雑学まとめ

当サイトでは、明日すぐに友達に話したくなるような、あらゆる情報を紹介しています。

政治

パレスチナ国家建設を要求した決議に拒否権を行使

投稿日:

一九七六年に、アメリカはイスラエルと並存する形でパレスチナ国家建設を要求した決議に拒否権を行使した。一九七〇年代半ばになり、パレスチナ問題が国際的な議題に上がるにつれ、アメリカとイスラエルの外交面での孤立は一層深まった。一九六七年の国連決議二四二の基本的な文言を取り入れた決議である。以来、今日にいたるまで、ほぼ全世界がその条件で外交解決を図る可能性を、アメリカは拒み続けた。

アメリカが現実にとってきた政策ではないにしろ、その公式政策の原則でもあった。相互に若干の調整を図り国境を定め、一つの国を共存させる解決策である。大多数の国民は、二〇〇二年初めに提案され、アラブ連盟が受け入れたサウジ案を支持している。米国政府のこの立場に、米国民の大半は反対だというのは注目に値する。長年にわたって国際的な総意をアメリカが阻止してきた一例である。

国境まで撤退するのと引き換えに

イスラエルが一九六七年当時の国境まで撤退するのと引き換えに、この地域にイスラエルを正式に迎え、統合させるという案だった。この世論調査がとが何を意味するかを理解している人はまずいなくて、そのことについてはほとんど何も報道されなかった。大多数の人々は、交渉による解決を図った上で、アメリカはイスラエルとパレスチナに対して平等に援助すべきだとも考え、交渉を拒否した方への援助は打ち切るべきだと述べた。

本格的な文案は練られなかったが、一九九一年の政府の立場は、一九八九年一二月に発表されたものよりも積極姿勢を示すはずだった。第一次湾岸戦争の後、米国政府は自分たちにとり望ましい解決策を押し付ける立場になれたと感じた。イスラエル連立政権(シャミールーペレス)の計画を無条件に支持するもので、これ以上のパレスチナ国家(彼らの考えでは、ヨルダンが既にパレスチナ国家だった)を作るわけにはいかず、占領地の運命は、イスラエル政府の基本的指針に沿って決まると明記していた。

-政治

執筆者:

関連記事

no image

不適切な機関が国家支援の国際テロに絡む時消去されず賞賛される

不適切な機関が国家支援の国際テロに絡む時は、テロリストの残虐行為が完全に消去されずに、むしろ賞賛されることがある。それがよくわかる例は、エルサルヴァドルにかわって米軍事援助及び訓練の最大受入国になった …

no image

ネグロポンテは対テロ戦争では国連で外交面を監督する役に抜擢

西半球で二番目に貧しい国(ハイチに次ぐ)に転落し、やはり富の一極集中世界記録を樹立しているようなグアテマラと、少しでも差をつけようと競い合っている現実。9・11の残虐行為はハルマゲドンとして糾弾される …

no image

アメリカが世界の富を支配するパーセンテージ

一つの目安として、アメリカが世界の富を支配するパーセンテージがある。かつてはおよそ五〇%だったが、世界経済が三大勢力の中心地、すなわち北米とヨーロッパ及び日本を中心としたアジアからなる三極体制に移行す …

no image

アメリカがイラク攻撃の意図を明らかにした時

二〇〇二年一〇月に、ある事実が、もはや無視できないほど明白になりつつあった。世界各国の懸念は、その後数カ月で更に高まった。この超大国がイラク攻撃の意図を明らかにした。世界各国はサダム・フセインの脅威以 …

no image

ヨーロッパ諸国を実物教育

NATOの空爆目的は、米国政府によって確立された冷戦後の時代の支配体制下に置かれないだろうと期待するヨーロッパ諸国を実物教育することだった。コソボの人々の窮状は懸案事項ではなかった、とべースヴィッチは …