雑学まとめ

当サイトでは、明日すぐに友達に話したくなるような、あらゆる情報を紹介しています。

健康

恐れと不安の違いを知る

投稿日:

人は恐れに負けてしまい、前に進むことから逃げてしまう場合があります。なぜなら、そのほうがラクなように思えるからです。でも実際は、それが苦しみを生むことになります。

人生のステップは自分が進化するチャンスなのですが、そこから逃げてしまうと、人は不安を抱くようになります。逃げてしまえば一時的に楽になったような気になりますが、必ずしもそうではないのです。

恐れをもつことは、マチガイでもダメなことでもありません。恐れの正体を知っていますか?それは「前に進むときに抱く感情」です。人が生きていくこと、進化していくことは、古いものを捨て新しいものを手にすること。

そうして「新たな環境」「新たな自分」に進んでいくことは、だれにとっても基本的に恐いことなのです。恐れを感じるのは、人生のステップで前に進もうとしている証です。だから恐れをもっている状態は、悪いことではありません。恐れというものを悪いイメージで考える人は多いですが、必ずしもそうとは限りません。

恐れと不安はまったく違うものです。不安は立ち止まっている状態です。この、「前に進まず立ち止っていること」「こころに不安を抱えている状態」は、運の悪さを作る原因になります。

不安はさらに苦しみを発展させていく

非悪感というものは、「悪いことをしているとき」に感じるものではなく、「やるべきことをしていないとき」に生じるもので、こころを大きく苦しめてしまいます。前に進むにはエネルギーがいりますから、エネルギーがないときには恐さが先立って、なかなか進めないこともあるかもしれません。

不安は、さらに苦しみを発展させていきます。不安は不快な感情なので、人はそれをごまかそうとし、どうでもいいことに手を出すようになるのです。いっときの満足をえるために、過食やお酒にこぶける人もいます。遊びで不安を打ち消そうとする人もいます。そういったあり方が、今度は《罪悪感》を生み出します。

進化のステップを上がるときには、恐れと同時にかならず希望や喜びがあり、あなたのこころを支えてくれます。そして、「進もう」とこころに決めたとたんに、運もよくなるのです。

-健康

執筆者:

関連記事

no image

コエンザイムQ10はミトコンドリアに入っていけるほぼ唯一の抗酸化物質

国際的な研究結果をふまえて、多くの国で補酵素Qー10は心不全の治療に欠かせないものになっている。イスラエルの病院では、うっ血性心不全の患者には補酵素Qー10が決まって与えられるものになっている。試験で …

no image

男は二十五歳の朝まで伸びると言い伝えられていますが

ドイツ人が書いた本を理解するには、ドイツ人の食べ物を食べてみることも必要だ。だから、短絡的にいえば、僕はチーズを食べることが大事だったので、そうすることでより理解できるようになったのだという気がします …

no image

コレステロール神話は本当なのか?

コレステロール神話は、一九〇八年頃に、ロシアの医学者アニチコフが行なった動物実験によってできたのだそうです。この不正確なコレステロール神話に最も迷惑したのは鶏卵業者たちでした。彼らはわが身を使ってその …

no image

緊張型頭痛の治療に-驚くべき自然の薬が新しく発見

・一般の頭痛(緊張頭痛) 頭痛を治す驚くべき自然の薬が新しく発見されていて、手に入るのだ。ただ、これテレビ・コマーシャルされていないし、薬局でも売られていない。この新しい鎮痛薬は、ドイツ以外の国では知 …

no image

胃の内容物の半分が液体だと消化が非常にスムーズにいく

正しい食事方法の実践には、かならず心地よさや快適さがともないます。その喜びを味わいながら、自分なりのペースで進んでいけば、わたしたちは何の苦痛も無理もなく、プロセスを楽しみながら健康になっていくことが …