雑学まとめ

当サイトでは、明日すぐに友達に話したくなるような、あらゆる情報を紹介しています。

雑学

大阪のタクシーが黒い色なのは何故なのか?

投稿日:2017年8月13日 更新日:

大阪のタクシーが黒い色なのは何故なのか?

大阪のタクシーが黒い色なのは何故なのかご存知だろうか。一般に関西のほうが派手好みだといわれるが、ことタクシーにかぎっては逆のようだ。

大阪に遊びに行った折に乗ったタクシーの運転手に理由を尋ねてみると、こんな答えが返ってきた。「そら便利やからですわ。黒なら冠婚葬祭なんでも行かれますやん。高級感あるしね」と。大阪では、タクシーがハイヤーに近い役割を果たしているのだという。

東京の街中を走るタクシーがオレンジ、黄色、グリーンなど色とりどりなのに対し、大阪のタクシーはほとんどが黒。なにか理由があるのかというと、こんな理由があるようだ。

実は、東京のタクシーもかつては黒が主流だった。大手タクシー会社の日本交通が、1952(昭和)年に初めてカラー車両を取り入れたといわれる。米国のイエローキャブをヒントに車体をカラー化しました。

黒塗りタクシーの中で非常に目立ったため、すぐに他社が追随し、現在のようなカラー車両が東京のタクシーの標準になったようです。

東京のタクシーの標準に

セミハイヤー的に使えるので合理的

社名や屋上灯がマグネットタイプになっていて取り外せるようにしてある会社もあるようです。大阪の法人タクシーは、8割以上が黒色です。

黒塗りタクシーはセミハイヤー的に使えるので合理的。ハイヤーは需要が少ないので、保有台数は200台程度です(大阪タクシー協会)。東京のハイヤー登録台数は、2006年3月の時点で3883台(東京乗用旅客自動車協会調べ)だから、その差は歴然だ。

東京でも黒塗りのタクシーが増えている

最近は東京でも黒塗りのタクシーが増えている。2001年に、車両もサービスもワンランク上の通称黒タクを導入。少しずつ台数を増やして、現在では整社の約7割が黒タクです。

通常のカラー車両に比べてお客さまに好評なので、他社でも増えてきているようです。1963(昭和38)年には、東京の大手4社(大和自動車交通・日本交通・帝都自動車交通・国際自動車)が、ボディーカラーを黄色に統一。

ちょうど東京オリンピックの開催前で、外国人にもわかりやすく目立つようにと、カラフルな車両が一気に浸透した。同じタクシー料金を払うなら、リッチな気分を味わいたいと考えるのは当然か。

-雑学

執筆者:

関連記事

イエスズメとかヨーロッパスズメ

鵜の目と鷹の目の脅威の視力の秘密

鵜の目と鷹の目 鵜の目と鷹の目。鵜の目と鷹の目の脅威の視力の秘密をご存知だろうか。鵜の目と鷹の目というのは、鵜や鷹がターゲットを探しているときのような姿を意味しているのだが、鵜の目と鷹の目は本当に凄い …

この海岸は別名

ナポレオンとヒトラーに共通する129という数字の秘密

ナポレオンとヒトラーに共通する129という数字の秘密をご存知だろうか。 ヨーロッパ史上の2大有名人物 ヨーロッパ史上の2大有名人物として、その功罪はともかく、ナポレオンとヒトラーを挙げてそう的はずれで …

すべて合わせると一五里程度となるが九十九里はない

一番風呂は体に悪いというのは本当か?

一番風呂は体に悪いというのは本当か?かって家族制度のもとでは、家の中ではお風呂に入る順がきちんと決まっていた。もちろん、一番風呂は家長であるお父さんの権利であったが、その権利も今では、お父さんの入った …

すべて合わせると一五里程度となるが九十九里はない

海の色が色々な色に見える理由

海の色が色々な色に見える理由はご存知だろうか。我々が海が好きなのも、海の青さが心をやすらかにしてくれるからかもしれないが、ところで、海水をすくっても透明にしか見えないのに、海が青く見えるのは何故なのだ …

シロクエヒマウリなど種類によっては

O型の人は蚊に刺されやすいというのは本当?

夏に気になる虫といえば蚊。 O型は蚊に刺されやすいなどといった話を聞くが 蚊は空気中の炭酸ガスを感じ取り、より濃度の高い人間や動物に寄ってくる。 よく、O型は蚊に刺されやすいなどといった話を聞くが、体 …