雑学まとめ

当サイトでは、明日すぐに友達に話したくなるような、あらゆる情報を紹介しています。

DIY

押し入れを赤ちゃん専用部屋にする

投稿日:

・押し入れを赤ちゃん専用部屋に

カラーボックスやカゴなどにおもちゃを収納して壁際に置き、中央にプレイマットを敷く。まだ子ども部屋までは必要ない赤ちゃんでも、おもちゃを片づけたり、プレイマットを敷いたりするスペースは必要だ。そのスペースとして便利なのが押し入れの下段。大人には狭くても、小さな赤ちゃんには十分な広さ。赤ちゃん専用部屋の完成だ。かわいい壁紙でも張ってあげれば、見た目もステキ。カラーボックスやカゴにキャスターをつけておけば、おもちゃを別の場所に移動する場合もラクラクだ。

・ベビーベッドの湿気を防ぐには

赤ちゃんは大変な汗かきなので、ベビー布団は予想以上に湿気をふくんでいる。そんなべビー布団を敷くべビーベッドも、かなり湿気がたまっているはず。ベビー布団は干せば湿気を取り除くことができるが、問題はベビーベッド。この湿気を防ぐには、ベビーベッドと布団のあいだに新聞紙を敷いておくといい。新聞紙が湿気をかなり吸い取ってくれるので、ベビーベッドはいつも清潔。もちろん新聞紙をこまめに取り替えることを忘れずに。

壁のポスター張りはホチキスで

ポスター貼りに最適なのは、なんとホチキス。壁にポスターなどを貼る場合、両面テープやセロハンテープ、画びょうなどを使う場合が一般的だ。でも、これではテープがあとできれいにはがれなかったり、画びょうの穴が目立ってしまったりする。壁に直接ホチキスを当ててバチンととめてしまう。ホチキスの針はとても細いので、壁につく傷はほんのわずか。はがしたあとに残る穴も、ほとんど目立たが細い針でも1本で2点を押さえるので、大きなポスターであろうとしっかりとめることができて、とても便利だ。

・子ども部屋の色はこう工夫する

色は人間の心理にさまざまな影響を及ぼすもの。うちの子はまったく落ち着きがなくて、自分の部屋にいても、ちっとも集中して勉強しないと悩んでいるなら、部屋を寒色系でまとめてみよう。たとえば淡いグリーン系などだ。一般的に、暖色系は気持ちを高ぶらせ、寒色系は気持ちを落ち着かせる。また、彩度が低くなると興奮も鎮静も弱まるといわれている。

-DIY

執筆者:

関連記事

no image

マンションの仕切りを収納に活用する方法

・マンションの仕切りを収納に活用 使い勝手を考えるとベランダに置いておきたいけれど、それではベランダが雑多な印象になってしまう。ベランダのハンガーや洗濯バサミ、布団バサミなどは、収納場所にちょっと困っ …

no image

食器乾燥機を収納に利用するとよい

・食器乾燥機を収納に利用する ふだん使うコップや小皿、湯のみ、茶腕などは、いちいち戸棚にしまわずに、乾かしてそのまま乾燥機のなておけば、ほこりもつかずに使いにすぐ取り出せる。食器乾燥機をもっている家で …

no image

ウレタンマットを玄関の段差に置こう

・玄関の段差にウレタンマット玄関や勝手口に 少しでも段差をなくし、ケガをしないようにするには、ウレタンマットを敷けばどうだろうか。段差があると、赤ちゃんや子どもが落ちてケガをしたり、お年寄りが上り下り …

no image

コンロまわり収納でスッキリさせよう

・コンロまわりをスッキリさせる キッチンがあまり広くない場合、調味料がコンロのまわりにごちゃごちゃとあふれかえっていると、いくら掃除をしてもすっきり見えない。そこで、思いきって調味料全部をコンロまわり …

no image

日常用食器のかたずけかた

わが家の戸棚では、目の前の2段に日常用食器が収まったので、残りは非日常用食器のスペースとなりました。必要な棚の数は、食器の量や食器棚のつくりによって違ってきます。家族が多ければ、もちろん3段になること …