雑学まとめ

当サイトでは、明日すぐに友達に話したくなるような、あらゆる情報を紹介しています。

DIY

奥行きのある本棚にしまうならここに注意

投稿日:

・奥行きのある本棚にしまうならここに注意

後ろの段を見るために前にある本をすべて取り出すのは面倒なので、結局、死蔵品と同じ状態になってしまう。奥行きのある本棚に前後に2段、ぎっしり本が収納されていると、前段には何が置いてあるかわかっても、その後ろにどんな本が置いてあったかわからない。もちろん、これではいけない。そんな状況は、ちょっとした工夫で解決できる。本を収納する際、後ろの段に背の高い本を置くのだ。本のサイズが同じ場合は、不要な本などを下において後段を高くするといい。そうするとその分だけ、後ろの本の背表紙が見える。すべてが見えなくても、上部が見えればだいたい本のタイトルもわかるので、後ろの本を取り出すときにも、前段はその部分の本を抜き出すだけですむ。こうしておけば、たとえば本を処分すると決めたときにもターゲットがすぐに取り出せて、捨てるべき本の選択にも手間がかからない。

できるだけ本を収納するには、こうする

すべてをサイズ別に並べれば見た目はきれいだが、これだと必要な本が見つけにくくなってしまうので、まずはテーマ別にする。作家別や出版社別といった分類方法がいい。たくさんの本をすっきり収納しておきたいなら、手当たりしだい本棚に並べるのではなく、まずテーマ別に分類し、そのうえでサイズ別に並べる方法もいい。そのうえでサイズをきちんとそろえておけば、見た目もかなりスッキリするし、高さに凹凸が少なければ少ないほど、掃除も楽になる。

書店でもらうカバーはどうするか

日に焼けて困るような大事な本ならいざ知らず、ふつうに読んだあと本棚に並べておくのであれば、カバーはさっさと捨ててタイトルが見えるようにしておくほうがずっと便利。書店で本を購入したときにつけてくれる紙のカバーを、後生大事にとっておくというのは賢明ではない。こういうものをとっておくのもダメだ。どうしてもカバーをかけておきたいのなら、カバーにタイトルを書いておこう。あるいは、買ってきたばかりでまだ読み始めていない本や、読みかけの本にだけカーをつけておく、というふうに分類してもいい。

-DIY

執筆者:

関連記事

no image

アルミサッシをきれいに保つコツ

・アルミサッシをキレイに保つには 溝にたまった頑固な汚れなどを取ろうと、サンドペーパーやスチールウールでこすると、あっという間にるので絶対に使わないこと。アルミサッシは腐食に強くてとても長持ちするが、 …

no image

保存食品の保存場所-利点の多い整理術

外国の家庭では、キッチンには必ず、それぞれの家庭に合った食品庫が設置されています。わたしが目にしただけでも、引き出しタイプ、家具タイプ、すき間収納タイプなど、さまざまなタイプの食品庫がありました。そう …

no image

ティーカップの賢いしまい方

・ティーカップの賢いしまい方 戸棚に食器をただ積み重ねていくだけでは、どうしても無駄な空間が残ってしまう。とくにカップ&ソーサーは重ねて積んでも数が入らず、収納に苦労するもの。天板のほうに自在 …

no image

銀座カラー予約はネットが安い|銀座カラー全身脱毛キャンペーン中

ある時、私の嫁が全身脱毛をしたいと言い出しました。嫁が、実際に全身脱毛を体験して、かなりよかったというサロンがあり、そのサロンが、「銀座カラー」で、日本全国に店舗を構える超有名店でした。 嫁が脱毛サロ …

no image

トイレットペーパーのスペアロール

トイレットペーパーのスペアのロールがきちんと清潔に用意されているところは、なんだか信用できるといっていいんじゃないか。そうはいっても、世の中には、トイレットペーパーのスペアロールを収納する容器はめった …