雑学まとめ

当サイトでは、明日すぐに友達に話したくなるような、あらゆる情報を紹介しています。

ペット

お利口な犬

投稿日:

成大の場合、すべての犬が反応が良いわけではない。彼はなんといってもラブラドール・レトリーパーだった。この犬種はもともと利口で反応が良い。伏せのポジションは服従の行為にあたる。だからこそ、このような犬をこの命令に従わせるのが大事だ。彼をポジションにつけるには、引き綱にものをいわせなければならなかった。この命令に抵抗を示すのは、優位性の強い犬では珍しくはない。ある犬は散歩の途中や家のまわりでしじゅう伏せをさせられた。いつもはあっという間に終わったが、ときによってはたっぶり一分間そのままの姿勢をとらされた。

彼が引き綱を引っ張ったり、ほかの人間や犬に向かって吠えたりした場合は、すぐに伏せのボジションをとらされた。命令に従わないときは、横向きに倒され、犬が一五秒ほど彼の目をじっと見すえる。犬が一度伏せの意味を理解してしまうと、この命令を実践することで人間の優位が確立できると同時に、ほかのどんな活動も中止させられるので、いたって便利な手段にもなる。そして犬の行動に変化が目立ち始めた。

服従訓練を受けるあいだもずっとおとなしくなった

彼は主人が話しているときはそちらを見上げ、服従訓練を受けるあいだもずっとおとなしくなった。訓練の基礎課程が終わる一〇週間がすぎる頃には、飼い主たちは生まれ変わった犬に目を見張った。ふつうの人たちは繁殖家から犬を買うほかはなく、現状をどうすべきか考えねばならない。本能的知能を改善するにはこの知能形態は遺伝的性質をおびているので、手を加えるのが最もむずかしい。もちろん犬の繁殖家なら両親となる犬の能力と気性を頭に入れ、生まれてくる世代の本能的知能を操作することは可能だろうが。

とはいえ、飼い主はペットの本能的知能に手は加えられないとしても、ある程度予測はつけられる。また、その繁殖家が外見だけでなく気性、性格、作業能力も重視していることがわかる。使役犬や狩猟犬を飼う場合は、狩猟犬や使役犬としての資格をとった両親から生まれた子犬のほうが、獲物を狩り、回収する生得的特徴をそなえている可能性が高い。

-ペット

執筆者:

関連記事

no image

老ハムの食事や病気などへの注意

老ハムがかかりやすい病気老ハムならではの病気という心配もあります。性ホルモンの変化や免痩力の低下、体の老化から、老ハムは次のような病気にかかりやすくなってしまいます。 ・肝臓病→診断には血液検査などが …

no image

犬の能力を調べるあるテスト

ある専門家が考えた、犬の順応的知能のテストというものがある。テストでは重い本を数冊、あるいは板とレンガ数個が、テストでは犬きなボール紙が必要になる。テストでは大きなバスタオルが、テストでは小さなハンド …

no image

ハムスターにあげる野菜でおすすめのものは何?

同じ野菜ばかりでなく、いろいろな野菜を組み合わせて。水分の多いキュウリ、トマトなどは、下病になりやすいのであげすぎには注意して。でも、水をあまり飲まないハムの場合は、これらの水分の多い野菜も与えましょ …

no image

ハムスターのおもちゃの素材には気をつける

・ハムスター用おもちゃ 最近は、ドワハム用の小さな大きさのグッズも充実してきました。さまざまなハムスター用おもちゃが用意されています。これらのおもちゃは、うまく使えば肥満防止やストレス解消のための絶好 …

no image

ソラージュというペット共生ビジネス

都市でペットと飼い主が快適に暮らすために、ペット飼育者は現在のような業態がばらばらなサービスではなく、ハード、ソフト両面を有機的に連携させた統今型サービスの提供を求めている(大手市場調査関係者)とかね …