雑学まとめ

当サイトでは、明日すぐに友達に話したくなるような、あらゆる情報を紹介しています。

ファッション

男のペンダント術-もっともシークレットな装身具

投稿日:

・男のペンダント術

男のペンダントはシャツを着ている以上、誰にもその存在を知られることはないわけですから。ポロシャツやスポーツ・シャツの場合には、前ボタンを外したりすると、ごくわずかチェーンがのぞくくらいのものでしょう。原則として素肌の上から着けるもので、その意味ではもっともシークレットな装身具といえるでしょう。自分だけは、はっきりとその存在を意識できる。ひそやかなアクセサリー、そうもいえるでしょう。

ペンダント一本でも、そこになにかの意味を見つけ、意識するところから、おしゃれははじまるのです。おしゃれとは自意識の問題です。言い換えれば、自分を、もうひとりの自分がどのように意識するか、見張るかということに尽きます。ペンダントひとつとっても、いくつかの見方があることに気づきます。オレなんてどうでもいいやと思った瞬間から、人は限りなくだらしなくなってしまうものです。

ペンダントのもうひとつの意味は、換金性。戦場などでは、本人確認の認識票として使われた歴史もあります。たいていはゴールドかプラチナであるはずで、いざというときには、いつでもどこでも現金に換えることができる。必ずしも平和ではなかったむかし、さまざまな国において、生き抜くための智恵でもあったのです。

指環、ブレスレットなどと発展していく楽しさ

まずはペンダントにはじまって、指環、ブレスレットなどと発展していく楽しさもあるでしょう。男のアクセサリーもまた、心の友なのです。私は申歳ですから、申のペンダント・トップを探したりもします。このペンダントが、私がだらしなくならないように見張ってくれるわけです、という人もいます。

ポイントは、ペンダント一本で自分自身を意識するということ。若い時には、ペンダント、指環、ブレスレットなどをつけていたのに、年齢を重ねていくと、だんだんとつけなくなっていくということはありますが、歳相応に似合うものはたくさんありますので、歳を取ってもつけていたいものです。

-ファッション

執筆者:

関連記事

no image

アパレルチェーン店の時間のかからないファッションのすばやさ

初めて行ったレストランでは、メニューを見るだけで数分はかかる。本日のおすすめ、聞き慣れない名前の前菜、興味を惹かれるメインやデザート。だが、マクドナルドならメニューはもうわかっている。時間のかからない …

no image

ポンチョが大人気だった時代

アパレル・メーカーは手頃な価格帯の商品を製造し、ノードストロムなどでは、フリー・ピープルの黒と紫の品が五六ドルで販売されていた。瞬く間に、さまざまなスタイルのポンチョが登場した。ポンチョはホントにキュ …

no image

スーツを着崩しできる男性になろう

・スーツで遊んでみよう スーツをあえて着崩してみたことがありますか?まず最初に、白のTシャツを着て、その上にスーツを羽織ってみる。そして近所のカフェ・テラスに座って、グラス・ワインの一杯を傾ける。ちょ …

no image

マーケッターが魔法をかけられない製品はまずないと言っていい

顧客がいったん店内に入ってしまえば、何かを買わせるのはそれほど難しくない。たとえば、アメリカン・イーグル・アウトフィッターズは、以前は成熟したアウトドア派のプランドと考えられていた。それが、一九九九年 …

no image

ビジネススーツのおすすめ変身術

・ビジネス・スーツの変身術 パーティーがウィークデーと重なると、家に帰って着がえることはできませんから、結局は会社帰りのビジネス・スーツ姿で出席するということになります。今の時代はむしろ大げさなドレス …