パチンコの換金用の景品にある金チップは売ることはできる?

公開日: : 最終更新日:2017/08/17 雑学

パチンコで換金用の景品として金チップをくれるけど、あれは金売買業者に買ってもらえるのか。実は前から気になっていたんです。

金の価格は過去、1979(昭和M)年から1983(昭和3)年にかけてはイラン・イラク戦争が起こったこともあって1グラム3000円を大きく上回ったことがある。実際、まとめて買ってもらえるのだろうか?ある貴金属商が言う。はい、当社のものでしたらその場で買い取りますよ。最小単位1グラムからOK。本日の相場ですと、1グラム2265円になります。

利用する店では、0・3グラムの景品が1個1000円で両替できる。となると、1グラム当たり約3333円。金の価格がこれより上回れば貴金属商に売った方が儲けが出る勘定だ。

私が通うパチンコ屋は両替用の景品に金を使っています。それを何十個もため込んで貴金属商に持ち込めないかと。
金の価格によっては両替するより儲けが出るでしょ。こう言うのは、池袋の某大型パチンコ店常連の営業マンだ。

なるほど。パチンコ両替用の金は確かに本物である。

金の買い取りには手数料がかかる

ちなみに、金の買い取りレートは店によって違う。同店に景品を持ち込み、買い取り価格を聞いて、うちの駅界隈の貴金属店の方が高いよと言った人もいたとか。

今からセッセと景品の金チップをため込んで価格上昇をジッと待つ手はあるのだ。ただし、金の買い取りには手数料がかかります。5グラム未満は1件につき1050円です。つまり1グラムの場合ですと、2265円から手数料を引いた1215円が手取りになります。500グラム未満の取引には量に応じて1件当たり最高で5250円の手数料がかかという。これを計算に入れておないと赤字になりかねない。

今度パチンコで勝ったら、金の価格上昇を願って景品の金チップをため込んでみますか?両替するよりオトクな気がするが。色々なパチンコ店を見ていって、独自に研究してみるといいだろう。

パチンコの起源と歴史

パチンコに限らず、「球を転がして遊ぶゲーム」は、紀元前から存在していました。

パチンコのルーツといわれているコリントゲームがある。元々は欧米で発祥し、日本には大正の末期から昭和初期に輸入されてと言われている。

こうしたゲーム機を露天商が扱い、縁日などに置いたことがパチンコ業の始まり。

1930年に、風俗営業第1号店が名古屋で許可されパチンコ店が開店している。1936年、高知でパチンコが大流行、半年で35店が開店した。

玉を自動的に補給出来る様にしたのは1950年代終盤。今でも結構単純な機械式になっている。

磁石はなぜ鉄を引きつけるのだろうか

子供の頃に公園の砂場で砂鉄を収集して遊んだりしたことはないだろうか。だが少し考えてみてほしい。磁石はどうして鉄以外のものは引きつけないのだろう。ここでまず磁石の構造について説明しょう。じつは磁石も鉄でつくられているのだ。それでは何故磁力を持っていない鉄が磁石になることができるのだろうか。この問題を考えるためには、物質を究極的な単位にまで小さく分けた、分子や原子の性質を理解しなければならない。

固体は通常、原子がきれいに並んだものだが、鉄の場合は原子一個一個がN極とS極をもった磁石なのである。鉄の原子が磁石なら、どうして釘のような鉄の固まりどうしはくっつかないのだろうか。それは釘の内部がいくつかの小さな磁区にわかれており、それぞれの磁区は領域ごとにさまざまな方向を向いているために、全体としては磁化を打ち消し合うようになるからである。このような理由から、磁石としての効果があらわれなくなる。

氷はどうして水に浮くのか

北極の氷でも、コップの冷水に氷を入れたときでも、氷はいつも水に浮いている。氷はもとはといえば水が凍ったものなのに、どうして水に浮くのだろうか。大抵の物質は液体から固体になると小さくなるが、水の場合は摂氏四度のときがもっとも体積が小さい。そして氷になると体積が急に一割ほどふえる。つまり水より氷のほうが、密度が小さいのである。

同じ物質なのに密度がちがうのは、水の分子は氷になると結晶となるからである。規則正しい形に並んだ氷の結晶は、隙間が多い。そのため分子の数が同じでも体積がふえるのである。では水より密度が小さいと、どうして水に浮くのだろうか。水のなかにある物質は、四方八方から水の圧力を受ける。そのうち下から上へと押し上げる圧力が、浮力である。上からの圧力より浮力のほうが大きければ浮き、小さければ沈む。釣り合っていればそこで止まっているのである。

浮力の大きさは、その物質がおしのけた液体の重さと同じである。例えば表面が平らな氷の塊をてっぺんまで水中に沈めたとすると、氷は同じ体積の水と同じ重さの浮力を受ける。同じ体積なら密度の高い水のほうが重い。そのため氷の重さによる上から下への圧力より浮力のほうが大きくなる。そして氷のてっぺんが水面の上にでて、押しのけた水の重さと氷の重さが同じになったところで、上下の圧力がつりあう。氷の密度は水より一割ほど小さいので、一割ほど水の上にでて浮くのである。

スポンサーリンク

ダブルプレミアムのレビューは?

STLASSH脱毛の料金は?

イエコマの評判や評価、口コミは?

住宅ローン借り換えセンターの評判は?

関連記事

no image

バンパイアの正体は仮死状態で埋葬された人

昼間は棚の中で眠っていて、日が落ちると人間の生き血を求めて動きだす。外見は人間と同じだが、影はなく、

記事を読む

no image

日焼けのコツはサンターンという体の自衛作用

日焼けのコツはサンターンという体の自衛作用。 夏といえば日焼けである。強い日差しに肌を露出している

記事を読む

no image

JR中央線快速は何故2分間隔で運転できる?

西東京の住宅地と都心を結び、毎日の通勤を支えているJR中央線快速。利用者が多いために本数が必要で、特

記事を読む

no image

ウズシオタローというハイセイコー以上の名馬がいた

名馬といえば、古くはトキノミノル、セントライト、シンザン。そうそう、怪物ハイセイコーも忘れてはいけな

記事を読む

no image

野菜ジュースを自動販売機であまり見かけない理由

最近は健康ブームのやミネラルウォーターが買える自動販売機も増えているが、お茶やジュース、スポーツドリ

記事を読む

no image

色がもつ不思議な力を紹介-赤色の力

皆さんは、普段生活をしていて、色について意識されることはありますか?色がもつ不思議な力があることを感

記事を読む

no image

ストリートミュージシャンの収入って?何で路上で歌ってるの?

都心で一杯やって、郊外の自宅に向かうとき、よく目にするのが駅のそばでギターをかき鳴らし歌を歌っている

記事を読む

no image

一番風呂は体に悪いというのは本当か?

かって家族制度のもとでは、家の中ではお風呂に入る順がきちんと決まっていた。もちろん、一番風呂は家長で

記事を読む

no image

古事記と日本書紀の違いって何?

古事記と日本書紀。共に7世紀に天武天皇の命令によって編纂された書物であることは学校などで習っているで

記事を読む

no image

スーツの袖ボタンにあるステッチがある理由

スーツの両袖ボタンの上に縦にステッチが入っているものがあるけど、このステッチはなんなのか?スーツの両

記事を読む

スポンサーリンク

スポンサーリンク

豚に真珠は聖書の言葉だった
豚に真珠は聖書の言葉だった

「猫に小判」と並べてよく使用される「豚に真珠」という「ことわざ

関東と関西ではなぜ味付けが違う?
関東と関西ではなぜ味付けが違う?

食べ物の味付けは地方によって違う。とくに関東と関西では、一般に

自分の声を録音して聞くと変に聞こえるのは何故?

私達は普段自分で喋っているときの声を何気なく聞いており、それを

美容院でシャンプーするときに仰向けで行う理由
美容院でシャンプーするときに仰向けで行う理由

欧米では、理容院でもあおむけの形式が多いらしい。ちなみに、この

首都高速の料金がタダにならない理由
首都高速の料金がタダにならない理由

そういえば高速道路っていつタダになるんだっけ?と思った人がいる

ブラックホールの正体-光すら逃げだせない
ブラックホールの正体-光すら逃げだせない

光すら逃げだせないブラックホールとはどんなものなのでしょうか。

指の関節がポキポキと鳴る理由
指の関節がポキポキと鳴る理由

手の指を引っ張ったり、折り曲げて押したりすると関節がポキッと鳴

ベートーベンは耳が聞こえないのにどうやって作曲をしたのか?
ベートーベンは耳が聞こえないのにどうやって作曲をしたのか?

知らない人がいないほどの大音楽家べートーベンだが、耳が聴こえな

no image
5kg痩せるダイエットを短期的に成功するには?

あなたは痩せたいけどなかなかうまくいかないかもしれません。たった5キロ

→もっと見る

PAGE TOP ↑