雑学まとめ

当サイトでは、明日すぐに友達に話したくなるような、あらゆる情報を紹介しています。

ファッション

パリで印象を受けたオートクチュールデザイナー

投稿日:

若いパリジェンヌはコレットなどでデザイナーズコレクションを探すかもしれないが、落ちついたマダムは、やはりランヴァンやバルマンといった伝統あるオートクチユールブランドがつくるプレタポルテに信頼感をもっている。

ある専門家が鮮烈な印象を受けたマダムをご紹介しよう。有名な香水に名を冠しているマダム、エレーヌ・ロシャスは、一九四〇年代に活躍したオートクチュールデザイナー、マルセル・ロシャスの夫人でありミューズだった。

お目にかかったのは、すでに彼女が七〇代になっていたころのこと。なにもゴテゴテ飾らなくとも、存在感のあるマダムにはその晩誰よりもスポットが当たっていた。これぞパリジェンヌのお手本。カシミヤの同じくブラックのコートを軽くはおり、黒いプレーンパンプスをはいて、入り口に早足で向かう彼女に、ボンソワール、マダムと発するのがせいいつばいだった。

レストランでレセプションが催された

パリのシテ島にあるオランジェリというレストランでレセプションが催された、入り口近くにつったっていた僕の前で黒い車から降り、ハイゲージの体にびったり沿うブラックのニットドレスに、同色の床までつきそうなショールを肩にかけていた。

カクテルとはコックテール、つまり鶏のしっぽのこと。鶏のしっぽは色が混ざっている。そこでお酒をストレートではなく、混ぜて飲む飲み物という意味に転じた。カクテルドレスの由来をご存じだろうか?いつの間にか、ドレスそのものもカクテルドレスといわれるようになったらしい。往時の男性は、このカクテルを飲みに行く際に美しい女性を同伴させていた。そこで自分のパートナーを自慢するために、彼女に美しいドレスを着せ、つれて歩くわけだ。

また、レザーウエアを購入するとき注意すべきことは、それなりの金額のものをはりこんでいただきたい。値ごろ感のあるカジュアルなレザーウエアにはつい手が出そうになるが、結局短期間に燃えないゴミとなってしまい、高くつくことが少なくないので、そこはぐっとこらえておこう。

-ファッション

執筆者:

関連記事

no image

アカデミー賞授賞式の会場をねらえ

一九九六年度授賞式前に誤ってヴァレンティノのドレスを引き裂いてしまい、とっさに自前の服、GAPの黒のモック・タートルネックにヴアレンティノのロング・スカート、アルマーニのベルベット・コートで間に合わせ …

no image

パリではランジェリーは今でもさまざまな役割をになっている

ランジェリーは今でもさまざまな役割をになっている。まずは女性の体を美しく見せるための補整効果。そしてつけている女性自身が心地よくすごせるための機能。そして最後は他人に見せるためのデザイン。 見せるとい …

no image

ミンクを逃がし、不法侵入と損壊

きっとスイート・コーンや黄金に輝く麦がたわわに実るだろうと思われるエパーツ農場。近隣の農家と違って、ここで生産されているのはこうした美味しい作物ではなかった。ゴールデン・エーカーズの一角にあるこの農場 …

no image

ゴールデングローブ賞などの授賞式に付けていくものを選ぶ

各企業とも、トップ・クラスのセレブに真っ先に自分たちの服を見てもらおうと必死である。プラダを含むファッション企業二四社がビヴァリー・ヒルズの超シックなホテル、レルミタージュのスイートルームを押さえよう …

no image

昔のファッションの形

土着の部族民が一五センチもの象牙の破片を鼻に通しているのを見て、西洋人はことさら驚いて見せる。でも、私たちの文化だって十分へンな慣習ばかりなのでは?不快というのは押しなべて相対的なものであり、私たちが …