雑学まとめ

当サイトでは、明日すぐに友達に話したくなるような、あらゆる情報を紹介しています。

ペット

お利口な犬

投稿日:

成大の場合、すべての犬が反応が良いわけではない。彼はなんといってもラブラドール・レトリーパーだった。この犬種はもともと利口で反応が良い。伏せのポジションは服従の行為にあたる。だからこそ、このような犬をこの命令に従わせるのが大事だ。彼をポジションにつけるには、引き綱にものをいわせなければならなかった。この命令に抵抗を示すのは、優位性の強い犬では珍しくはない。ある犬は散歩の途中や家のまわりでしじゅう伏せをさせられた。いつもはあっという間に終わったが、ときによってはたっぶり一分間そのままの姿勢をとらされた。

彼が引き綱を引っ張ったり、ほかの人間や犬に向かって吠えたりした場合は、すぐに伏せのボジションをとらされた。命令に従わないときは、横向きに倒され、犬が一五秒ほど彼の目をじっと見すえる。犬が一度伏せの意味を理解してしまうと、この命令を実践することで人間の優位が確立できると同時に、ほかのどんな活動も中止させられるので、いたって便利な手段にもなる。そして犬の行動に変化が目立ち始めた。

服従訓練を受けるあいだもずっとおとなしくなった

彼は主人が話しているときはそちらを見上げ、服従訓練を受けるあいだもずっとおとなしくなった。訓練の基礎課程が終わる一〇週間がすぎる頃には、飼い主たちは生まれ変わった犬に目を見張った。ふつうの人たちは繁殖家から犬を買うほかはなく、現状をどうすべきか考えねばならない。本能的知能を改善するにはこの知能形態は遺伝的性質をおびているので、手を加えるのが最もむずかしい。もちろん犬の繁殖家なら両親となる犬の能力と気性を頭に入れ、生まれてくる世代の本能的知能を操作することは可能だろうが。

とはいえ、飼い主はペットの本能的知能に手は加えられないとしても、ある程度予測はつけられる。また、その繁殖家が外見だけでなく気性、性格、作業能力も重視していることがわかる。使役犬や狩猟犬を飼う場合は、狩猟犬や使役犬としての資格をとった両親から生まれた子犬のほうが、獲物を狩り、回収する生得的特徴をそなえている可能性が高い。

-ペット

執筆者:

関連記事

no image

犬は音楽を理解できるのか?

犬は音楽に反応するのか?犬が音楽に反応するのではないかと思わせる例が、いくつかある。犬が歌うという話をよく耳にする。あるとき私は、人間の家族がピアノを囲んでクリスマスキャロルを歌うたびにパセット・ハウ …

no image

犬の流動性知能や結晶性知能について

結晶性知能は知的達成度を、流動性知能は知的可能性を表すといえるだろう。知能指数が二〇〇という場合でも、まっとうな人間同士のコミュニケーションが与えられなければ、言語を習得することはできない。この場合、 …

no image

馬が計算を解いた-賢いハンスの話

馬が計算を解いた。賢いハンスの話だ。最初は飼い主がなにかトリックを使っているのだろうと考えられた。しかし、ハンスの知らない人間が問題を与え、飼い主が姿を隠していても、彼は同じように簡単に、また正確に問 …

no image

犬を飼うならご近所トラブルなどに気をつけよう

飼うことが決まったら、どこでどのように飼うのかを事前に決めます。まずは室内で飼う場合、居間の隅など家族とコミュニケーションがとれるようにしましょう。その次は、犬のための生活用品の用品揃え、あとは犬がく …

no image

ハムスターの出産後に注意すること

ドワハムがいくら安産型でも、母ハムにとって出産は神経を使うこと。もし、心配になっても、ケージを覆った布の隙間からそっとハウスを見るぐらいに。また、生まれた子ハムたちにも絶対に触らないようにしてください …