雑学まとめ

当サイトでは、明日すぐに友達に話したくなるような、あらゆる情報を紹介しています。

ファッション

パリジェンヌの着こなしの秘密は自分をよく知ること

投稿日:

着こなしの達人になりたかったら、いちばんの早道は自分を知ることだろう。どんな顔をもち、それはどんな形の頭にくっついているのか?胴の長さと足の長さのバランスは?手の長さや肩幅、バストの大きさや位置、ヒップの形、脚のラインと太さ、足のかたちと指のつきかたは?パリジェンヌからおしゃれの極意をひとつ盗むとしたら、自分を知る術ということになるかもしれない。

初めて会ったプティックの販売員の何十倍も、立っている姿だけではなく、歩いている姿、椅子に腰かけている姿、彼に愛情あるまなざしを向けている姿、仕事で講々と議論をしている姿、タバコをゆらせている姿など、外見のみならず動作についでもつね日ごろ研究しているから、パリジェンヌはみんな女優のようにふるまっている。

パリジェンヌの着こなしは王侯貴族がつくりあげできた約欄たる文化と、さまざまな土地から集まった種々雑多な庶民が長い年月をかけて醸成しできたものの融合の結果のような気がする。街、オケージョン、時間、誰と会うか。そんなことをいつも考えていると、おしゃれの指数が上がる。そしてつねに自分流の着こなしを探しつづけているのがパリだ。

よく鏡に自分の姿を映す

外出先でも、よく鏡に自分の姿を映す。レストランの壁にしつらえてある鏡や、鏡がなくでもウインドウをしょっちゆうのぞきこんで、自分がどんな人間なのかを徹底的に研究しているのである。そして、自分のことは誰よりも自分が知っている、という自負をもっている。入浴の前や後に裸の姿を徹底的に観察する。パリジェンヌはとにもかくにも鏡をよく見る。

自分の姿形とライフスタイル、それに思考を理解していれば、おのずと似合うコンセプト、色やデザインの幅がせばまってくる。だからパリジェンヌの着こなしはともすると保守的。ときどき考えすぎてノイローゼになる。だからパリっ子は世界でいちばん多く精神安定剤を消費するのだ。

内面まで入りこんで、自分は誰で、どんな人間で、何が好きで、何が嫌いで、どのような人生を送りたいと考えているか、といったような問いを日常的に自分に投げかけるくせができているパリジェンヌは、いつも考えている。

-ファッション

執筆者:

関連記事

no image

チャールズ・リンドバーグが大西洋を横断飛行したころ

それは、一九二七年ーチャールズ・リンドバーグが大西洋を横断飛行し、初の家庭向けテレビ放映が行われた年ー九月半ばの、フランスはニースでの出来事だった。今ではモダン・ダンスの祖とも呼ばれる五歳のアメリカ人 …

no image

ファッションの理想像と現実の体型の対立

一九九五年のサイコロジー・トウデイの研究では、ファッション誌のモデルをわずか三分眺めただけで、被験者の七〇%が罪悪感と差恥心を抱いて落ち込んだという結果が出たという。ファッションが一因とされる社会問題 …

no image

ホームパーティーでもおしゃれに決める

お酒は大好きです。でも、子どもがいるので、そうそう飲みにはいけません、というある主婦。その代わりに、我が家ではホームパーティーを、月に一回以上は開きますという。やはり、どんなときでもエレガントさは忘れ …

no image

モデルのビキニ姿を見て退屈といった表情で頭を後ろに反らせる

ファッション・ヴィクティムがスキニーな女の子たちを噛笑するのは、彼女たちを少しばかり瞬めてやるためでもあり、自分の憂さを晴らすためでもある。疲せた理想像から、腹せたモデル個人へと変わった時に、タイナン …

no image

流行を知らないことは人にとってどうなのか?

スペインののどかな島、マヨルカ。テレビも電話も、ファクスもEメールもなし。普通の郵便さえないのだ。小さな漁村のセス・サリナスでは、今なお外界と全く接触せずに暮らすことができる。タ日がみ始めると、グアジ …