雑学まとめ

当サイトでは、明日すぐに友達に話したくなるような、あらゆる情報を紹介しています。

政治

パウエル国務長官は政権内の中道派と見られていたが

投稿日:

パウエル国務長官は、政権内の中道派と見られていたが、一九八〇年代の中米でテロと残虐行為が最終段階に入って、外交が軽視されていた頃、国家安全保障問題担当補佐官を務め、また南アフリカではアパルトへイト体制を支持していた。ノリエガはレーガン政権時代に国務省に勤務し、中南米に対する徹底的な反共政策を実行するのを手伝った。ブッシュ政権はライクの後釜にロジャー・ノリエガを国務次官補に任命した。言い換えれば、テロによる残虐行為ということだ。

ブッシュ二世は彼に国防総省の全情報認知プログラムの指揮を任せた。パウエルの前任者ジョン・ボインデクスターはイラン・コントラ事件を指揮した人物で、一九九〇年に五つの重罪(そのほとんどが専門用語を使って覆された)に関して有罪を宣告された。ニカラグア人は対テロ戦争の初期段階では幸運だった。少なくとも、国家支援のテロから自分たちを守る軍隊があったからだ。全米市民的自由連盟(ACLU)によれば、ネブラスカ州の農民からウォールストリートの銀行家までを含む、全てのアメリカ人が最強の調家安全保障装置のコンピュータに監視されていることに気づくことになるプログラムである。

レーガン支持者は

議会がグアテマラに対する援助に人権という条件を課したため、レーガン支持者は彼らの国際テロ・ネットワークに訴え、任務を引き受けて貰わざるをえなくなった。エルサルヴァドルは一九八〇年代半ばにはアメリカの軍事支援と訓練を最も受けた国(イスラエルとエジプトを除いて)となり、その頃残虐行為も頂点に達していた。近隣諸国では、テロリストが治安部隊そのものだった。

その中にはアルゼンチンのネオナチ主義者(自国で転覆させられるまで)、イスラエル、台湾など対テロの経験豊かな人々が含まれていた。民間人の拷問や虐殺はそれによって更に激増した。父ジョージ・ブッシュの政府はパナマ侵攻を命じた。これは民間地区を爆撃し何千人ものパナマ人を殺害した軍事作戦で、しかもたった一人の男マヌエル・ノリエガを炎り出すためにのみ行われたものだ。

-政治

執筆者:

関連記事

no image

テロの文化のせいで大多数の人々が希望を失い権力者の要求に従う

祖国グアテマラにしばらく里帰りしたジャーナリストのフリオ・ゴドイはアメリカに戻ってからこう書いた。ホワイトハウスにはアステカの神を崇拝している人がいると信じたくなる。だから、中米人の血を奉献するのだ、 …

no image

カーター大統領がアメリカ人の疑念を払拭し援助する責任もないと明言

我々はそれほど寛大であるべきではないと考えた人もいる。初代ブッシュ大統領は、タカでもハトでもない中道的な見解を示して、こう述べた。極端なハト派としては、カーター大統領がアメリカ人の疑念を払拭し、我々は …

no image

ソ連が東ドイツの共産主義政権を援助するために

直接戦争を避け、核兵器の使用を避け、軍備と核兵器管理の議論を積み重ねるというもの。1980年代の冷戦は、1950年代のそれとは異なっていたのである。冷戦はいつ終結したのか?冷戦の起源は米ソによるヨーロ …

no image

イスラエルとパレスチナの関係の悪化の食い止め

米国側に加わったのは、イスラエルと太平洋諸島の幾つかの属国及びコスタリカだった。この撤回は、それが本心からのものだとすれば、政治解決を図る可能性をほぼ排除することになる。従来のパターン通り、こうしたこ …

no image

イラクが国連に大量破壊兵器保有を否定する報告書を提出した後のこと

フィナンシャル・タイムズ紙は、政策立案に関する批評の中で、武力行使の決断がなされたのは二〇〇二年一二月半ばだとしている。イラクが国連に大量破壊兵器保有を否定する報告書を提出した後のことだ。世界の人々の …