雑学まとめ

当サイトでは、明日すぐに友達に話したくなるような、あらゆる情報を紹介しています。

ペット

ペットがマンションで飼える時代になった

投稿日:

昔は、犬小屋は廃材などを使い、日曜大工でつくるのが普通でした。映画ハチ公物語の一シーンにもあったように、餌は人間の残飯で十分でした。猫の場合もほぼ同様でした。しかし、いまや犬、猫がまさに人間並みの文化的生活を送っている様子がうかがえます。その結果、ペットの飼育費用は月平均八〇〇〇円になり、餌代がその半分を占めています。

大手広告代理店の電通が行ったインターネット調査によると、犬、猫のために買った商品のベストテンは、ペットフードがトップで九五・一二%です。続いてペット用トイレ用品七二・〇%、おやつ六一・〇%、玩具などの小物六〇・〇%、ペット用リンス五八・一二%、首輪、リボンなどのアクセサリ五五・〇%、ペット用消臭剤五三・七%の順となり、いずれも過半数の人たちが購入しています。全体的にペットフードとボディケア系商品が目立っています。

ペットと暮らせるペットマンションが増えた

ほかに、小屋、サークル一二九・七%、ペット雑誌、書籍三一二・七%、運搬用ケージ三一・三%の順となっています。近年、東京、大阪などの大都市圏でペットとの暮しは不動産業界にも大きな影響を及ぼしています。ペットマンションが数年で急増るマンションが急増しています。二〇〇〇年前後からペットと暮らせるペットマンションが増え始め、現在では首都圏の全供給戸数の四七%がペットマンションと見られています。

マンションといえば、かつてはペット禁止が常識でした。独立行政法人都市再生機構(旧住宅・都市整備公団)の団地に行くと、いまでもペットは団地に住めませんと大書した看板をあちこちの団地で見かけます。しかし、時代は変わりました。将来には、おそらくこの比率が六〇%台に上昇するものと見られています。この傾向は、国土交通省の住宅行政の方向転換が要因の一つとなっています。すなわち、マンション管理規約のガイドラインである中高層共同住宅標準管理規約を、当時の建設省が一九九七年にマンションでもペット飼育を認めるよう改正したのが契機といわれています。

-ペット

執筆者:

関連記事

no image

犬の匂いつける行動-鼻をつく刺激臭をたてる行為

ある家族は、テッサという名の素晴らしい雑種犬を持っていて、田舎の農場へもよく一緒に連れていく。農場の裏手に大きな排水溝があり、そこがかき回されると季節によってつんと鼻をつく刺激臭をたてる。一度、私はく …

no image

頭がいい、悪い動物の特徴-犬の場合

知能が高い犬は、時として問題行動を起こすことがある。ボーダー・コリーのプリンスの一例。プリンスは人間が外出しようとするときはいつでもそのあとを追い、外に出ようとした。彼にとっては外で走り回ることが最高 …

no image

犬の順応性が発揮された例

学習の行程はじつに簡単で、日常の中での偶然のできごとがきっかけだった。家を訪れたひとりの客は、ケアーン・テリア犬が、キッチンの床に置いてあるからになった水の皿を私のほうへ押し出す姿に驚嘆した。私が水が …

no image

アメリカ合衆国陸軍の訓練に参加していたある人

一九六〇年頃、ある人はケンタッキー州フォート・ノックスでアメリカ合衆国陸軍の訓練に参加していた。そのとき、おもに私が犬好きなところから、基地に近い田園地帯に住む人たちと知り合いになった。私は赤い狩猟用 …

no image

名犬ラッシーの大冒険-全編を通じて雌のふり!?

世界一有名なコリー犬ラッシーは、心優しく勇敢なだけでなく、利口で分別がある点でも、まさに人間そこのけだった。犬とその知能に関する通念を作りあげるのに最大の貢献をしたこの犬は、一九三八年にエリック・ナイ …