雑学まとめ

当サイトでは、明日すぐに友達に話したくなるような、あらゆる情報を紹介しています。

ファッション

パリのマダムの着こなしは実にセクシー

投稿日:

・ス力ートこそバランス重視

スカート選びのポイントは、まずはくべき靴をはいて鏡の前に立ち、理想的なプロポーションに見える丈を決めるべきなのだ。日本では、パンツは五ミリ単位で丈を決めるくせに、スカートの丈に関してはまあいいかと妥協する人が多い。しかし、これは大間違い。パンツ同様に、五ミリ単位で丈のお直しをしなくてはならない。

一般に若いパリジンヌほどスカートよりパンツをはく姿が多く見られるようになった。それは彼女たちの九割がなんらかの仕事をもっている、というライスフタイルとも無縁ではない。タイトスカート、ロングスカート、フレアスカート、ミニスカート、ラップタイプなど、じつにバリエーションの多いアイテム。ところが、不思議なことに五〇代のマダムがひざ上丈のミニスカートを堂々と着こなしている。実際、歳をとるっていいなと同性に思わせるマダムが、わんさか歩道のみならず車道も闊歩している。

歳とともに増大するセクシーさは学ぶべき

日本で五〇代の女性がこんな格好をしていたらいい歳をしてなんて言われかねないが、パリのマダムたちの歳とともに増大するセクシーさは学ぶべきものがある。ひざ下丈のスカートは、身長とのバランスを考えて買うことが最大のポイントだ。バランスの悪いスカートは、胴長に見せてしまったり、やほったくしてしまうからである。パリでは、歳と反比例してスカートの丈が短くなる、つまり、素足にミュールでミニスカートを堂々とはきこなしている。

商品そのものの見た目の美しさとは裏腹に、貴女を美しく見せないスカートは絶対に買わないこと。スカートは、体のラインを大きく見せたり、逆に細く見せたりすることができる便利なアイテムだが、微妙なウエスト位置で腰が太って見えることもあるので要注意である。もともと足の美しさとプロポーションのよさでは世界に名をはせているパリジェンヌのこと、ディナーのときには女性らしさを競い合うためにスカートは欠かせないアイテムとなる。

-ファッション

執筆者:

関連記事

no image

手洗いかドライクリーニングかと書かれていたとしたら

一ドルのトップスにこのラベルが付いていたら、誰も買う気はしないだろうが、三ドルの服に付いていた場合、話は全く違ってくる。とかく、消費者は、高価な服に関してはドライ・クリーニングを指示するタグしか信じな …

no image

パリのファッションといえば黒というのは誤解

・色づかいは風景を考えて パリのよそおいといえば、黒と思っている日本人が少なくないだろう。ヴィクトワール広場からエチエンヌマルセル通り、またはマレー地区(どちらもデザイナークローズの店が軒をつらねる) …

no image

パリの色使い-住んでいる環境と服装は密接に関係

ベージュのセーターには、こげ茶の靴やバッグとゴールド系のジュエリー。グレーのジャケットやスーツには、黒の靴とバッグ、シルバーのジュエリーという具合。あたりまえすぎてつまらないかもしれないが、これぞ究極 …

no image

パークが病気を引き起こすと言い切れるだけの研究結果は出ていないが

パークが病気を引き起こすと言い切れるだけの研究結果はまだ出ていない。研究者としては「科学者たちにはまだわかっていません」といった気の抜けたような声明しか出せない。なぜそのように不確実なのだろうか? 不 …

no image

スターがパーティから帰宅したのは深夜のことだった

捜査班は、その夜の出来事をつなぎ合わせていた。どうも、戸棚の中から何かを取り出そうとしてコンロの上に手を伸ばした際に、電気バーナーをかすったシャツの裾に火が点いてしまったらしい。部屋中に残された証拠か …