雑学まとめ

当サイトでは、明日すぐに友達に話したくなるような、あらゆる情報を紹介しています。

ファッション

パリジェンヌはブレスレットのオシャレが好き

投稿日:

バリジェンヌが大好きなジュエリーのひとつが、ブレスレット。とにかく話すときに手や腕をよく動かすパリジェンヌたちだから、腕時計のプレスレットと合わせたり、あるいは時計をしていない腕にはめたりしているブレスレットは、会話をよりヴィヴィッドにしたてる小道具だ。

また、異なるネックレス二本を首に巻いているパリジェンヌをよく見かける。同系色のネックレスの二連もいいが、シルバーチェーンと黒い布製の組み合わせや、マルチカラーのストーン、はたまたゴールドとシルバーなどもうまくこなすと面白い効果が得られるので、試してみてはいかがだろう。ジュエリーはたんなるアクセサリーというより、パリジェンヌにとってはひとっひとっが何かの記念になっている特別な存在のような気がする。

ジュエリーをこれから買おうと考えているあなたへのアドバイスをひとつ。それはヴォリュームがあって一定の重さをもっているものを選んでいただきたい、ということだ。また、色の調和がとれていて、長さを微妙に調整して長短のコントラストをつけることをお忘れなく。

みなさんよくご存じの、カルティエのタンクという時計。薄いのに重く、それでいてブレスレットは肌にしっとりフィットする。軽いジュェリーと重いジュエリーでは、一〇年後にあきずに使っているのは、絶対に重いほう。重さはだてではなく、手作りの部分が残っている証拠だから。日本人の体は確かに華奢だが、長年使うものだったら、ぜひ重さを気にせず試していただきたい。

ときには男のおしゃれを盗む

今まで男の特権だったそで口のおしゃれ、たとえばダブルカフスにカフリンクスをつけてみる。ミュスクテールカフス(三銃士が着ていたラッパ型にカフスの部分が広がっているデザイン)をジャケットからチラッと出したり、男のおしゃれを盗んでみるのもパリジェンヌの得意としているところ。

また、やわらかい素材のスカートの上に、ビジネスマンの彼から借りた白いワイシャツを着、メンズライクなジャケットをはおり、これも彼のデッカイ時計をはめて、ミスマッチを遊んでみてはどうだろう。

-ファッション

執筆者:

関連記事

no image

デザイナーがセレブとなりセレブがデザイナーとなる時代

MTVのハウス・オブ・スタイル、スタイル・ネットワークの各番組、好評ながらうち切られたCNNのスタイル・ウィズ・エルサ・クレンチなど多数のテレビ番組を制作し、各家庭にいつもファッション情報を送り届けて …

no image

ファッションは低価格帯市場に向かっていっている

判で押したような大衆向けファッションが世界中で増殖している様子は、さながらマクドナルドを思わせるので、それをマックファッションと呼んでいる専門家もいるくらいだ。マックファッションのおかげで、社会的に受 …

no image

スーツに合う靴下は紺や黒だけではない

・理想の靴下とは 一般論としては、靴下はパンツとシューズの接続詞だと考えられています。この両者をいかに上手に結びつけるかがポイントで、そこで結局のところダーク・スーツに合わせて、紺や黒の靴下が主流にな …

no image

ルールや強制力の数々に支配されていながらそれほど説ることもない

死ぬまでファッション・ヴィクテイムでいる私たちは、あの世でもファッション狂騒曲を奏でるに違いないのである。二一〇〇年ほど前の漢代の宰相夫人、幸追も、四九着の素敵な服とともに葬られている。あの世でもファ …

no image

ファッションの新しいスタイルへの転換のスピード

消費者にとってお金のかかることではあるが、常に新たなスタイルへの転換を続けていくということは、ファッション・ビジネス側から見ても必要不可欠。スピード・シックの車輪を回しているエンジンは、新たなトレンド …