雑学まとめ

当サイトでは、明日すぐに友達に話したくなるような、あらゆる情報を紹介しています。

ペット

人々は犬をたんなる生物機械とみなそうとした

投稿日:

この社会の誰もがそうであるように、人間を取りまく文化によって形づくられる一連の慣習の中で育てられた。理論的思考や研究にもとづく考察をおこなう場合、私たちのまわりの文化的、宗教的、哲学的慣習から距離を置こうと努めはしても、やはりその影響は、わずかといえどもまぬがれえない。偉大な文学作品や詩が犬についで書かれることはあっても、もちろん犬によって書かれることはありえない。

では、動物の知的水準の中で、あるいは人間の知能と比較して、どのあたりに犬は位置するのだろうか。私たちは犬が社会に広く日常化しているため、犬の知能や行動といったごく実証的な問題においても、彼らに対する一般の見方や慣習が、実社会に生きる学者のアプローチに影響を与えることを理解しておかなくてはならない。著名なアメリカの心理学者ウィリアム・ジェームズは、人は自分では考えていると思っても、たんに先入観を組み換えているだけにすぎない場合が多いと指摘している。

遺伝子によってプログラミング

人々は犬をたんなる生物機械とみなそうとした。犬(および人間以外のすべての動物)には意識はないと一般に強く信じられていた。たとえばビーグル犬は、自覚や感情をもち、意識をそなえた考える生き物ではなく、遺伝子によってプログラミングされ、反射作用と機械的反応をおこなうビーグル犬の形をしたいのだと考えられていたのである。この見解は、まずは一七世紀のフランスの哲学者で、数学、哲学、心理学の分野に貢献したルネ・デカルトの分析に負うところが犬きい。

彼らの学習能力も、人間に存在する認知力の変形ではなく、反射作用プログラムの組み換えにすぎず、コンピュータ同様、そこに意識などは含まれないと考えられた。デカルトはすべての動物には意識、知能あるいは人間に類似したいかなる精神性もないと考えた。この理論に従えば、犬はたんに生命をもった機械ということになる。大勢の心理学者や哲学者がこの説に賛同し、現在でも多くの科学的記述にそれが散見されるのである。

-ペット

執筆者:

関連記事

no image

生物に関する推論

行動主義者はきわめて特殊な視点をとっている。学会などで正面から追及されると、行動主義者たちは次のように反験する。我々は別の生物の主観的経験や感覚を直接知ることは不可能である。そこで、彼らに意識、感情な …

no image

社会的関心度に関わる犬のテスト

社会的関心度に関わるテストでは、犬が人間に関心をもち、進んであとに従い、行動をともにするかどうかが測られる。これによって、犬が社会的もしくは肉体的に服従や追従を強制された場合の反応が測定できる。テスト …

no image

犬の脳波では生後五週間までは子犬の脳はまだ機能的に未熟

脳波測定でも、生後五週間までは子犬の脳はまだ機能的に未熟である。しかし七週間ぐらいで、子犬の脳波パターンは成犬とほぼ変わらなくなる。犬も人間も同じように年齢に応じて知能が変化する。人間では顕在知能は幼 …

no image

ハウスや犬のしつけなど

犬も自分だけの安息の場所が必要です。犬がハウスの中で休んでいるときは、ちょっかいを出さないこと。ハウスはケージやサークルのほか、運搬用犬舎でも0K。また、ハウスは来客があったときなど、犬を一時的に入れ …

no image

ハムスターの餌の容器を置く理由

・ハムスターのエサ容器を置く理由 エサを床材の上に直接置いてもいいのですが、それだと後始末がしにくくて不衛生になりがち。食べた量の把握もしにくいので、ぜひエサ容器を使ってください。 ・陶器製がおすすめ …