雑学まとめ

当サイトでは、明日すぐに友達に話したくなるような、あらゆる情報を紹介しています。

政治

パレスチナ国家の領土を最大限に拡大するため

投稿日:

治安維持が充分かどうかは、イスラエルと米国政府によって判断される。イスラエルは二〇〇一年三月以降に建設された入植前哨地を速やかに解体。回復されるべき現状は、パレスチナ人を何百もの地区に閉じこめ、周囲はアメリカが支援するイスラエル占領軍によって建設された入植地と基幹施設が囲む。これは極右を除きイスラエルの全ての人が同意することであり、イスラエルはいずれの日にか、特に明言されていない全ての入植活動(入植の自然増加を含め)を凍結する。

後に、潮くパレスチナ国家の領土を最大限に拡大するため、以前の取り決めが行され、入植地における更なる活動もそこに含まれることになる。凍結の時がくるとすれば、バンツースタン方式の取り決めが、恐らくは確立するのだろうといわれていた。これはアメリカーイスラエルの和平プロセスを背景として一九九〇年代を通じて実施され、ロードマップのもとで継続されたものだ。

国家ビジョンがどのようなものであれ

ブッシュの国家ビジョンがどのようなものであれ、それは明らかに、ほぼ全世界が支持した二国家ビジョンではない。提出された案の中でまともだったものは、予定表には含まれていない。更なる活動が何であるかは明言されていない。あるいはアラブ連盟によって批准され、米国民の大半が支持したサウジ案でもなければ、アガとマリーによって検討され、その概要が今では大筋においてとっくに理弾されている解決策でもない。
アメリカは一九七〇年代半ばからそれを阻止してきた。

全てに関する記録は豊富にあるが、目覚しい変化を期待できる見込みはない。その上、パレスチナ人に対してはロードマップの条件が直に(暴力的手段で)強制されるが、アメリカの資金援助を受けたイスラエルの入植と開発の計画に対しては、条件は強制されない。政治的ロードマップはイスラエルの責任に関しては曖昧なままだが、その他の要求ではかなり具体的だ。この計画はイスラエルの主要新聞から新しい理論であり、アメリカはそれに基づいて公然とイスラエルに介入し、新自由主義的な秩序を押し付けると評された。

-政治

執筆者:

関連記事

no image

ソ連の脅威が常に語られグアテマラがソ連圏に武器を依頼すると

ソ連の脅威が常に語られ、グアテマラがソ連圏に武器を依頼すると、それに一層拍車がかかった。これはアメリカが攻撃を匂わせ、他国からの武器の供給も阻止した結果だった。一〇年にわたる希望と前進の幕間を、米国政 …

no image

アメリカの指導者たちはブラックボックスへの出入りは理解できても

ソ連はしばしば、アメリカが真に何を望んでいるのかを誤解した。ソ連はしばしば拡張主義的で、現状維持勢力ではなく革命勢力だ、と非難された。アメリカが国際政治での全体的枠組みの構築といった、不明確な環境目標 …

no image

ハイチの独立は文明人に衝撃を与えた

一八〇四年にフランス支配からのハイチの独立は文明人に衝撃を与えた。彼らは解放のウイルスが自由な人間による最初の自由な国から広まるのを恐れた。率先してこの不届きな国を孤立させることにした。アメリカではそ …

no image

正義の戦争理論の最も基本的な原則である普遍性について

正義の戦争理論の最も基本的な原則である普遍性について考えよう。この基準をクリアできると、幾つかの明白な問題が生じる。とりわけ、テロの犯人が特定されていながら全く罰を受けず、最も権威ある国際機関を不遜に …

no image

エスニシティは不可避的に戦争につながる不変の事実というわけではない

旧ユーゴスラヴィアは2極構造の世界で独立を維持すべく団結していたが、チトー大統領の死と冷戦の終焉で、政府がエスニック紛争を調停する能力は弱体化した。コンストラクテイヴィスト[構成主義者}によれば、エス …