雑学

パトカーの赤色灯がブーメランのような形なのは何故?

  • このエントリーをはてなブックマークに追加
警察署がそうした許可を出すケースがあるのかどうか

パトカーの赤色灯がブーメランのような形なのは何故?

パトカーの屋根の上の赤色灯がブーメランの形なのは何故か、ご存知だろうか?パトカーの屋根の上の赤色灯は、円筒形か横に長いバー形のものが普通だったのに、最近はブーメラン形になっている。

パトカーの屋根の上の赤色灯は、まっすぐな形と思われてるかたも多いかもしれないが、実はブーメランのような形をしている。しかし、なぜまっすぐではなくブーメラン型なのだろうか?

パトカーは、赤信号でも交差点に突っ込んでいきます。ところが、交差点で直進してきた一般車両に横から突っ込まれる事故が頻発。そこで、横からも見えやすい赤色灯を、という要望が出たんです(同社広報課)。

この赤色灯の商品名は、エアロブーメラン。普及率は都道府県ごとで違うが、東京都では、いまやパトカーのほぼすべて(警察関係者)に搭載されている。確かに、以前の赤色灯は円筒形やバー形でした。

しかし、それではパトカーの側面から見たときに、光って見える面積が小さいんです。そこで1996年から、横側からでも光が見えやすいブーメラン形の赤色灯を導入しました(警察庁広報室)。製造元は、パトカーの赤色灯の全国シェアが99%という株式会社パトライトだ。

一般車両が追突する事故がありました

一般車両が追突する事故がありました

交差点どころか、路上で作業中のパトカーにも、一般車両が追突する事故がありました。パトカーは車高が低いので、遠くから赤色灯が見えにくいんです(同社広報課)。

エアロブーメランは、モーターで屋根から一段せり上がる可動式。パトカーを停めて取り締まりや事故処理をする際に、赤色灯を高く掲げて光らせるのだ。

パトカーが一般車両にオカマを掘られるとは。同じ緊急車両でもワゴン型の警察車両や消防車・救急車は、車高が高いうえ大型の赤色灯も積めるため、このエアロブーメランを搭載する必要はないそうだ。今度もし街でパトカーを見ることがあったら、パトカーの屋根の上の赤色灯を見てみるといい。ブーメランのような曲がった形をしているはずだ。

無音で赤色灯をクルクル回しながら通常走行しているパトカーの意味は?

無音で赤色灯をクルクル回しながら通常走行

無音で赤色灯をクルクル回しながら通常走行しているパトカーの意味は何でしょうか?

赤色灯だけでは緊急車両になりませんが、道路交通法第22条の速度違反の違反車両を取り締まる際は赤色灯だけでも緊急車両となります。防犯効果や交通違反の抑制に効果があります。

赤色灯点灯のみは駐車禁止区域にて駐車してる場合が多く職務質問・検問・実況検分などをしてます。

基本的に警察車両のパトカーのランプの色は赤色と決まっております。これは道路交通法で決まっております。

  • このエントリーをはてなブックマークに追加