雑学まとめ

当サイトでは、明日すぐに友達に話したくなるような、あらゆる情報を紹介しています。

政治

パレスチナ代表団はハイダル・アブド・アルシャフィに率いられていた

投稿日:

アルシャフィは高潔な人柄で知られた保守派のナショナリストで、パレスチナでも特に人望の厚い人物だった。代表団は、占領地でイスラエルが入植計画を続行させることに同意せず、交渉は行き詰まった。パレスチナ代表団はハイダル・アブド・アルシャフィに率いられていた。米国政府はマドリード会議を招集し、ロシアを参加させることによって国際主義の隠れ薬を提供して貰おうと考えた。だが、会議の席で問題が生じた。

ヤセル・アラファトは占領地内でも、パレスチナ人の国外離散者の間でも、支持者を失いつつあることに気づいていたので、イスラエル側と密かに取引し、パレスチナ代表団の裏をかきオスロ・プロセスへと結びつけた。アメリカとイスラエルもまた彼らの条件をのもうとせず、それを鎮鋼に考慮すらしなかった。一九九〇年代を通じて事態は進行し、イスラエルの入植と占領地の統合は、アメリカの全面的な支援によって着々と進められていった。

公式の和平プロセスに関わることを一切拒否

オスロ合意の文言は、イスラエルの指導部(イツハーク・ラビンとシモン・ペレス)が隠そうともしなかったように、それアブド・アルシャフイは以後、公式の和平プロセスに関わることを一切拒否した。二〇〇〇年に、クリントンの(そしてイスラエルのエフド・バラク首相の)任期最後の年に、入植は一九九二年以来、最大規模に達し、平和な外交的手段で紛争を解決する可能性に更なる打撃を与えた。

一般的な図式は、クリントンとバラクが比類ない寛大さで太っ腹な提案をしたのに、油断のならないパレスチナ人がそれを拒絶し暴力を選んだというもの。第二回キャンプ・デーヴィッド会談とその後ー新植民地主義による恒久的な依存へ貫かれた。こうした主張を確かめる簡単な方法がある。提案された領土上の解決に関する地図を示すのである。アメリカのテレビや新聞雑誌では地図は全く掲載されず、例外は学術雑誌や反体制派の文献だけだ。

-政治

執筆者:

関連記事

no image

アメリカがイラク攻撃の意図を明らかにした時

二〇〇二年一〇月に、ある事実が、もはや無視できないほど明白になりつつあった。世界各国の懸念は、その後数カ月で更に高まった。この超大国がイラク攻撃の意図を明らかにした。世界各国はサダム・フセインの脅威以 …

no image

パレスチナ問題-地図ロードマップがどこに適用されるか

現場での既成事実はロードマップがどこに適用されるかを、またパレスチナ国家として知られる存在がどこに建設されるのかを決定しており、今後も決定し続けるだろうと、イスラエルのジャーナリスト、アミーラ・ハスは …

no image

ソ連の行動を純粋に防御的とも言い切れない問題

冷戦期を通じて、ソ連は決してヒトラーのように好戦的でも無謀でもなかった。にもかかわらず、ソ連の行動を純粋に防御的とも言い切れない問題が、いくつかあった。ペロポネソス戦争でもわかるように、2極化した世界 …

no image

大量破壊兵器の発見に向けた必死の努力が不毛に終わってからも

プロパガンダの効果は戦争終結後も続いた。大量破壊兵器の発見に向けた必死の努力が不毛に終わってからも、国民の三分の一は米軍がそれ発見したと信じており、二〇%以上はイラクが戦争中に大量破壊兵器を使用したと …

no image

ジハードをアフガニスタンはどう考えているのか?

アメリカが敵と見なす人々に対して行うこのジハードと、イスラム・グループが敵と見なす人々に対して行うジハードとの間に、道徳的、政治的、法的な違いを私は見出せないアフガニスタン人はどう考えているのだろうか …