雑学まとめ

当サイトでは、明日すぐに友達に話したくなるような、あらゆる情報を紹介しています。

ファッション

夫の服がダサいと愚痴をこぼす前にやってあげられること

投稿日:

センスのない服装に対して、うちの夫はセンスがなくて・・と、愚痴を言う奥さんがたくさんいます。お父さんの休日スタイルでよく見かけるのは、ポロシャツにチノパンの組み合わせのゴルファースタイル。ベルトは、もちろん会社に行くときのものと一緒。冬はこれに、フリースのブルゾンが加わります。

先日テレビて見たサラリーマンは、もうコートを七年も新調していないそう。毎年今年こそはとボーナスの時期を楽しみにしていでも、奥さんからダメだしが出るとか。そもそも関心を持ってあげてるのか?と、私は声を大にして言いたい。愚痴を言っているわりには見て見ぬフリをしていませんか?

本気でやりくりすれば、毎年は無理だとしでも、三年に一回くらいは買ってあげられるのではないでしょうか?いまにもすり切れそうな、そのトレンチコートの後ろ姿は、洪しげな刑事コロンボのよう。あやうく、涙ぐむところてした。夫に関心があれば、すり切れたコートをいつまでも着せることはできないと思うんですが。

おじさんが鏡の前で固まっていました

ある洋服のお店では、おじさんが鏡の前で、固まっていました。身体にあててみるとか、鏡で見比べるとかでなく、地蔵のように固まってただひたすら見ているのです。思わず、右手に持っているシャツのほうが、お似合いですよと、コメントしそうになり、慌ててその場を立ち去りました。ふと合ってしまったその目は、見知らぬ私にまで助けを求めているようでした。

たとえば、お父さんの日をシーズンに一回つくって、デパートに行くのもいいですよね。その日は、奥さんも子どもも買い物はなし。お父さんのためだけに買い物をする。そうすれば、どうでもいい拾好をしていた男性も、どんどん洋服に気をつかうようになるはずです。

それは似合うとか、この柄は、似合わないわねなどとアドバイスをしつつ、自分て洋服を探す楽しみを教えてあげましょう。デパートのシャツ売り場に連れていってあげるだけでも、普段服に興味のないこ主人だったら、シャツってこんなに種類が多いんだと、驚くはずです。

-ファッション

執筆者:

関連記事

no image

微生物の多くは普通の洗濯で洗い流せるのですが完全には落とせません

パンアフリカン・ニュース・エージェンシーは、他人が身に付けたり毒物にさらされたりした衣類などを着用して重篤な病気にかかる危険を冒している人々が何百万人もいると報じた。この情報筋によれば、衣類は放射能か …

no image

サングラスは似合わないと思わずに自信を持ってかけよう

・サングラスを味方にする方法 むかしイヌイットの人たちは手づくりのサングラスを使ったようです。言うまでもなく、本来のサングラスはおしゃれ用品である前に、道具の一種であったのです。雪と氷の多い地域では生 …

no image

急いで流行を取り入れるための不毛な努力をしているわたしたち

現代はスピード・シックの時代。私たちは終わりのないサィクルにはまってしまい、急いで流行を取り入れようとして不毛な努力をしている。私たちは新たなトレンドに惚れ込むが、やがてはそれに飽きるだけでく、それを …

no image

柄物コーデ-一見難しそうだが女らしく華のある装いに

一見、コーディネートが難しそうな柄物ですが、ボトムにラインが美しい黒のパンツやタイトスカートを合わせるだけて、ちょっとしたパーティーや、憧れのレストランに行くときにも、十分自信が持てる、女らしく華のあ …

no image

ファッションの流行の移り変わりと気持ちの移り変わり

イタリアには、何十年も同じスタイルを通している田舎暮らしの人もいれば、流行を追いかけて日々外見の変わるミラノっ子もいる。同じ国の中でも、地域によって違いはある。消費主義にそれほど毒されていない国の人々 …