しかし最近は、愛犬家のオーナーが愛犬との共生空間創造を理念に、自分の個性を反映させた店を設計して開業するケースが増えています。こうした店は犬と一緒に楽しむ時間を演出するためにさまざまな工夫をしています。また、愛犬家のオーナーが、愛犬を看板犬として一緒に働いているほほえましい姿が見られるのも共通した特徴です。

-ペット

執筆者:

関連記事

no image

オオカミの行動と性格について一般に浸透しているイメージ

犬はオオカミが飼い馴らされたものだとする専門家たちは、犬に見られる大きさや形のちがいは、時代に応じてその土地固有のオオカミが家畜化されたためだとしている。つまり、北のオオカミはジャーマン・シェパード( …

no image

犬が人の命令に反応し作業をおこなうには

人間の命令に反応し、人間の主人のために作業をおこなうには、知能とともに犬の性格もたしかに重要な要素になる。ある専門家が学習および問題解決能力に関わる順応的知能と、作業・服従知能を分けて考えたのも、その …

no image

家畜の存在意義-パートナー的な存在

牧畜を営むためには動物の生態をよく知り、それを利用する必要がありました。狩猟文化の歴史をもつ欧米では、動物は重要な食編でした。食糧としての動物を安定的に確保するために牧畜が生まれ、その牧畜を管理するた …

no image

動物の学習能力や順応性について

動物の順応性で重要な要素がある。試行錯誤にもとづいて学習し、最終的には報償に結びつく特殊な信号に反応できるようになること。単純な例では、座れの命令に適切に応えると、頭をなでられたり、おいしいものがもら …

no image

犬のどこかに知的な可能性が潜んでいる

心理的レベルでラッシーのはたした役割は大きい。私たちはこの犬(そして、そこから敷行されるすべての大)が考え、計画を立て、思いやりをもち、痛みを感じ、悲しみや喜びの感情をもち、複雑な要素を記憶し、仕返し …