雑学まとめ

当サイトでは、明日すぐに友達に話したくなるような、あらゆる情報を紹介しています。

アウトドア

布おむつの使い方やハイク時の色々な実践法

投稿日:

赤ちゃんとハイキングに出かけた場合、取り替え作業の前に清潔なおむつ一枚をその敷物の上に重ねて、排池物による汚れを防ごう。バックカントリー用には小さなフォームパッドがあると便利。地面が柔らかくて乾いていれば、ジャケット等でも代用がきく。天気が悪ければ車内でやるが、この場合シフトレバーを柔らかい布などで包み、シート間のギャップを埋める。クルマのシートを汚さないよう注意。クルマでの移動時には、ボンネットの上でも作業ができる。

おしりふきで、まず赤ちゃんの性器、次におしりをきれいにする。途中ですすぐ必要があるが、布に直接水を注ぐのが一番手間いらず。このとき、汚れた布が水ボトルの日に当たらないように注意する。野外でおむつ交換するときは、大人の体で日陰を作り、直射日光が赤ちゃんの目に入らないようにする。でないと不機嫌になっててこずること受け合いだ。雨降りなら大木の下や傘を利用する。1人で全部やる場合、これが少々難しい。汚れた布は、汚れおむつと一緒に袋の中に放り込む。

濡れてしまったら夜中でも取り替える

就寝時はとくに、おむつを何枚か重ね、濡れてしまったら夜中でも取り替える。大気と陽光はおむつかぶれの救世主だ。気候がよければ休憩中やキャンプでは、排池直後からしばらくおむつを外しておくようにもする。家に比べれば衛生レべルはどうしても落ちるから、おむつかぶれで子ども達が辛い思いをしないれど幸い4日以上続くかぶれは起こらず、その間ふんだんにおむつを取り替えておしりを濡らさないよう奮闘だ。

この後クリームやローションでケアしておくと、早ければ次のおむつ交換までにきれいに直っている。とはいえクリームを無制限に持っていくわけにもいかないので、ベストなものを賢く選ばう。布おむつのすすぎには配慮がいる。これは、混んでいないときにサービスエリアのトイレなどでやるとよい。布おむつならクルマの移動中にもコインランドリーを利用できるが、事前にすすいでおく必要があるのだ。ため込まないで毎日コツコツやろう。大きめのすすぎ専用バケツを持参するのもよい。

-アウトドア

執筆者:

関連記事

no image

スターウォッチング入門ツアーに-双眼鏡を持って出かけよう

スターウォッチングしよう。天体観測はあなたに大きな感動をあたえるだろう。あなたも二二〇万光年かなたの大銀河、アンドロメダ大星雲を肉眼で見ることができる。双眼鏡や天体望遠鏡がなくてもかまわない。 持って …

no image

息苦しくなったらます吐くようにしましょう

・息苦しくなったら、ます吐くべし 奥多摩の人気コース高水三山では、最寄りの軍畑駅に登山者・ハイカーたちが降り立つと、準備体操もせずに山頂を目指して歩き始めます。鎖を外された猟犬みたいに、街のスピードで …

no image

バックパッキングの入門から本格的な挑戦に乗り出した家族

ある家族の話。その年、ボブとエイドリアンは、似たような1泊行に8回出かけた。途中で夜型から朝型に変更、目覚ましを朝5時にセットする。少し本格的なバックパッキングに乗り出す。1泊2日で、1日6キロ。延々 …

no image

子供にアウトドア体験をさせるには?

子どもがアウトドアを愛し、健康でいるためには、日ごろからウォーキングを習慣づける。駐車場から店までの距離しか歩かないような生活をしていると(しかも往々にして店の入口に一番近い所に駐車スペースを選びがち …

no image

カヌーで赤ちゃんを乗せるのは難しい

カヌーで赤ちゃんを乗せるのは難しい。 カヌーにはカヌーなりの不便もあって、小さな子どもにはイライラしてしまうこともある。そういうわけで、ルイストン家のカヌーは5時間以内のデイトリップどまりで、子ども達 …