雑学まとめ

当サイトでは、明日すぐに友達に話したくなるような、あらゆる情報を紹介しています。

健康

お腹が空くと眠れない人でも少なくとも寝るニ時間前からは食べない

投稿日:

ピッタは、変換、消化のエネルギーですから、この時間帯は代謝力が強くなります。ところが、昼間のピッタの時間帯では、その代謝力が胃腸に集中するのですが、夜のピッタの時間帯では、代謝力は細胞レベルで使われるという特性があります。

睡眠中のピッタの時間帯には、一日に食べたものが細胞レベルで代謝され、エネルギーや組織がつくられます。ですからこのとき胃に食べものが入ってきても、代謝の力が胃腸に充分に注がれないのです。その結果、毒素ができてしまいます。

多くの方が睡眠中である一時〜翌二時は、ピッタが強まる時間帯です。就寝前に食事をとることは好ましくありません。少なくとも寝るニ時間前からは、食べものをいっさいロにしないのが理想的です。就寝前、心に何か足りない満たされたいという空虚な感覚があって、食べものを口にするケースもあります。でも、これはそもそも本物の空腹感ではありませんから、ものを食べるのは間違った手当てです。

お腹を満たさないと眠れないという方がいますが

ときおりお腹を満たさないと眠れないという方がいます。お腹を一杯にしたままだと睡眠にもよくありません。基本的に、夜は食事にふさわしい時間ではありません。二〇時過ぎに食事をとることも好ましくありません。たとえ食事の後、数時間は起きているという場合でも、消化のためにはよくないのです。

若い方などに多いのは、寝る2時間前に、夜食としてカップラーメンなどを食べることですが、もし、寝る前なのに本当にお腹がすいて苦痛だったら、温めたミルクをカップ一杯飲むとよいでしょう。ミルクが苦手な方は、冷えていない果汁、あるいはお白湯もおすすめです。

これまで夜食を食べてからしか寝れなかった人が、寝るニ時間前からは、食べものをいっさいロにしないことを実践した場合、慣れるまでは、空腹に耐えるのがつらくなるのですが、慣れてくると、逆に寝る前にお腹がすかなくなってきます。慣れるまで我慢しましょう。

-健康

執筆者:

関連記事

no image

オメガ3と6のバランスとれた食事をすることがなによりも大事

最近の研究は脳の障害に対して、オメガ3脂肪酸に治癒効果があることを明らかにしている。オメガ3脂肪酸は脳の電気的な働きにおいて重要な役割を持っており、十分な摂取は脳を落ち着かせ、気分を高め、精神の集中を …

no image

太っている人の食生活や太る原因

統計によると、太っている人はある種のホルモンを分泌し過ぎる一方で他のホルモンが十分に出ていない可能性が高い。空腹感を覚えるのは、消化酵素の不足とカンジダ菌の異常増殖のせいで栄養を消化吸収できていないか …

no image

動脈損傷の症状があった患者がグレープフルーツの食物繊維で回復

彼は数年前、胸部にかすかな痛みを感じて検査を受けているが、そのときは心臓に問題は見つからなかった。それから二、三年して一九九四年の一二月に、右目が突然よく見えなくなり、不安に襲われた。医師たちは最初に …

no image

野生の動物はすべて偏食

野生の動物はすべて偏食です。牛や馬は草しか食べません。それこそ、ウサギに卵などを食べさせたら、コレステロール値が上がって病気になってしまうでしょう。また、トラやライオンは肉しか食べませんが、決してビタ …

no image

夕方の休憩の時間をもうけよう

夕方の休憩の時間をもうけよう。 夜10時に寝た人と午前2時に寝た人では、たとえ同じ時間眠っても、眠りの深さが違います。からだもあたまもスッキリと生き返ったようになる良い眠りのカギは、早寝にある。 人が …