雑学まとめ

当サイトでは、明日すぐに友達に話したくなるような、あらゆる情報を紹介しています。

DIY

おもちゃ箱の下にキャスターをつける

投稿日:

・おもちゃ箱の下にキャスターをつける

子どもが自分で取り出して存分に遊び、自分で片づけることができる収納場所を考えることは、子どもの教育にとって大切なこと。子ども部屋を散らかす一番の原因は、なんといってもおもちゃ。しかも、部屋もきれいに片づく。そこでおすすめなのが、底の部分にキャスターのついた収納箱。押し入れ収納用のキャスター付き衣装箱やキャスター付きのカゴなどが最適だ。これにおもちゃを入れて押し入れや棚に収納する。遊ぶときは箱ごと引っばり出し、遊び終わったら中に入れておくようにすれば、部屋はいつもすっきり。底面が同じ大きさの箱などをいくつか積み重ね、一番下の箱だけにキャスターをつけてもいい。2段か3段ぐらいに分かれているものを選べば、全部のおもちゃを一つの大きな箱に入れておくより一つ一つが取り出しやすいし、大きなもの、小さなものなどと分けられるので、使いやすい。

小分けして整理する方法

引き出し式のケースをたくさん用意して、さまざまなものを小分けして収納する工夫をしよう。子どものおもちゃやグッズは、大きな箱や引き出しに一まとめにして入れてはダメ。子どもが欲しいものを探すときに、全部ひっくり返してしまう可能性があるからで、これでは片づけも大変だ。ゲーム関係、キャラクター系、プロック、おままごとグッズなどなど、すべて分類して引き出しに入れ、中身がすぐわかるようにシールなどを貼っておく。これなら出すのも簡単だから、片づけるのも楽。楽なら子どもだって自分で少しは片づけるようになるというわけだ。子ども自身が使いやすい部屋のインテリアを心掛けよう。

遊ぶ分だけ持ち運べるカゴを用意

おもちゃ箱とは別に、カゴを一つ用意しておこう。キャラクター人形だの、ミニカーだのと、小さな子どもが気に入るおもちゃは小さいものが多く、あっちにコロコロ、こっちにバラバラと散らばって、遊び終わったあとの片づけが大変だ。おもちゃ箱から遊びたいものだけを取り出し、そのカゴに入れて持ち運べるようにするのである。これならほかの部屋で遊ぶときも持ち運びが簡単だし、遊び終わったら、またカゴに入れておもちゃ箱へと運ぶ。この動作も遊びの一種として習慣づければ、子どもは楽しみながら片づけをするはずだ。

-DIY

執筆者:

関連記事

no image

風呂の蓋を固定する収納方法

・倒れやすい風呂のふたの固定法 クルクル丸めて立てておいても、バランスが悪く、何かの拍子にバタンと倒れてきたりしてびっくりすることも。入浴中にじゃまになるのが浴槽のフタ。そうならないように、フタを固定 …

no image

カーペットのシミ抜きをする方法

・しみをとる方法、しみをつけない方法を教えて下さい。カーペットにしみをつけてしまうと、なかなか落ちません。 汚したとき、なるべく早く手当てをするのが、なによりシミをつけないコツといっていいでしょう。汚 …

no image

カーテンの選び方のコツ

・カーテンはこう選ぶ 壁とまったく違う色にしてしまうと、かえってそこだけ目を引いてしまって、狭く感じてしまう。カーテン選びはなかなか難しいものだが、部屋を広く見せたいなら、壁の色に合わせるのが基本。ま …

no image

大工仕事を好きな女性にたくさん会ってきた

大工仕事を好きな女性にたくさん会ってきた、と語るある人。その中にはプロになろうとしている人や、実際その職につき、いきいきと働いている人もいるそうです。あるいは、仕事にしていなくても、家のあちこちを直し …

no image

ヒーター類のシーズンオフの活用方法

・ヒーター類のシーズンオフ利用法 一年中出しっぱなしにしているという家庭も案外多いのでは?ファンヒーターや大型石油ストーブなどは、冬のあいだは大活躍しても、シーズンオフの収納場所には困ってしまうものの …