雑学まとめ

当サイトでは、明日すぐに友達に話したくなるような、あらゆる情報を紹介しています。

ペット

パリア犬はインドやその他の中東全域で古代文明時代に知られていた

投稿日:

組織された集団で小動物の狩りをおこない、アンテロープやガゼルを獲物とする場合、子どもや弱ったものを選び出し、統制のとれた狩りをおこなうのがふつうである。しかし、野生犬は人間と長く関わり合ってきた。群れの多くは狩りをしなくなり、町の住人たちの残り物をあさる生活に完全に切り替わってしまった。こうした犬たちは一般にパリア(野良犬)と呼ばれている。

こうしたパリア犬は、インドやエジプトその他の中東全域で、とくに古代文明時代に知られていた。聖書の時代にはパレスチナにも生息し、さまざまな教典にもその記録がある。この名前は特定の種や属を表すものではなく、町の人間たちの出す残飯やくずに頼って生きる犬の総称である。すべてのイヌ科動物に共通する特徴をいくつか考察してみるのも意味があるだろう。

肉体的な共通点

肉体的な共通点として、イス科の動物は胸部は犬きく腰回りはくびれており、速く走るのにきわめて適している。いずれも匂いを識別する能力が非常に高く、聴覚も発達している。行動的にも、すべてのイス族は似通った伝達手段を使う。彼らの頭脳について、動物学者のフレデリック・ッァイナーは、イヌ科の知能は犬型のネコ科動物を含むほかの食肉動物にくらべ、ずっと高いと結論を下している。

みな共通して骨や余った食べ物を穴に埋め、必要に応じてそのたくわえを掘り出す。そして、どのイヌ科動物も、腐ったものやくさい匂いのする汚物の上をころがり回るのが好きである。みな共通して遠吠えをおこない、ワンワン映えることは野生の仲間ではめったにないが、すべてその能力はそなえていて、家犬と一緒に育てられた場合は学習して映えるようになる。怒り、恐れ、喜び、支配、服従などを、同じような動作や顔の表情で表す。この奇妙な行動は、匂いに対する彼らの嗜好にもとづいており、間の精楽に対する嗜好に相当すると考える専門家もいる。これには別になんの目的もなく、たんに楽しいだけの行為のようだ。

-ペット

執筆者:

関連記事

no image

犬の威嚇やポーズの持つ意味

進化論をとる生物学者は、オオカミの白い毛は、尾による合図をさらに明確化するためだとも考えている。オオカミの中には尾の先が黒くなっているものもいる。これは、尾の位置と動きが見えやすくなる機能をはたしてい …

no image

服従・作業において平均的な犬などの能力

・作業・服従知能において平均的な犬 これらの犬は一回の号令で五〇%は反応するが、実際の作業内容と確実度は訓練のあいだの練習とくり返しの量に左右される。最初の学習のときから追加練習をおこなえば、確実に効 …

no image

ミニチュアプードルのブリーダーが語ったテクニック

ある人が犬の訓練法を習い始めた頃、エマが指導にあたった。彼女はエイプリルという名の素晴らしいミニチュア・プードルを持っていた。エマはいくつかそのテクニックを教えてから、エイプリルを使って集中力の実例を …

no image

デカルトが掲げた哲学命題

デカルトは明らかに日常生活の中では、犬に意識を想定している。便宜からばかりではなく、おそらくそうせざるをえなかったのであろう。記録によれば、デカルトはムッシュー・グラという名の犬を飼っていた。ひどく甘 …

no image

有用犬の資格を取るために犬に必要とされる訓練

アメリカン・ケンネル・クラブで有用犬の資格を取るために犬に必要とされる訓練のひとつを、例に挙げてみよう。何度もくり返されるコミュニケーションの過程は、ゼスチュア・ゲームのようで、ハンドラーは手を変え品 …