雑学まとめ

当サイトでは、明日すぐに友達に話したくなるような、あらゆる情報を紹介しています。

医療

オーダリングシステムを取り入れた病院の努力だが・・

投稿日:2014年11月21日 更新日:

医者個人の情報、つまり卒業大学、持っている専門医資格、研修をした病院、研究、医療に関する考えなどを患者が知ることができれば、必ずしも大学病院であればいいという考えは変わってくるだろうという意見もある。大学病院の外来の混雑というのは、日本的医療の象徴である。

大学病院は医療の質の向上を実現しなければいけない社会的責任があるのに、それにはあまりに不十分な現状のようだ。医療へのアクセスをよくし、外来診療を中心に行なうようにされてきたのだ。当然の結果といえば当然である。しかし、日本の医療がここまで充足され、長寿という目的を達成した今日、医療の目的を変えていく必要がある。

大学病院が混雑する理由はただ一つである。患者が多すぎるのだ。そこを改善しない限り本質的な改善にはつながらない。専門医療を行なうべき大学病院へ、風邪や頭痛といった病気で外来にかかる患者が多いことも外来が混みあう原因になる。さらに優性疾患で高血圧、軽い糖尿病、高脂血症といった、薬剤を一種類だけ飲んでいて、検査も半年に一回でいいような患者も外来に現れる。

オーダリングシステム

大学病院ではオーダリングシステムという、コンピューターを使った処方箋発行、横査予約などが行なわれ、事務手続きを短縮するような努力がされている。オーダリングシステムを使っても、診療時間の短縮にはならないので、待合室で待つ時間には変わりがないらしい。ようやく患者へのサービスの改善が必要であると、経営者も認識し始めたようだが、あまりにも遅い対応であるという意見は多い。オーダリングシステムはいかにも患者側に立つたシステムのように見えるが、実は医療事務でのミスを防ぐ意味のほうが大きいのかもしれないという。

とくに郊外に作ら新設医大の附属病院では地域の総合病院としての意味もあり、その割合はかなり高い。半数以上は少なくとも大学病院へ通院する必要のない患者である。それでも外来に通うのは、地域の開業医への不信感と、大学病院への過剰な期待が原因だ。

大学病院が一番進んでいる医療を行なって、腕のいい医者がいるだろうという過剰な期待が、混雑の大きな理由だろう。それを作っている要因の一つは、大学病院の医療内容が公開されないことだ。

-医療

執筆者:

関連記事

no image

良い歯医者の具体的な見つけ方を紹介

歯科医院はそれこそ軒を連ねるほどありますが、歯科医の専門にもいろいろな分野があります。××歯科という看板だけではわからない、得意分野がそれぞれあります。歯が痛いとか歯がしみるといった理由以外で歯科に行 …

no image

小児科医の減少の理由-仕事がきついので辞めたい人が多い

今、小児科がどんどん消えています。小児科医の全体数は増えています。それなのに小児科が減るといいます。これには理由があります。 問題なのは救急指定病院でも小児科切り捨てが増えていることです。他の医療機関 …

no image

嫌な患者-こんな患者はお断りという医者の本音

こんな患者はお断り・神経科 ラクなのは軽いうつ病の患者である。典型的な精神分裂病と同様に薬にすぐ反応し、症状もある程度収まるからだ。しかしうつ病も重くなると自殺の危険性があるので目が離せなくなる。境界 …

no image

インフルエンザスプリットワクチンの効果

本物のウイルスに感染したときに、その増殖を抑えて重症化を防ぐことができるように、ワクチンによって人為的に体に抗体をつくらせます。 インフルエンザスプリットワクチンは、インフルエンザにかかったときの重症 …

no image

医師国家試験の合格率は何と90パーセントらしい

医師国家試験は内科、外科、産婦人科、小児科、公衆衛生学の必修科目と、年によって二科目の選択科目が加わり、八四年までは年に二回、春と秋に行われてきた。年一回になったのは八五年からで、不合格者の救済の意味 …