雑学まとめ

当サイトでは、明日すぐに友達に話したくなるような、あらゆる情報を紹介しています。

医療

脳死移植とそのメリットについて

投稿日:2015年10月21日 更新日:

脳死移植とそのメリットなどについて考えていこう。

先進医療であれば法を犯してもいいのかという問題がある。人の生命にかかわることだから、脳死が立法化される前に、医者だけの独断でやるべきこととは思えない。

しかし、同時移植の執刀医グループは、別の提案をこの患者さんにする。もともと腎不全になったのは糖尿病によるものなのだから、ついでに購臓も替えて糖尿病を治せばどうかという提案を医師たちは行った。結果的に日本初の藤賢同時移植が行われるのだが、結果は悲惨なものだった。

移植を受けた側の人。その患者さんは糖尿病による腎不全の患者さんで、透析を受けて三年になる人だった。その人が、人工透析を受けて四年生きられる可能性は二〇%もないと説明されて移植を受けることになるのだが、たしかに仮に脳死判定が法で認められていなかったとしても、それは人助けであるし、諸外国が脳死を認めているのだからという言い訳はないわけではない。

実際はそれは最初の年から数えての話で、三年生きた人については四年生きられる可能性は八九%もあったのだが。

法に触れてまで脳死移植を敢行したのに

実質的な脳死移植の執刀医は、コロラド大学移植外科に肝臓の移植を勉強するために留学したのだが、腎臓の移植はやったことがなかったという。以前、医大でやったことのない腹腔鏡手術を失敗した医者たちが業務上過失致死で訴えられたが、このケースだってそれと大して変わらない、とある専門家は語っている。

いずれにせよ、法に触れてまで脳死移植を敢行したのに、患者さんのメリットになるどころか、その患者さんの社会的生命を奪い、また命まで一年で奪ってしまった。

腎臓はまともにつながらず、糖尿病はよけいに悪くなり、(一説によると、ちゃんとつながっているかどうかを確かめるためにわざとインスリンの注射を行わなかったためとされるが)患者さんは失明してしまう。

その後も、つなげた勝臓が炎症を起こし、それまでは人工透析を受け、インスリンの注射をしながらまともな社会生活が送れていたのに、ずっと入院生活になり、約一年でその患者さんは死亡することになる。死因は購臓の縫合不全とそれにまつわる炎症だったという。

脳死移植とそのメリットについて、皆さんはどうお感じになられるだろうか。

-医療

執筆者:

関連記事

no image

ITの次にくるのはBT(バイオテクノロジー)だといわれている

日本の教育は、カリキュラムが一貫したプログラムになっていない。次の二年間が、臨床といわれる、いわゆる実用的な医学を学ぶ。内科や外科、精神科、産婦人科などである。国家試験の問題はここから出されるから、当 …

no image

必見!今の医療現場に嫌気がさした時に転職を考えるならこれ!

医師が転職を考える場合、自分で転職のために動くのはかなり大変です。ツテはある方なら何とかなるかもしれませんが、1から探していくとなると、求人誌を見たり、病院のホームページを見て調べたりと、かなり時間が …

no image

「白い巨塔」のドラマそのままに繰り広げられる派閥争い

大学病院の系列化は、文部省などが中心となって中央に優秀な人材が集まり、地方の病院に優秀でない人材が集中するのを防ぐためにはじめられた。教授は意のままに医局員を動かし、意に沿わぬ者はさっさとクビを切って …

no image

インフルエンザ感染で発熱するのはなぜか

インフルエンザの代表的な症状に発熱があります。ウイルスの感染時に生体を守るために発熱します。ウイルスが、体温を上げようと働いているわけではありません。 インフルエンザウイルスに感染するとなぜ熱が出るの …

no image

臨床に即した研究調査機関を大学病院のなかに設置すべき

新薬開発の臨床試験、既存の薬の臨床効果判定、新しい手術方法の是非、そういった臨床に即した研究調査機関を大学病院のなかに設置すべきだろう。最先端の医学研究は、むしろ独立した研究機関で行なうべきで、医師が …