雑学まとめ

当サイトでは、明日すぐに友達に話したくなるような、あらゆる情報を紹介しています。

健康

お腹ガスがたまりやすい人の食事の対策

投稿日:

・お腹が張ることが多く、ガスがたまりやすい

気まぐれに夜ふかしをしたりダラダラ朝寝坊をしたりせず、生活習慣を規則的にたもつよう気をつけるだけでも、ヴァータがととのっていくことが多くあります。ヴァータの乱れをととのえるには、規則的に生活することがポイントです。本当にお腹がすいて苦痛なとき、我慢をしてしまうとさらにヴァータが乱れますので、食事から三時間たっているならおやつを少量食べ、あまり時間がたっていないなら、甘味のある飲みものを飲んで様子をみますが、むやみな間食はひかえましょう。

油は消化力をアップし、同時にヴァータを鎮静してくれます。食事の内容は、ヴァータを乱しやすい食材を避けること、そして油を上手に使うことをこころがけましょう。コレステロール値が高い方は、とりすぎに注意しましょう。ゴマ油、紅花油、亜麻仁油は、食用には向かない油です。ひまわり油、次いでオリーブオイルがおすすめです。これらは消化がしやすく、また消化力を上げてくれます。

食後にスプーン一杯をお白湯に入れて飲む

クミン、コリアンダー、ジンジャーのパウダーを同量混ぜて、食後にスプーン一杯をお白湯に入れて飲むと、ヴァータをととのえてくれます。お腹が張る方におすすめのスパイスは、クミン、カルダモン、フェンネル、コリアンダー、ターメリック、そして塩、コショウ、ニンニク、ジンジャーです。油はスープ、妙め物など調理に使い、スパイスもくわえると効果がアップします。料理にゴマ油の香ばしさがどうしてもほしいときには、調理の最後に香りづけ程度に使うとよいでしょう。

主食は基本的にご飯がよいのですが、パンなら白いパンを避け、天然酵母パンや、全粒粉小麦でつくられたチャパティをとりましょう。豆ならイエロームング豆、赤レンズ豆がおすすめです。便が硬くコロコロとしているタイプの便秘にもよい効果をあげます。また、サラダなどの生野菜、じゃがいも、妙った大豆、ひよこ豆はガスがたまるので避けます。

-健康

執筆者:

関連記事

no image

グルコサミンはお試しして欲しい最高の療法

・グルコサミンに代りうるものはあるのか? スタンフォード大学医学部教授で関節炎の専門家であるドクター・ジェイムス・F・フライスは、関節炎に対するそれらの投与が、潰瘍を広めているといっている。アメリカで …

no image

コレステロール値を下げる食品

彼の七六歳の母のコレステロール値が、グレープフルーツの食物繊維を摂ったところ近年では最低の値になり、一〇〇以下に下がったという。彼は、フロリダ大学医学部の心臓血管の外科医、ドクター・ダニエル・ナオフ。 …

no image

生理の前の便秘になるという人が多くいる

生理の前の便秘になるという人が多くいる。 女性の場合、「生理の前になると便秘になる」という人が多くみられます。便や生理の排準には、下腹部のヴァータの働きがかかわっています。下腹部のヴァータが、下向きの …

no image

望みを叶えることをしないで我慢していると

おいしそうなケーキを見て「食べたい」という願望が生まれることもあります。美しいピアノの演奏を聴いて「自分も奏でたい」という願望が生まれることもあります。生まれた願望は、体験してかなえられると満足し、完 …

no image

白血球が誤って自分の細胞を敵と思い込むことがある

白血球が誤って自分の細胞を敵と思い込むことがあります。たとえば、潰瘍性大腸炎という自己免疫病がありますが、自血球が自分の大腸細胞を敵の細胞と思い込んで、自分の腸の細胞を攻撃してしまうのです。そのために …