雑学まとめ

当サイトでは、明日すぐに友達に話したくなるような、あらゆる情報を紹介しています。

環境問題

温暖化による熱波で世界が大ダメージ

投稿日:

二〇五〇年、アメリカ・カナダからは大干ばつのニュースが伝えられた。食糧生産の六〇%が絶望的。世界の穀物市場にパニックが起きるのは必至だった。なにしろこの半年間に降った雨がたったの二二ミリ。約三〇万頭の乳牛が死に、一〇〇万へクタールの耕地が砂漠化した。

陸上で異変が相次いでいた。温暖化やオゾン層の破壊、そして森林の伐採や酸性雨といった複合汚染による異常気象が、ついにヒートアップした。世界的に食糧が不足し、飢餓が地球規模で広がった。難民が大群をなし、略奪が発生した地域もあった。

穀物の値段が一気にハネ上がる。この金額を推定すると、被害はその一〇倍、一〇〇億ドルにも達するだろう国連は、「被害総額は少なく見つもっても一〇億ドル」という予想を発表した。しかし、それは楽観的すぎた。世界の穀物需給はそれ以上にひっ迫する。

ヨーロッパ全域からは、「強力紫外線による皮膚がん多発!」のSOSが出た。急性のヤケドによる死者も激増した。失明者も出た。国連は、きわめて深刻な事態を伝えていた。強力紫外線の影響で海中のプランクトンが大量に死滅し、魚がどんどん死んでいるというのだ。

インドの中西部では大熱波が訪れていた

熱被害といえば、インドの中西部では大熱波が訪れていた。首都ニューデリーを含む北西部は、通常なら六月末にモンスーンが来て雨期に入るはずである。ところが今年は、日中気温五〇度を記録する猛暑に見舞われたのである。

生態系の破壊は、森林の伐採によっても激しく進行していた。マレーシアや、プラジルのアマゾン流域では、砂漠化による難民まで発生していた。

中国ではすでに、三億人分の食糧が不足して、多数の犠牲者を出していた。その影響は日本にも及び、大量餓死という悲劇に見舞われたばかりだった。中国からは、「黄河と揚子江で同時氾濫、大洪水がコメどころ四川省や広東省にも迫る勢い!」と伝えてきた。

この大洪水で中国ではさらに食べ物が不足するだろう。死者は一億人にのぼるかもしれないのだ。アフリカ、インドを含めると、一〇億人が餓死の死線をさまようことになる。地球上はすでに、絶望的になっていた。

これはもちろん仮想の話だが、温暖化により将来こんなことが起こっているかもしれない。

-環境問題

執筆者:

関連記事

no image

人口爆発の原因やそのメカニズム

人口爆発のメカニズムは、はっきりしています。その典型的なドラマを見てみましょう。人口は多少の増減はあったが、長い歴史で考えればほぼ一定である。ここに先住民族の村がある。人々はここで何百年、何千年と暮ら …

no image

アメリカでトウモロコシの収穫量が激減したことなどで価格の急騰が起こった

一九九四年に、アメリカでトウモロコシの収穫量が激減したことと中国がトウモロコシの輸出国から輸入国に変わったために、価格の急騰が起こりました。エチオピアでは飢饉が起き、飢餓に苦しむ人々がたくさんいること …

no image

殺虫剤DDTの発見

除虫菊は、一八七九年にドイツから輸入されましたが、その後日本で栽培されるようになり、一九三五年頃には、世界の市場を独占するほどまでになりました。除虫菊の有効成分は、ピレトリンと呼ばれる分子です。戦後は …

no image

「環境会計システムの確立に向けて」を発表し改善を求める

二〇〇〇年五月に「環境会計システムの確立に向けて」を発表し、環境保全に係わる効果については、物量単位で把握できる効果と貨幣単位で把握できる効果に二分類する方法を提案しました。さらなる改善が求められてい …

no image

プランクトンの減少がもたらす漁獲量の減少

プランクトンの激減の原因は何でしょうか?海洋汚染と、オゾン層破壊による紫外線B、そして温暖化の影響です。プランクトン(微生物)が激減すると、小魚は生きていけません。それを食べる大型の魚も生きられず、海 …