雑学まとめ

当サイトでは、明日すぐに友達に話したくなるような、あらゆる情報を紹介しています。

自動車

オープンカーの中古は慎重にチェックしないと危険

投稿日:2014年11月1日 更新日:

ほろキャンバストップのついたオープンカーを中古で買うときには、リアウインドウがビニールになっている場合はとくに、汚れて見えづらくなっていないか、じっさいにシートに座ってみて状態を確認し、内側のフレームやファスナーなどの金属部分が錆びていないかまでよくチェックする。

じつは、あのキャンバストップは想像以上に高価なもの。ひと目見て、破れやほつれがあったり、いまにも破れそうになっているときには、いさぎよく購入をあきらめるか、交換してくれたら購入すると、はっきりいったほうがいい。

慎重すぎるくらい慎重になるぐらいで、ちようどいい。買ったあとで自分で修理にもちこむと、まるまる交換で何十万円もかかるというケースもある。

車体の下もチェック

室内のマットをどけると、その下がひどく汚れていたり、ダッシュボードまわりが傷んでいたりする車も、オフロードを攻めていた証拠である。クロスカントリー用の大型4WD車を中古で買う場合は、一般車を買うときよりもさらに注意が必要だ。

ろくに確認せずに買うと、ボディの下が傷だらけだったり、アンダーガードが歪んでいたり、サイドステップがへこんでいたりする場合があるのだ。いうまでもなくオフロードは当然凸凹が多いので、いくら車高の高い4WDとぃえども、ボディの下を傷めてしまうことになる。

購入するときは、ボディの下やアンダーガード、サイドステップなどを細かく調べよう。このようにオフロードをガンガン攻めていた車は、購入を見合わせたほうが無難。きっちりチェックしよう。

車の買取査定を上げる色々なポイント

レア車の注目点

外国ではメカの耐久性にこだわっても、車体には配慮が足りないと日本人には感じられるケースがある。クラシックなレア車になんとしても乗ってみたいというような、個人の好みがはっきりしてくるのだ。

車に乗りつづけていると、はじめは足の利便性だけのつもりであったのが、趣味性が芽生え、人と差別化することが楽しみになってくる。そんな人が、イタリアやフランス生まれなどの車を欲しくなったら、10年以上前の中古車には注意が必要だ。ボディに防錆化塗装がされていないものが多く、屋根なしガレージに置かれていたりすると車体はボロボロになったりするからだ。その点、錆びていないものなら大きなメリットである。

-自動車

執筆者:

関連記事

no image

滅多に出ない中古車の掘り出し物を見つけ出す方法

中古車市場に存在するのは、程度がよくて高いクルマか、程度が悪くて安いクルマの2種類が基本。なかなか掘り出しものに出会えないけど、見つける方法はある。これに、程度は悪い&価格も高い、という頭にく …

no image

国産車メーカーが海外に比べて個性がないといわれる理由

国産車には個性がない、という人もまた多い。とくに評論家と称される人の中には、ことあるごとにそれを口にする人がいる。しかし、国産車にだってそれぞれに個性はある。いや、あった、というべきか。 歴代カローラ …

no image

日産や三菱などの浮き沈みの大きさ

日産はまだ数多くの問題を抱えながらも、ゴーン氏の手腕などによりでV字回復を見せていました。ただし、業績の伸びばかりが報道されている反面、債務は巨額で、本格的な回復までにはまだ数年はかかるでしょう。高額 …

no image

車選びのポイントを誰にでもわかりやすく解説

皆さんは、車選びの基準を持っておられますか?車を選ぶ際、マニアックに車で遊んでいるのか、生活必需品として乗りこなしているのかなど、自分を大きく印象づける結果となることを承知で、車選びをしなければいけな …

no image

キャンピングカーは海外よりも純国産を選んだほうがいい

乗用車でも左ハンドルが多いように、外車は母国の交通事情や法規制にあわせて造られている。このため、そのままの仕様では使いづらくてしょうがない。純国産車が存在しない以上、キャンピングカーを購入するなら必然 …