雑学まとめ

当サイトでは、明日すぐに友達に話したくなるような、あらゆる情報を紹介しています。

ファッション

パーティードレスの黒は派手で喪服の黒は地味

投稿日:

黒やべージュで揃えているけれど、その中に素敵!と目で追うようなコーディネートをしている人は、ほんの一握り。ほとんどはその他大勢の枠から出ていないのが、悲しい現実です。女性ファッション誌を見ると、べージュのグラデーションとか黒でクールにというような、この二色に絞った企画を、よく目にします。

私も、ワードローブのベースカラーは黒ですし、ベージュも大好きな色。でも、周囲を見渡すと、黒かべージュを選べば、それでOKと思っている人が、ちょっと多すぎるような気がしないでもありません、というある専門家。全身黒は、クールてモードな雰囲気に見えそうですが、気をつけないと、ただの地味で暗い感じの人に。一方、ベージュは、やわらかで上品なムードが出る、女性にとっての安心カラー。

この二色は、誰にでも似合いそうで、実は難易度が高い色なんです。この二色のデメリットは、自分ではおしゃれなように思っでも、一足外に出ればフツーになりやすいことだと思います。ベージュにはいろんな種類があるので、ベージュで統一したつもりでも、よほどの達人でないとチグハグなコーディネートになってしまう可能性が高い。

黒には地味な黒と派手な黒があります

喪服に代表される黒はマットで、誰が着でも落ち着いて見えますが、パーティードレスなどに見られる黒は、光沢感があり、華やかでエレガントな印象があります。黒はどれも一緒と甘く見ている人に、この色のコーディネートは攻略できません。黒には地味な黒と、派手な黒があります。黒でまとめたコーディネートをするとき、パーティーでなくでも、どこかに光沢のある黒を入れると、地味になりません。この地味派手の使いわけが、黒の着こなしのキモ。

たとえば、小物のバッグや靴もマットな黒で統一。マットな黒のパンツスーツで通勤するとします。本人はできる女の気分満々かもしれませんが、端から見ると、レストランの女マネージャーの制服と大差がないはず。この場合、靴やバッグを黒のエナメルに変えたり、パンツやスカートを光沢感や透け感のある素材のものに変えるといいでしょう。

-ファッション

執筆者:

関連記事

no image

イージーオーダースーツといえば?

・イージー・オーダーといえば イージー・オーダーといえば、既製服と注文服の中間という印象があります。しかし実際の生産工程はかなり既製服に近い、というよりも既製服の生産ラインに、いかに特別のパターン(型 …

no image

表紙にはクリスチャンディオールの水着を着たカルメン

東方向への信号が青に変わるのを待っていたカルメンは、ダーク・デニムのロー・ライダーとベーシックな黒のタンク・トップというプレーンないでたちながら、光り輝いていた。ミッドタウンで働く人々が、ピザを詰め込 …

no image

地元のお店の服をあなどってはいけない

娘を育てるなら、緑が多く、環境のよい場所がいい。そう考えて、都心から少し離れた場所に引っ越しをして、十年が経ちます。食品はもちろんのこと、衣料品も揃う駅ビル(よく言えば、こじんまりしたデパートとも言え …

no image

セーターと替上着との美しい関係

・替上着とセーターの美しい関係 替上着(スポーツ・ジャケット)にタートルネック・セーターを合わせたことがありますか?これはぜひ一度試みるべきでしょう。替上着、タートルネック・セーター、そしてパンツ。こ …

no image

作品を紹介してもらったデザイナーたち

テレビのことを悪く言うつもりなんかないわよ。おかげで、良くも悪くも、ファッション・ショー体験はより楽しいものになったわ。だって、ファッションのために、ぎりぎりまで可能性を広げるという、驚くべきことをし …