雑学まとめ

当サイトでは、明日すぐに友達に話したくなるような、あらゆる情報を紹介しています。

医療

大手で探しやすいドクター求人サイトといえばどこ?

投稿日:2015年2月28日 更新日:

現在、日本国内には、多くの医療求人サイトが存在します。今はネットで簡単に医療求人が探せますので、昔よりも探しやすくなってきていますが、その中でも、特に医療求人を見つけやすいサイトが存在します。医療求人を見つけやすいのは、大手の医療求人サイトです。

大手の医療求人サイトで有名なのが、エムスリーキャリアと、医師転職ドットコムです。この2つのサイトは、求人支援サービスで、キャリアエージェントと呼ばれるプロが、あなたに代わって求人を探してくれます。

他にも、有名なサービスはたくさんあります。MCドクターズネット

Dr.転職なびリクルートメディカルキャリアなどは、エムスリーキャリアや、MCドクターズネットよりも規模は小さいながらも、それぞれのサービスで、メリットが存在します。

また、40代50代60代の医師転職ドットコムというサービスは、40代50代60代の医師のための求人を多く保有しています。

バイトで医師求人を探したい場合には、医師バイトドットコムや、Dr.アルなびがおすすめです。

どの求人サービスも一長一短がある

上記で紹介したどの求人サービスも、一長一短があります。全てパーフェクトな求人サービスはないと思いますが、かなりぺーふぇくとに近いと思うのが、エムスリーキャリアです。

エムスリーキャリアは、業界の大手で、医療求人支援では、国内最強と言われています。その理由は、保有している求人の数が圧倒的に多いという点です。また、非公開求人もかなり保有しています。非公開求人は、病院とのつながりが深くないと保有できないようですので、それだけ、色々な病院から信頼されているという証拠でしょう。

エムスリーキャリアは、医師の間で人気のサービスで、登録実績が4年連続で1位となっています。全国の色々な医療機関との取引実績があり、エムスリーキャリアが、ダントツで求人を探しやすいと思います。エムスリーキャリアに登録をすれば、キャリアエージェントがあなたに代わって求人を見つけてきてくれますし、登録無料で、一切お金を支払わなくてもサービスを全て利用できます。

自分で求人誌などで探すよりも、こういった求人支援サービスを利用したほうが、条件の良い求人を見つけやすいと思います。

-医療

執筆者:

関連記事

no image

医者は風邪をひかないというのはウソ

当然ですが、医者だってカゼをひきます。むしろ、普通の人よりも、カゼひき患者さんからうつされることもあるので、流行にさきがけてカゼをひいてしまうのが医者の実態のようです。医師が鼻をグズグズいわせていたり …

no image

大学病院の役職などの仕組み-医局の大きさはまちまち

旧国立一期の大学の付属病院だと、内科だけでも第一内科から第四内科まで医局があったり、私立だと専門の分野ごとに分かれていたりする。たとえば循環器内科、消化器内科、アレルギー内科とか、あるいは教授の専門ご …

no image

DVと共依存の関係

DV問題を抱えている夫婦の場合、一般的に加害者が一方的に被害者に執着しているように見えるが、そうとは限らない。DVの問題を抱えた夫婦関係では、被害者の側も加害者を必要としているとも言えるのだ。 加害者 …

no image

CEAとは何か?その意味-その他にも色々な用語も

・CEA 大腸ガンや胃ガンが体に潜んでいると、血液中にCEAというものが増えてくる。カルチノ(癌)エンブリオジェニック(胎児性)アンティジェン(こうげん)のこと。ちなみに、ヘビースモー力ーの場合もCE …

no image

脂肪肝とは?痺せたりお酒をやめれば元どおりになる-用語集

医者が病院で使っている用語はたくさんあるが、その中でいくつかの用語を紹介していこう。 ・シボーカン(脂肪肝) シボーカンというのは、「死亡肝」ではなく、たんに肝臓に脂肪が溜まったにすぎない。ちょっと体 …