雑学まとめ

当サイトでは、明日すぐに友達に話したくなるような、あらゆる情報を紹介しています。

ファッション

パリのファッションといえば黒というのは誤解

投稿日:

・色づかいは風景を考えて

パリのよそおいといえば、黒と思っている日本人が少なくないだろう。ヴィクトワール広場からエチエンヌマルセル通り、またはマレー地区(どちらもデザイナークローズの店が軒をつらねる)を歩くと、まず目に飛びこんでくるのが黒。その昔、シャンソン歌手のダリダやグレコが真っ黒なドレスでステージに登場し、それがテレビや雑誌のグラビアを通じて日本に伝わると、黒がシックなパリの着こなし、と誤認されたような時代があった。

しかし、一般のパリジェンヌたちが黒いジャケットやスーツを着るときは、インナーにエンジやブルーのブラウスを合わせたり、黒以外のスカーフを合わせたりと、上から下まで真っ黒け、はむしろ少数派なのだ。男性も女性もカラスの行列だ。たしかに黒だけを着ていればコーディネートも楽で、バッグや靴といったアクセサリーだって黒、黒、黒、で苦労はない。しかし、これはごく一部の業界人にかぎったことで、一般のパリジェンヌは、若いときは紺やグレー、そしてマダムになるとベージュや茶系がお好み。

パリの街はモノトーン。街灯の色はすべて薄いオレンジ。建物の外壁、カフェの椅子はサンドカラー、エッフェル塔は赤みがかったこげ茶。そのほかにコーヒー、チョコレート、秋から冬の街路樹、パン、焼き栗、パリを代表するものはじつに茶系が多い。パリは茶色の街だ。

黒はカッコいいと思いはじめたのは

流行に敏感なパリっ子が黒はカッコいい、と思いはじめたのは、八〇年代にコム・デ・ギャルソンや山本躍司のY.sがフィーバーしたからで、つまり日本人デザイナーの影響が大きい(浮世絵、寿司、柔道、禅の精神につづく日本文化の影響か?)。広告代理店を経営しているある人が、本当はジョージ・ヤマモトの黒いスーツで会社にも行きたいんだけど、クライアントの手前、黒を着ることはできないんだとこぼすのを聞いて仰天した記憶がある。

なんでまた、パリの広告代理店で黒いスーツがダメなんだい?そう尋ねると、クライアントはファッション業界の人間ばかりじゃない。今でもフランスでは、黒いスーツは喪のイメージがあるんだよ、という。

-ファッション

執筆者:

関連記事

no image

フランスのグランゼコール-社会階層が存在するエリート達

貴族を打ち倒し世界で最初に市民革命を実現し、社会主義的思想の強いフランス共和国に、今どき社会階層が存在するなんてにわかに信じられないかもしれないが、ちゃんと存在する。 エリートはグランゼコール出身者で …

no image

パリジェンヌのヘアスタイルはひと工夫で差がつく

・ひと工夫で差がつくヘアスタイル 生まれつきカーリーヘアが多いパリジェンヌのこと、紺や黒のまじめなスーツに、ソバージュ(ぼさぼさのヘアスタイル)でさっとあらわれたパリジェンヌは、アマゾネスのような野性 …

no image

ホルムアルデヒドが健康に及ぼす影響で切実なのは

ホルムアルデヒドが健康に及ぼす影響でもっと切実なのは、刺激物になり得ることですね。敏感な人の場合、肌接触や吸入などで、アレルギー反応を示す可能性があるわけです。仮に、買った商品から消費者が被曝するとし …

no image

マーケティング力の持つ意味-必ずしも最高の製品が勝つとは限らない

ファッションは一種の集団行動だと、広告、流行、消費者文化の著者であるアーサー・エイサ・バーガーが言う。人々がある種のブランド商品を買う時、その商品は、その人が自分をどう考えているかや、広告が作り出す幻 …

no image

シックなスタイルは瞬く間に人気となり

悲しいことに、トレンドにも終わりがある。単に寿命がつきたというだけのことだが、年とともに滑稽で誇張された感じになっていく傾向が急激な衰えに拍車をかける部分もある。大社会学者のゲオルグ・ジンメルがかって …