雑学まとめ

当サイトでは、明日すぐに友達に話したくなるような、あらゆる情報を紹介しています。

DIY

捨てづらいぬいぐるみの保管方法

投稿日:

・捨てづらいぬいぐるみの保管方法

大きなビニールに入れて天袋に置いたり押し入れの隅に押し込んだり、しまい場所がなく苦労している人は多いだろう。おもちゃと同様に、ぬいぐるみもいったん買ってしまうと、愛着が出て簡単に捨てることができなくなってしまう。処分できればいいのだが、それが友人やおじいちゃん、おばあちゃんからのプレゼントだったりすると、なかなか捨てられないもの。そういう人のためのおもしろい保管方法が吊るす収納だ。日曜大工用品店などでプラスチック製のチェーンを買い、ぬいぐるみコーナーにすると決めた壁面に何段かに分けてチェーンを取りつける。そのチェーンに洗濯ばさみをつければ、ぬいぐるみホルダーのでき上がり。その洗濯ばさみを、ぬいぐるみについているタグや洋服にかけて、壁面全体を使った見せる収納の完成だ。

べッドの上の空間に目をつけよう

吊るして収納する方法は、壁面があいていないとできない。サイズも形も色もェざまなぬいぐるみは、保管がもっとも厄介な子供用品。そこで、ほかの空間を探すことになる。たとえば、ベッド上の天井との間の空間。ここにハンモックを吊るし、何もないところに収納場所をつくってしまおう。あまり高いと子供の手が届かないし、低すぎれば動きの邪魔になるから、吊るす位置は工夫しないといけない。

片づけ上手はおもちゃの箱をこうエ夫する

ふだん、きちんと箱に入れてしまうしっけができている場合は、パッキングだらけのかさばる箱は捨てて、詰めて入れれば小さく収まるびったりサイズの箱に入れ替えてみよう。合体ロボットやヒーローものの凝ったおもちやは、パッキングにかなりの場所をとっているために、買ったときの箱はかなり大きく、それだけで場所をとる。こんな場所ふさぎのものをとっておいてはいけない。そのとき、付属の説明書があるならそれも一緒に入れておき、さらに、もとの箱の表面を切り取って、箱に貼りつけておけば、ひと目で何のおもちゃかわかる。箱に遊び方の説明などが書かれているようなら、その部分も切り取って貼りつけておけばよい。

-DIY

執筆者:

関連記事

no image

布団をきっちり方形のまま収納するコツ

・布団をきっちり方形のまま収納する きっちり方形を保っていてくれれば、もっと収納できるのにと誰もが思う。季節の変わり目に布団をしまうとき、たたんで押し入れのサイズに合わせたとしても、形が崩れたり滑った …

no image

即席!靴袋のハンカチなどを使った作り方

・ハンカチやストッキングを靴袋に 袋なら箱ほどかさばらないし、収納場所も少なくて済む。季節が変わって靴を保管するという場合、専用の靴袋に入れておけば、箱に入れなくてもきれいに保存できる。靴袋に最適なの …

no image

あなたが自分に合った物とのつき合い方を知るためのポイント

人の暮らしは、年齢を重ねるとともに変化していくものです。たとえば、青年期には経済力も知識も乏しいけれど、健康や体力には不安がありません。家庭をもつ壮年期には、経済力、気力、体力、知識ともに充実。中高年 …

no image

洗濯物を取り込む便利な方法

・洗濯物の便利な取り込み方 たたむのを楽にする方法を紹介しよう。洗濯は嫌いじゃないし、干すのも気持ちよくて好きだが、たたむのが面倒で嫌いという人は結構多い。まず、洗濯物を取り入れる段階で、最初に夫のも …

no image

写真の供養の方法色々

用がないとは分かっていても、どうしても手紙や写真に気持ちが残り、始末ができないという人は、意外と多いかもしれません。わたしの場合、供養まではしませんが、お清めの塩で別れています。供養は、あくまでも自分 …