雑学まとめ

当サイトでは、明日すぐに友達に話したくなるような、あらゆる情報を紹介しています。

環境問題

オゾン層の形成がされた時代

投稿日:

オゾンホールとは、文字どおりオゾン層にあいた穴のことです。データによると、日本の面積と同じくらいの大きさのオゾンホールが、ポッカリ南極上空に姿を現したのです。これは世界中の人たちに衝撃を与えました。

こんな新聞記事を読んだ覚えのある方がいると思います。「南極上空にオゾンホール発見!」一九八五年のことです。その十数年後の九五年九月二十一日付の日本経済新聞には「オゾンホール最大規模に」という大きな見出しと「すでに南極の面積の一・五倍」というショッキングな小見出しがついています。

これはいったい何を意味するのでしょう。オゾン層は、地上約二〇〜三〇キロメートルのところに薄く広がっているレースのカーテンのようなものです。オゾン層は、わずか正味三ミリ(一気圧)の厚さしかありません。でもこの薄い層が、日光に含まれる紫外線から、私たち陸上の生き物すべてを守ってきたのです。

二酸化炭素を酸素に変える仕事を繰り返していた

私たち人類は、わずか三百万年前に生まれてきたばかりなのです。原始の大気は、九八%が二酸化炭素(炭酸ガス)で、酸素はほとんどありませんでした。そこで単細胞生物は、三十二億年もの気の遠くなるような長い間、海の中で二酸化炭素を酸素に変える仕事(光合成)を繰り返していた。

地球は四十六億年前にできたといわれています。最初十億年かかって、海ができました。最初の生命ー単細胞生物が誕生したのは海の中でした。それから気が遠くなるほどの時間が経ち、地球が四十二億歳のとき、つまり今から四億年前にはじめて緑の生命、シダ類、植物ーが、上陸に成功しました。そのあと、ようやく魚類から進化した両生類が、陸上へ進出していきます。

四億年前になって地球はようやく十分な酸素で満たされ、はじめてオゾン層ができました。これが有害な紫外線をカットしたのです。おかげで植物や両生類が地上に進出することができました。つまりオゾン層は、紫外線バリアー(シェルター)なのです。

-環境問題

執筆者:

関連記事

no image

マルサスの予言と人類の生存

マルサスは、「資源が豊富なアメリカ植民地で、人口が二五年間ぐらいごとに二倍になる傾向を持つ」というべンジャミン・フランクリン(アメリカの政治家)の観察に触発されて人口論を書き上げたといわれています。 …

no image

都会は消費し、ゴミをつくる場所

都会は消費し、ゴミをつくる場所です。都会がつくることのできるのは、公害と環境破壊と資源の枯渇です。それなのにみんなが都会に集まり、都会を拡大していくのです。豊かになった私たちは欲しいものは何でも買いま …

no image

ある人が環境問題に取り組む理由

私は昔、交通事故に遭ってひん死の重傷を負いました、と語るある人。意識不明が続きました。その間、私は不思議な体験をしました。骨盤骨折、手首は粉砕骨折、その他骨折多数。担当の救急医師が「死んでも何の不思議 …

no image

個別企業と会費で運営される業界団体の違い

これまでは、それぞれの業界団体が参加企業の利害を代表して、行動してきましたが、これからは個別企業が生き残りをかけて時代に適応することで、新しい時代を切り開く時代を迎えるのではないかと考えるようになりま …

no image

大量生産、大量消費、大量廃棄ではやっていけなくなる

社説としては過去に例はないが、統一タイトルを付けて、長期連載とし、環境問題について姿勢を鮮明に打ち出そう。統一タイトルは「環境の世紀への提案」とし、執筆者は一部の者だけが担当するのではなく、三〇名近く …