雑学まとめ

当サイトでは、明日すぐに友達に話したくなるような、あらゆる情報を紹介しています。

政治

パレスチナ国家建設を要求した決議に拒否権を行使

投稿日:

一九七六年に、アメリカはイスラエルと並存する形でパレスチナ国家建設を要求した決議に拒否権を行使した。一九七〇年代半ばになり、パレスチナ問題が国際的な議題に上がるにつれ、アメリカとイスラエルの外交面での孤立は一層深まった。一九六七年の国連決議二四二の基本的な文言を取り入れた決議である。以来、今日にいたるまで、ほぼ全世界がその条件で外交解決を図る可能性を、アメリカは拒み続けた。

アメリカが現実にとってきた政策ではないにしろ、その公式政策の原則でもあった。相互に若干の調整を図り国境を定め、一つの国を共存させる解決策である。大多数の国民は、二〇〇二年初めに提案され、アラブ連盟が受け入れたサウジ案を支持している。米国政府のこの立場に、米国民の大半は反対だというのは注目に値する。長年にわたって国際的な総意をアメリカが阻止してきた一例である。

国境まで撤退するのと引き換えに

イスラエルが一九六七年当時の国境まで撤退するのと引き換えに、この地域にイスラエルを正式に迎え、統合させるという案だった。この世論調査がとが何を意味するかを理解している人はまずいなくて、そのことについてはほとんど何も報道されなかった。大多数の人々は、交渉による解決を図った上で、アメリカはイスラエルとパレスチナに対して平等に援助すべきだとも考え、交渉を拒否した方への援助は打ち切るべきだと述べた。

本格的な文案は練られなかったが、一九九一年の政府の立場は、一九八九年一二月に発表されたものよりも積極姿勢を示すはずだった。第一次湾岸戦争の後、米国政府は自分たちにとり望ましい解決策を押し付ける立場になれたと感じた。イスラエル連立政権(シャミールーペレス)の計画を無条件に支持するもので、これ以上のパレスチナ国家(彼らの考えでは、ヨルダンが既にパレスチナ国家だった)を作るわけにはいかず、占領地の運命は、イスラエル政府の基本的指針に沿って決まると明記していた。

-政治

執筆者:

関連記事

no image

トルコ、イスラエルの同盟は中東ではときおり悪の枢軸と呼ばれる

トルコーイスラエルの同盟は、中東ではときおり悪の枢軸と呼ばれる。そう言われるのはもっともだ。悪はいつでも充分にはびこっているし、この枢軸は少なくとも確実に存在しているからだ。宗主国と同様、イスラエルに …

no image

イスラエルとパレスチナの関係の悪化の食い止め

米国側に加わったのは、イスラエルと太平洋諸島の幾つかの属国及びコスタリカだった。この撤回は、それが本心からのものだとすれば、政治解決を図る可能性をほぼ排除することになる。従来のパターン通り、こうしたこ …

no image

アメリカへの麻薬密輸に使われるのを防ぐことを規定

パナマの場合、侵攻を実現させるために有無を言わさぬ主張がなされた。トマス・ピカリング国連大使が安全保障理事会に説明したところでは、国連憲章の第五一条は他国を防衛して、我々の国益と国民を守るために軍隊を …

no image

アメリカの軍拡がソ連を屈服させた

1980年代のアメリカの軍拡がソ連を屈服させた。これは、ロナルド・レーガン大統領の政策によってソ連の帝国的過剰拡張が白日の下にさらされた、という点である種の真実を含んでいるが相退本的な問題の回答にはな …

no image

1960年7月、キューバは国連に援助を求めた

一九五九年から六〇年にかけての冬に、アメリカに拠点を置亡命キューバ人が、CIAの指揮下で攻撃を実行するケースが著しく増加した。バチスタ独裁政権は一九五九年一月、カストロのゲリラ部隊によって転覆させられ …