雑学まとめ

当サイトでは、明日すぐに友達に話したくなるような、あらゆる情報を紹介しています。

ファッション

パリのティーンのファッションの輝き

投稿日:

まったく飾りけの消えうせたパリのティーンエージャーたちは、間違いなく輝いている。そもそもコンサバな着こなしで育った彼女たちにとって、ドレスにあまり違和感はない。飾りけのない、ちょっとやほったいいいる彼女たちは、逆に若さがきわだっていブランド品のバッグをこれ見よがしにぶらさげて、髪の色を変え、ゴテゴテ厚塗り化粧をしているティーンエージャーをパリの街では一度も見たことがない。

ラバーソウルであっても、粗悪な革が使われている安物でも、革靴がパリジェンヌの基本。ここに彼女たちがのちに、その母親たちのようにエレガントなマダムになれる要素がちゃんと残っているような気がする。早足で歩こうとすれば細いローファー系のフラットシューズを愛用。それでもアメリカ娘のようにつねにナイキやリーボック、あるいはデッキシューズ一辺倒ですごすのとも違う。パーカのフードをかぶり、なければ上着の襟を立て、額にはりつく髪をかきあげ、胸をはってさっそうと歩道を歩く。

パリジェンヌはふだんは母親に干渉されることを極端にきらうくせに、親兄弟、それに親戚との集まりにはまじめに参加する向きがある。これも個人主義でありながら、家族とのきずなを大切にする農業国フランスの伝統が見え隠れする。昔取った杵柄とばかりにドレスも何枚かワードローブの中にひそませているに違いない。それも普段着に近いシンプルなものと、両親や親戚との集まりなどフォーマルな場面で着る、ウールやシルクのものと二種類。

上位にランクされる住みよい街

女性にとってパリは世界でも相当上位にランクされる住みよい街と言うことができる。つねに公にも私的にも女性を立てるようパパのふるまいを見て育ったパリジャン。彼らは微に入り細にわたり、妻、ガールフレンドそして同僚にも気をつかう。

結局、女が男を必要としているのは、一夜を過ごすためーシモーヌ・ド・ボーヴォワール。ボーヴォワールのようなフェミニストがあらわれたって、パリの男性諸氏は幼稚園のころからしこまれたレディーファーストをつらぬかなければならぬ辛苦をなめさせられる。

-ファッション

執筆者:

関連記事

no image

ブランドを身につける心得-分不相応な着こなし

・ブランドを身につける心得 ブルジョワの子どもたちは、生まれるとボン・ポワン(マドレーヌにある高級ベビ服店)のベビー服にくるまり、オールド・イングランドなどの子ども服を着せられ、やがて成人するころから …

no image

服の引火で火傷を負う

プレーンな表面の生地なら炎が四秒未満で広がった場合、起毛した生地なら七秒未満で広がった場合が不合格。この実験が五回繰り返され、少なくとも二回不合格であれば、その生地はアメリカでの販売に不適とされる。し …

no image

ファッションテレビショッピングが初めて現れたのは

ファッション・ショーやデザイナーを弱き見的にとらえる番組もあれば、もっとDIY的な要素の濃い番組もある。ニューヨーク・ファッション・ウィークを二四時間中継するメトロ・チャンネルのフル・フロンタル・ファ …

no image

服自体がひとつの生き方であり集団が共有する姿勢の表現だった

主だった社会的集団のほとんどに関して、同じような現象が起こっている。六〇年代、ヒッピーでいるということは、ただべルボトムやペザント風のトップスを身に付けているだけのことではなかったし、ビートニク、すな …

no image

毛羽立つ素材は炎の広がる表面積が大きい

「けば立った生地は炎の広がる表面積が大きい」。ネブラスカ大学でテキスタイル検査の仕事を行う研究所の所長を務めるキャロル・イーズリーが説明する。たとえば、木々の密生した森林で火事が起こると広がるのが早い …