雑学まとめ

当サイトでは、明日すぐに友達に話したくなるような、あらゆる情報を紹介しています。

政治

パキスタンとインドの争いに火をつけたテロ攻撃

投稿日:

ソ連軍の撤退後、アメリカとその同盟者(その中にアルカイダを始めとするイスラム聖戦士が含まれる)によって徴募され、武装及び訓練されたテロ組織は矛先を他国に向け、一九九三年三月には前代未聞のテロ攻撃でインドーパキスタンの争いに火をつけ、戦火の拡大につれて、後にはこの地域をたびたび核戦争の瀬戸際に追いやった。一九八〇年代に、更に悪い事態になる恐れがあった。CIAが支援するアフガン・ゲリラと破壊活動家がソ連領内に侵入し、米ソ間の戦争にはならなくても、ソ連対パキスタシの大戦争が引き起こされる寸前になった。

その一カ月前、関連グループがCIAのマニュアルで教えられた手法に従い、世界貿易センタービルを破壊する一歩手則までいった。世界各地で起こっているその他の結果については改めて見直すまでもあるまい。少なくとも一部の人には同じくよく知られていたのは、政権担当者が長年、サダム・フセインを支持してきた事実である。計画を立てたのは、シェイク・オマル・アブドル・ラーマンの支持者だったことが判明している。ラーマンはCIAからアメリカ入国の便宜を図ってもらい、国内でも保護されていた人物だ。

フセインを支援することで

フセインを支援することで、人権とこの地域の安定及び平和がどれくらい促進されるかといった決まり文句を並べながら、我々にはアメリカの輸出相手を支援する義務があるためだ、と一九九〇年の初めに国務省は説明した。イラン、イラク戦争でのイラン降伏後も、その政策は変わらずに続いた。それはイランに対する強迫観念のせいだとしばしば言われてきた。

一九八九年一〇月、イランとの戦争もとうに終わり、クルド人に対するフセインの毒ガス攻撃から一年以上が過ぎた後、初代ブッシュ大統領は国家安全保障指令を発して、アメリカとイラクの間の正常な関係は、両国にとって長期にわたる国益となり、湾岸地域と中東の双方における安定を促進すると宣言した。

-政治

執筆者:

関連記事

no image

国際司法裁判所の命令をアメリカが拒否

国際司法裁判所の命令をアメリカが拒否したことを受け、ニカラグアは、それでも暴力的な報復や、テロによる脅しに訴えようとはせず、問題を国連安全保障理事会に託した。表向きの任務は破壊することだが、我々略奪者 …

no image

アメリカはテロに対して予防的な立場で応じただけ

第一次対テロ戦争は二〇年前にレーガン政権が宣言したが、その現実はほとんど認識されていない。イェール大学の刊行物へのある寄稿者(チャールズ・ヒル)は、9・11によって第二次対テロ戦争が始まったと述べた。 …

no image

裕福で力のある国が暴力をほとんど独占してきた歴史が通用しない

9・11の残虐行為は、ずっと前からわかっていた事実を衝撃的に思い出させる。テロは当然、どこでも恐れられ、実際に耐え難い野蛮への逆行だが、その本質のとらえ方が武器を向ける側と向けられる側でかなり異なるの …

no image

ヒトラーに立ち向かったチャーチルやルーズベルトを再現していない

福音主義の熱意に由来するブッシュの道徳的正しさは、事実によって証明されているから、とその広報官は語る。ヒトラーに立ち向かったチャーチルやルーズベルトを本当に再現してはいないのかもしれない。むしろ、ブッ …

no image

アメリカ一極支配と見なすものを世界各国が恐れている

世界ではますます多くの人々が、ブッシュ大統領の方がイラクのサダム・フセインよりも世界平和にとって大きな脅威だと考えていた。世界各地のアメリカ大使館からのメッセージは、緊急かつ憂慮すべきものになったと、 …