雑学まとめ

当サイトでは、明日すぐに友達に話したくなるような、あらゆる情報を紹介しています。

ファッション

パーティードレスの黒は派手で喪服の黒は地味

投稿日:

黒やべージュで揃えているけれど、その中に素敵!と目で追うようなコーディネートをしている人は、ほんの一握り。ほとんどはその他大勢の枠から出ていないのが、悲しい現実です。女性ファッション誌を見ると、べージュのグラデーションとか黒でクールにというような、この二色に絞った企画を、よく目にします。

私も、ワードローブのベースカラーは黒ですし、ベージュも大好きな色。でも、周囲を見渡すと、黒かべージュを選べば、それでOKと思っている人が、ちょっと多すぎるような気がしないでもありません、というある専門家。全身黒は、クールてモードな雰囲気に見えそうですが、気をつけないと、ただの地味で暗い感じの人に。一方、ベージュは、やわらかで上品なムードが出る、女性にとっての安心カラー。

この二色は、誰にでも似合いそうで、実は難易度が高い色なんです。この二色のデメリットは、自分ではおしゃれなように思っでも、一足外に出ればフツーになりやすいことだと思います。ベージュにはいろんな種類があるので、ベージュで統一したつもりでも、よほどの達人でないとチグハグなコーディネートになってしまう可能性が高い。

黒には地味な黒と派手な黒があります

喪服に代表される黒はマットで、誰が着でも落ち着いて見えますが、パーティードレスなどに見られる黒は、光沢感があり、華やかでエレガントな印象があります。黒はどれも一緒と甘く見ている人に、この色のコーディネートは攻略できません。黒には地味な黒と、派手な黒があります。黒でまとめたコーディネートをするとき、パーティーでなくでも、どこかに光沢のある黒を入れると、地味になりません。この地味派手の使いわけが、黒の着こなしのキモ。

たとえば、小物のバッグや靴もマットな黒で統一。マットな黒のパンツスーツで通勤するとします。本人はできる女の気分満々かもしれませんが、端から見ると、レストランの女マネージャーの制服と大差がないはず。この場合、靴やバッグを黒のエナメルに変えたり、パンツやスカートを光沢感や透け感のある素材のものに変えるといいでしょう。

-ファッション

執筆者:

関連記事

no image

レディースのシャツコーデ術-シャツ選びはディテール勝負

女性がシャツを着ると、キリッと漂々しく見えるので、雑誌のスタイリングでもよく使います。ただ難点は、誰にでも似合うアイテムなので、細部のディテールにこだわらずに、なんとなく選んでしまいがちなこと。シャツ …

no image

デザイナーの商品を店に仕入れるバイヤー

もともとはバイヤーや選ばれたメディア向けのお披露目の場だったメジャーなショーも、今ではライターやカメラマン、社交家、セレブといった人々が溢れて、まるでヴァーチャル・フーズフーといった趣である。クリスチ …

no image

アメリカ国内の毛皮の売上は一九八七年には二三億ドルに上ったが

クスなどの団体が毛皮反対の一大広告キャンペーンを行った。当時話題になった広告には、血染めのファー・コートを引きずる女性の姿にこんなキャプションを付けたものがあった。「ファー・コートを一着作るには、日の …

no image

ファッションメディアの問題点は

ファッション・ショーにモデル、新商品、トレンド、セレブ。ファッション報道はこれでもかってくらいあるけど、公平さと責任を持ったジャーナリスティックな目で報道してる出版物はほとんどないわね。ファッション・ …

no image

お手本になる女性を見つけよう

大人のセクシーさとエレガンスセクシーエレガントクール。仕事で私が作るスタイリングを、こんな言葉で表現していただくことがあります。スタイリスト冥利に尽きます。私の理想としている女性像が、まさにその通りな …