雑学まとめ

当サイトでは、明日すぐに友達に話したくなるような、あらゆる情報を紹介しています。

コミュニケーション

親と喧嘩してうるさいと思ったら-本音で話し合っていますか?

投稿日:

ある人の話。他に効果的な表現方法を知らなかったし、伝える能力もなかった。十二、三歳の頃、父や母と喧嘩をすると、私は自分の部屋に駆け込んでドアをバアーンと閉めることで、怒りを表現していました。

芝居をやりたいということだけは早くから夢みていました。そこで両親を説き伏せて、演劇研究所に通うことになりました。演劇研究所の人たちは年齢も出身地もさまざまで、私にはびっくりの連続でした。昼間のレッスンを終えた後、劇団の人たちが集まる、お酒のある場所に連れていてもらうのがうれしくてたまりませんでした。彼らは私を大学へやりたかったのです。でも、私は学校の教室の椅子にじいっと座っているのはもうイヤだと思っていました。早く教室の外に出たかったのです。

複雑な気持ちを言葉にするのは難しすぎました。私の使える単語は少なく、自分が何を考え、何を求めているのかも漠然としている。感じることが点としてバラバラに散らばっているだけでした。やっとのことでその点と点を結ぶと、今度はバラバラの線、が散らばるだけです。

両親と本音で話していますか?

当時、私は車のライセンスを取ったばかりで、一度家に帰ってから車で夜の街へ出かけ、シンデレラ・タイムを過ぎて帰宅することもしばしばでした。けれど、どんなに遅く家へもどっても母は寝ないで起きていました。「そこに電話があってもかけられない時があるのよ。私だって悪いと思いながら帰ってきたのに、帰る早々そんなにワイワイ言わなくてもいいじゃないの」「こんなに遅くまで何も連絡しないで、困った人ねえ、どんなに心配したか知れないわよ」午前二時。母の言葉に私はムッとしました。

「交通事故じゃないかって、そればかり考えていたわ」「じゃあ、無事に帰ってホッとしたでしょ?」「あたりまえよ」「私が帰った時、うれしい気持ちと怒っている気持ちのどっちが強いの?」「もちろん、うれしい気持ちよ」「だったら、これからはまず最初に、まあ、よかった、うれしいわって言ってよ。そうすれば私は、遅くなってごめんなさい、と言えるもん」「わかったわ」こうして約束が成立しました。両親と本音で話していますか?

-コミュニケーション

執筆者:

関連記事

no image

日本人は声量が少ない

残念なことに、単に声量だけを欧米人と比較した場合には、日本人の声量はあまりにも貧弱で、声域も狭いのはご承知のとおりです。会話のなかでの生理的なひとつの条件は、声量をどうすればよいかという問題です。これ …

no image

感じがいい話し方を心がける

先日、背中にできものが見つかって、皮膚科の医院にとびこみました、と語るある人。「四、五日前に気づきまして」と診てもらったトタンに、このS院長は「これは、簡単な病気じゃありませんよ」といわれました。「は …

no image

モナリザの微笑

モナ・リザの絵は、イタリア・ルネッサンスの象徴レオナルド・ダ・ヴィンチが一五〇三年から四年かかって描き、なおかつ未完成であったと言われる作品です。美術の解説書のなかには、本当はこんな美人ではなかったろ …

no image

「今めかしい」とか「けざやか」などの音色とユーモア

古語辞典をめくっていると、和楽器の音色に血が共感するのにも似た、ゾクゾクッ、を味わうことがあります。時間がたっぷりある時には、古語辞典で遊んでみることをおススメします。まだまだたくさんの言葉と出逢いた …

no image

女性達の会話の話題はいない人の話ばかり

ある統計によりますと、女性の話には時に半分以上が他人の話によって占められることがあるのは、女性の話のあり方や、ものの考え方などを見ていく上で、きわめて意味のあることです。女性は、数人が集まると、ほぼ必 …