雑学まとめ

当サイトでは、明日すぐに友達に話したくなるような、あらゆる情報を紹介しています。

政治

パレスチナ問題-地図ロードマップがどこに適用されるか

投稿日:

現場での既成事実はロードマップがどこに適用されるかを、またパレスチナ国家として知られる存在がどこに建設されるのかを決定しており、今後も決定し続けるだろうと、イスラエルのジャーナリスト、アミーラ・ハスは述べる。
今や政治勢力全体が急進的なナショナリズムへと大きく傾いていることに気づき、当時はむこう見ずだと思われたことも、一大割譲劇として描けるかもしれないと見たのだろう。分離壁の設計は、シャロンがパレスチナ国家に割譲する予定だと述べた西岸の四二%(あるいはそれ以下)を切り離し、取り囲むことを目的としていたのかもしれない。

もしそうであれば、シャロンは一九九二年に彼が提案したような計画を考えているのかもしれない。エルサレムとその周辺のべツレへムからラマッラまで、あるいは死海からモデイインまでの大規模な建設工事は、既に東エルサレムの一帯でパレスチナの都市と産業及び文化がまともな発展を遂げる可能性をことごとく奪っている。公共事業委員会、国防省、建設省、それに国防軍のブルドーザーが忙しく働いている現場を訪問してみれば、アリエル・シャロン首相がパレスチナ国家についてなぜ安易に語れるかが見えてくる。

入植の凍結に関しては

北部の飛び地はジョニンかチプルスまで、アリエル・エリ・シロの巨大な入植地によって中央部から遮断されるだろう入植の凍結に関しては、急進派の閣僚たちを説得してロードマップを受け入れさせた時、ここなら何の制限もなだから子供や孫たちのために建設しうるのだし、それが曾孫の代まで続くことを願っている言葉の上では、ロードマップはオスロ合意よりもパレスチナ人により多くのものを提供するように見える。シャロンはこう説明した。

西岸南部の飛び地は、へブロンからべツレへムまで、次々に建設されるイスラエルの入植地やトンネルやハイウェーによって、中央のラマッラ付近から分断されるだろう。レスチナ国家や占領の終結、あらゆる入植活動の凍結といった言葉が使われ、それらはみなオスロ議定書には見られなかったものだ。

-政治

執筆者:

関連記事

no image

人口統計学の結果は確かとは言えないが一つの指標になる

人口統計学の結果は、確かとは言えないが、一つの指標になる。国連開発計画の推計では、一九九〇年代に男性の死者数は一〇〇〇万人増加した。その六〇年前にスターリンによる粛清の犠牲になった人の数とほぼ同数であ …

no image

パキスタンとインドの争いに火をつけたテロ攻撃

ソ連軍の撤退後、アメリカとその同盟者(その中にアルカイダを始めとするイスラム聖戦士が含まれる)によって徴募され、武装及び訓練されたテロ組織は矛先を他国に向け、一九九三年三月には前代未聞のテロ攻撃でイン …

no image

イラクは東ティモールやコソヴォやアフガニスタンではないと強調

イラクは重要な褒賞だ。他の国々はどうでもいい存在と見なされているという。だからこそ、米国政府が管理しなければならないのであり、国連にも、イラク国民にも任せられないのであるというのだ。イラクは東ティモー …

no image

占領地、植民地に対する条約の適用を承認するものから棄権する立場へ

アメリカのスタンスは年月と共に変わり、占領地に対する条約の適用を承認するものから、クリントン時代には棄権する立場へ、そして最終的にブッシュ二世のもとで条約を骨抜きにする立場へと変化した。義務を拒否し続 …

no image

世界貿易センタービル爆破事件以降、危険が迫っているのが明らかに

一九九三年の世界貿易センタービル爆破事件以降は、危険が迫っているのが明らかになった。もっと入念に計画が練られていれ、この事件は何千人もの死者を出した可能性がある、と貿易センタービルの技術者は報告した。 …