雑学まとめ

当サイトでは、明日すぐに友達に話したくなるような、あらゆる情報を紹介しています。

ファッション

パーティードレスなどのコーディネート

投稿日:

ドレスといえば、決して忘れらないのが、映画ティファニーで朝食をでオードリー・ヘップバーンがすっきり着こなしていたクルーネックのブラックドレスだ。ゴージャス派の方にはシルクがいい。慎重派の方は、百パーセントコットンのスーパー100という薄手が便利。素材によっては、三シーズンにわたって着ることができる。つまり、大胆かつ低予算でできる。

一般に西洋のカクテルドレスは肌を見せるデザインが多い。お相手の男性が鼻高々になるドレスをまとい、スマートに立ち居ふるまう。アクセサリーもいつもよりちょっと大きくヘビーなものをつけても大丈夫。これぞ女性の醍醐味だろう。ふだんマニッシュな人なら、ぜひボディにピッタリそうようなボデイコンシャスを試していただきたい。フェミニン派の人には、マーメイドのシルエット。つまり、キャミソールをのばしたようなシルエットがおすすめ。

フォーマルの場合、ノースリーブのドレスを着たときには、長めの手袋で肌を隠して、露出が多すぎないよう注意する。よく昼間のパーティーにタキシードをお召しの男性諸氏をホテルのロビーなどで見かけることがあるが、着るべき時間が違う。ローブデコルテと呼ばれる胸まで大きくカットされたドレス。これは午後五時以降に着るもの。男性でいえばタキシードなどにあたる。

毎度違うドレスを新調するのも大変

しょっちゅうパーティーに出席している方ならば、毎度違うドレスを新調するのも大変。でもシンプルなドレスの場合には、チョーカーやパールのネックレスなどで、いくらでも表情を変えることができる。一方、肌を見せないようにデザインされたドレスもある。これは日本の着物と同じように、昼間のパーティーに適している。

もちろん、ここでもスカーフが重宝する。パリジェンヌは、本当にスカーフ使いの天才。オケージョンによってアクセサリーや小物で変化をつけるのがパリ流の約着こなし術。

-ファッション

執筆者:

関連記事

no image

パリのマダムの着こなしは実にセクシー

・ス力ートこそバランス重視 スカート選びのポイントは、まずはくべき靴をはいて鏡の前に立ち、理想的なプロポーションに見える丈を決めるべきなのだ。日本では、パンツは五ミリ単位で丈を決めるくせに、スカートの …

no image

モデルが着てると服はとても素敵だが一般人と同じにはならない

服って、モデルが着ればとても素敵よね。それは否定しょうもないわ。でも、一般人はモデルと同じにはなれないのよ。モデルって若い子ばかりだし、タッパもあってガリガリでしょ。ところが、一般人はそれほど若くもな …

no image

コルベール は重商主義のルイ一四世につかえた

社会階層が消失した日本では、一億総中流といわれるような独特な社会をつくりあげたおかげで、ほぼ全員がブランド品を手にしても、誰も違和感をもたなくなった。ちょっと見方を変えるなら、リボ払いを駆使し、バイト …

no image

表紙にはクリスチャンディオールの水着を着たカルメン

東方向への信号が青に変わるのを待っていたカルメンは、ダーク・デニムのロー・ライダーとベーシックな黒のタンク・トップというプレーンないでたちながら、光り輝いていた。ミッドタウンで働く人々が、ピザを詰め込 …

no image

スーツの内ポケットの位置はどのへんが理想か?

・内ポケットの美学 一般に内ポケットの位置は低いのではないでしょうか。私は内ポケットの位置は高ければ高いほど良い、と考えています。スーツ全体を考える上で、内ポケットの存在はたいへん重要です。とりあえず …