雑学まとめ

当サイトでは、明日すぐに友達に話したくなるような、あらゆる情報を紹介しています。

ペット

オオカミの行動と性格について一般に浸透しているイメージ

投稿日:

犬はオオカミが飼い馴らされたものだとする専門家たちは、犬に見られる大きさや形のちがいは、時代に応じてその土地固有のオオカミが家畜化されたためだとしている。つまり、北のオオカミはジャーマン・シェパード(非常に類似点がある)ばかりでなく、マラミュート、サモエド、ハスキー、あるいはチャウ・チャウ、エルクハウンド、コリー、そして小型犬のボメラニアン、コーギーの先祖でもあるといわれている。

このグループの明確な特徴は、鋭くとがった顔、犬きく立った耳、そして長い尾である。オオカミはきわめて魅力に富んだ独特の目をしている。オオカミの目をのぞきこむと、家犬がたんに家畜化されたオオカミではないことがわかる。オオカミ(チべットオオカミを例とする)は、やや口吻がつまりぎみで、ブラッドハウンド、マステイフ、ブルドッグの先祖とされている。つまりぎみで角張った口吻、発達した顎がこの種の特徴である。

一般に浸透しているイメージ

オオカミの行動と性格について一般に浸透しているイメージが、学者や小説家たちに少なからぬ影響を与え、オオカミを家犬の祖先として受け入れる素地が作られた。一般に、オオカミはある種の力と気高さをそなえた存在だと思われている。私たちの空想するオオカミは、群れに君臨する一頭の偉犬な王者に率いられ、雪原を駆け抜ける優れた狩人である。カニス属の犬は丸い瞳孔を持っている。しかし、オオカミの種族は楕円形でやや斜めに傾いた瞳孔を持っており、そのため近くから見ると、犬とはまったく異なる印象を受けることが多い。

オオカミに関する伝説が、多くの人々に家犬は家畜化されたオオカミだと考えてもいいと思わせた。そしてその伝説そのものもまた、興味深い変遷をたどった。私たちのイメージするオオカミは、統率のとれた一団となって行動し、年とったトナカイを群れから切り離し、襲いかかる。老トナカイは最後の力をふり絞って追っ手に立ち向かう。こういったイメージは、かなり新しいもののようである。

-ペット

執筆者:

関連記事

no image

犬が部屋に来るので困る

はじめから犬の入ってもよい部屋のみで飼育していたなら、習慣で犬は覚え込み、何の無理もなく自然に自分のテリトリー内で生活するようになります。どの部屋も自由に出入りさせてしまうのは、好ましいことではありま …

no image

犬の順応的知能のテスト

高い順応的知能を目標に品種改良するほうが、ひとつふたつ特殊な行動傾向を拾い出して改良するよりずっとむずかしい。そのため、順応的知能を調べるには、犬一頭ごとに実際的なテストをおこなうのがいちばん良い。犬 …

no image

犬が人間のよきパートナーとして社会に適合できるようにしつけられているか

人間のよきパートナーとして社会に適合できるようにしつけられているか、愛犬の社会性と飼い主のマナーを問うグッド・シチズン・テスト。これはアメリカのものを日本の環境に合わせてアレンジし、優良家庭犬で協会が …

no image

従順レベリングテストで犬のテストをする際の注意

犬の従順性テストは必ず次々に連続しておこない、一回通しで終えることが必要だ。匂いのない餌を少々ずつ一回分(ドッグ・ビスケット、細かくしたパンの切れ端など)。匂いの強い餌を少々(チーズ、サラミ、ペパロニ …

no image

服従知能の低い犬の傾向

作業・服従知能の程度が最も低く、最もむずかしいと判断された犬種。これらの犬種では基本的な作業を教えるために一〇〇回以上くり返すのは珍しくなく、何度も訓練し直してやっとなんとかこなせるようになる。これら …