雑学まとめ

当サイトでは、明日すぐに友達に話したくなるような、あらゆる情報を紹介しています。

DIY

超使える!お盆の収納の賢いやり方

投稿日:

お盆を上手に収納するには、どうすればいいか。お盆は専用スペースを作って立てて収納すると、いつでもお盆を取り出しやすくすっきりしまえる。お盆や寿司桶などの平らで面積のあるものの収納は難しい。何枚かのお盆が重なったまま冷蔵庫の上にのっていたり、お盆は、まな板といっしょにシンクの下にしまい込んであるなどといった具合に、置き場所がなかなか決まらないのが実情だ。

お盆の収納のために、食器棚の横やシステムキッチンのちょっとしたデッドスペースを探してみよう。そこに立てるとお盆がすっきり納まるかもしない。布のフタがついているようなものなら、上から出し入れして、ポンとフタをしてしまえば、すっきりきれいにお盆を収納できる。また、いろいろなところに分散していたお盆と平らな桶などを集めると結構な量になるという場合は、布製の四角いランドリーバッグがおすすめ。こうやってお盆をうまく整理しよう。

・形の特殊な鋼類はどうする?

また、お盆の収納だけでなく、鍋類を上手に収納するコツもある。極端に形の違う鍋を選び出し、あらかじめ作った専用スペースに固定して置くようにすること。

システムキッチンの収納で、一番厄介なのが鍋類。鍋類は用途によって大きさも形もさまざまで、全部を重ねて一つのところに収納することは不可能だ。鍋をまとめて置くことにこだわらないこと。離れたシンク下のスペースなどでもいいので、フックなどをうまく利用して、ぴったり入る場所を作ろう。

お盆の収納だけではない

料理をしている最中に、置き場所がなくなってそこら辺に置いておくとカラン、コロンと音をたてて床に落とすことになってしまう鍋のフタ。この問題を解消するには、鍋のフタをシンク下に立てて入れられるような、専用のスペースを作ること。厚手の布で、ウォールポケット型の鍋プタラックを作ってみるのもいいアイデアだし、手ごろな紙の箱に仕切りを作って立てるようにしてもいい。お盆も整理できる。

シンクの扉の裏につける鍋ブタラックが売られているが、わざわざ買わなくても、クリーニング店でもらう針金ハンガーで作ることもできる。針金ハンガーの下の部分を手前に折り返して、フタがうまく納まるように工夫し、シンクの扉の裏に、フックをつけ、ハンガーをフックに引っかければよい。

お盆と、お鍋のふた整理には、こういったやり方でやってみるといいだろう。お盆や鍋のふたがきれいに整理できて、見た目にもスッキリとするだろう。

-DIY

執筆者:

関連記事

no image

すき間家具って両わきになにかないと自立できない家具みたい

縦長だから狭い場所だってへっちゃらです。「すき間家具」って、差別されてるようだし両わきになにかないと自立できない家具みたい。小さなころは、誰だってすき間が好きで、すっぽり収まる場所を、いつだって探して …

no image

外せない網戸の簡単手入れ方法

・外せない網戸のお手入れ法 スポンジを2個使えば、かなりきれいになる。網戸の掃除は、窓から外してザブザブと洗うのが一番。でも、外すのが大変だったり、水洗いするスペースがないなら、まずは掃除機で網戸の目 …

no image

人気アイテムは売るより委託しよう

・人気アイテムは売るより委託しよう 定番のものは確実に処分できるし、人気のラインだったら価格も高くなる。そんな確実に売れそうな手持ち品の処分なら、リサイクルショップに売ってしまうより、委託販売を依頼し …

no image

ペンキの種類は4種類あるが初級者には水性系が扱いやすい

ペンキには大きく分けて4種類あるが、初級者には水性系が扱いやすい。溶剂系涂料乾燥が早く、上品な仕上がりだが、シンナーを使うので危険。染料系塗料ー本部に染み込ませる塗料で、防腐・防カビなどが目的。ニスや …

no image

整理するのが面倒な人は思いきっていらないモノを捨ててみること

見直したり、整理したり、整頓したりする作業は、細かくて骨の折れることです。そんな作業をなぜ、あえでするのかといえば、それは暮らし=生き方の見直しをするためにほかなりません。長い年月のあいだには、暮らし …