雑学まとめ

当サイトでは、明日すぐに友達に話したくなるような、あらゆる情報を紹介しています。

ファッション

パリのルイ・ヴィトンで見た健康的でセクシーな60代女性

投稿日:

パリジェンヌはいくつになっても自然にセクシーさを演出している。パリのルイ・ヴィトンのショップを訪ねた折、明らかに六〇代の女性が接客してくれたことがあった。しかし、彼女の健康的なセクシーさには正直言って驚き、感心した。ここでも黒いクラシックなテーラードジャケットが制服として採用されている。手首にはたくさんのプレスレットがジャラジャラ。私、硬い制服を着ているけれど、女なのよ、と主張しているようだった。制服ジャケットの下にレースのキャミソールかスリップが適度に見え隠れし、コケティッシュなセクシーさをかもしだしていたのだ。

素材のよさがわかるものをセレクトすれば、ちょっとしたパーティーの場でも軽く肩にかけて使えるので、カーディガンのかわりにもなる。背の高くない女性なら、ヒップがぎりぎり隠れる程度の丈にとどめておくのが賢明。長すぎると身長が低く見えてしまう。マオカラーのジャケットは、意外に重宝する。ただし、これも丈とラインが重要だ。

重量すべてが肩パッドにかかってくる

ジャケットはその重量すべてが肩パッドにかかってくるので、肩パッドの出来が悪いと、シーズン着ただけで表地からでも肩パッドのかたちが見えるようになってくる。これではせっかくのジャケットも、古めかしく見えてしまう。
ジャケット選びで最後にチェックしてもらいたいのが、肩バッド。もちろん鏡の前に立ってみて、すてきなシルエットなら申し分ないわけだが、肩パッドを外からさわって感触を確かめることもお忘れなく。

粗悪な肩パッドは、年月とともに外に向かって開いてくるので、表地からでも肩パッドのかたちが見えるようになってくる。イタリアの手なれた職人が作ったジャケットの肩パッドは、初めは少し外に開いているが、人が着ているうちにそれぞれの肩のラインにそって内側に向いてくる。つまり、着れば着るほど持ち主になじんでくるという寸法。重量すべてが肩パッドにかかってくるということを、よく頭に入れておこう。

-ファッション

執筆者:

関連記事

no image

デザイナーには悪口を極めるつもりなのか

デザイナーには、悪評を極めるつもりなのか、真面目なファッション・ブランドを作る気なのか、はっきりしてもらわないとね。一週間で八〇ものショーを見るだけでも相当きついのに、あとですべてのショールームに行く …

no image

クイックレスポンスに拍車がかかってきたファッション業界

デザイナーにメーカー、小売業者、果ては消費者までもが速いペースを保つよう強いられてきた。インデイアナ大学でアパレル・マーチャンダイジングの教鞭を執るデボラ・クリスチャンセン博士が語る。ドナテッラ・ヴュ …

no image

スリムな体型へ-秘密兵器的ファッションの裏ワザ

・スリムな体型への秘密兵器 少しゆとりのあるシルエットのほうが賢明でしょう。でも、たいていの場合、無意識のうちにタイトな服を選んでしまうのです。やや太り気味の人が注意すべきは、細身の服を着ないことです …

no image

替え上着の賢い着こなし術

・賢い替上着の着こなし方 替上着を何着持っていますか?たとえばツイードなどのスポーツ・ジャケットのことですね。私の場合、本当に愛着があるのは一着か二着くらいです。でも、それで充分だと思います。正しくは …

no image

女性は若さが魅力だとは限らない

・若さ=魅力、ではない 知り合いの四十代の女性が、ダイエットに成功し、スリムな体型を手に入れました。それで勢いがついて、今度は美容整形に挑戦。変身後は、たしかに五~十歳は若返ったと思います。リフトアッ …