雑学まとめ

当サイトでは、明日すぐに友達に話したくなるような、あらゆる情報を紹介しています。

ペット

パリア犬はインドやその他の中東全域で古代文明時代に知られていた

投稿日:

組織された集団で小動物の狩りをおこない、アンテロープやガゼルを獲物とする場合、子どもや弱ったものを選び出し、統制のとれた狩りをおこなうのがふつうである。しかし、野生犬は人間と長く関わり合ってきた。群れの多くは狩りをしなくなり、町の住人たちの残り物をあさる生活に完全に切り替わってしまった。こうした犬たちは一般にパリア(野良犬)と呼ばれている。

こうしたパリア犬は、インドやエジプトその他の中東全域で、とくに古代文明時代に知られていた。聖書の時代にはパレスチナにも生息し、さまざまな教典にもその記録がある。この名前は特定の種や属を表すものではなく、町の人間たちの出す残飯やくずに頼って生きる犬の総称である。すべてのイヌ科動物に共通する特徴をいくつか考察してみるのも意味があるだろう。

肉体的な共通点

肉体的な共通点として、イス科の動物は胸部は犬きく腰回りはくびれており、速く走るのにきわめて適している。いずれも匂いを識別する能力が非常に高く、聴覚も発達している。行動的にも、すべてのイス族は似通った伝達手段を使う。彼らの頭脳について、動物学者のフレデリック・ッァイナーは、イヌ科の知能は犬型のネコ科動物を含むほかの食肉動物にくらべ、ずっと高いと結論を下している。

みな共通して骨や余った食べ物を穴に埋め、必要に応じてそのたくわえを掘り出す。そして、どのイヌ科動物も、腐ったものやくさい匂いのする汚物の上をころがり回るのが好きである。みな共通して遠吠えをおこない、ワンワン映えることは野生の仲間ではめったにないが、すべてその能力はそなえていて、家犬と一緒に育てられた場合は学習して映えるようになる。怒り、恐れ、喜び、支配、服従などを、同じような動作や顔の表情で表す。この奇妙な行動は、匂いに対する彼らの嗜好にもとづいており、間の精楽に対する嗜好に相当すると考える専門家もいる。これには別になんの目的もなく、たんに楽しいだけの行為のようだ。

-ペット

執筆者:

関連記事

no image

犬は主人のボディランゲージのシグナルを認識する

犬は人間が無意識に発している信号を受けとめている。人間が怒っていると、その怒りが犬に向けられたものでなくても、あるいは人間が感情を表に出すまいとしていても、犬はまるで自分がなにか悪いことをしたかのよう …

no image

犬の健康管理は季節によって異なります

犬の健康管理は、季節によって異なります。それぞれのシーズンの特徴に合ったケアを行い、快適にすごせるよう心がけましょう。感染症の予防は、狂犬病は年1回の予防接種、フィラリア症は毎年5〜11月まで月1回の …

no image

犬の言葉を理解できる能力はどのくらい?

犬の言語能力が、犬に到達可能なレベルの限界に近いのかどうか、わからない。知る限り、犬の言語の受容力と発信力について、徹底した研究の試みはなされていない。赤ん坊の場合も犬の場合も、発信された言語はほとん …

no image

ハムスターを慣らすには?

・慣らすときの注意点 なによりも落下事故に注意して、ドワハムをあまり高く持ち上げないように気をつけます。最初はちょっと緊張していますが、やがて手の上でくんくん匂いを嗅ぎ出すはず。両手でドワハムをすくう …

no image

ペットがマンションで飼える時代になった

昔は、犬小屋は廃材などを使い、日曜大工でつくるのが普通でした。映画ハチ公物語の一シーンにもあったように、餌は人間の残飯で十分でした。猫の場合もほぼ同様でした。しかし、いまや犬、猫がまさに人間並みの文化 …