雑学まとめ

当サイトでは、明日すぐに友達に話したくなるような、あらゆる情報を紹介しています。

医療

脳死は人の死という問題点から

投稿日:2015年10月14日 更新日:

脳死が生じるのは、これまで健康だった人が脳卒中や交通事故に遭うというときがほとんどである。他人の不幸を待って自分が助かることを考える(人間だれしもそう考えたくないが、自分が移植でないと助からないと思っている人にとっては、そのくらい切実な問題なのである)医療であることは事実と言わざるをえない。これは、きれいごとだけでは済まされないことである。

アメリカでは、臓器を提供する側にやむにやまれぬ事情があることは少なくない。アメリカの救急医療費は高い。人工呼吸器などをつければ一日で何十万円も飛んでいくことになってしまう。ところが脳死になって臓器を提供すれば、その分の医療費を移植を受ける側が提供することになるのである。

「脳死は人の死なのだから、人を助けるために臓器が使えるのなら、使うほうが人道的だ」という考え方が当時は主流だった。しかし、救急現場の医者たちや家族がそうそう納得できないから、成立してから心臓移植については、年間一〇人以上行われたことがないという。これは驚きである。

脳死判定が救急の現場で行われづらい

アメリカでは年間二〇〇〇例以上の心臓移植が行われていることを考えると、いかに日本では脳死判定が救急の現場で行われづらく、また臓器の提供に抵抗があるかがわかる。ただ、これは日本人が脳死移植に理解がないというだけの問題ではないだろう。

アメリカの心臓移植が高い理由は、きれいことばかりではない。結局、体のよい臓器売買と言えないわけではない。脳死法案が一九九七年死が判定されず、たとえ、現場のスタッフや遺族は、犠牲を払っているのである。これは、分かっておかなければいけにだろう。

生体腎移植にしても、健康な人が身内を助けるために二つある腎臓のうちの一つを差し上げる行為だ。生体肝移植についても、健康な人が自分の肝臓の一部を差し上げる行為である。もちろん肝臓にしても腎臓にしても、提供した側が死亡することは滅多にないし、その後もおおむね健康に生活できる。

ただ、腎臓の場合、たとえば腎臓のがんになった際に予備が一個ないというのは、本人にとっては大変なことであり、かなり不安なことではあるだろう。

-医療

執筆者:

関連記事

no image

日本の医者は腕がよくなることにきわめて動機づけが乏しい

日本の医者は、腕がよくなることにきわめて動機づけが乏しいという問題がある。日本の場合、臨床の腕のよしあしより、論文の数(ある程度は量より質も加味されるが)で教授が決まる傾向にある。大学で出世したければ …

no image

自分とは何なのかと問いに答えは見出せない

青年期には自分とは何なのかと問い直し、思い悩んだりする。しかし、そこに答えはない。答えを見出せないまま、大人になり、毎日の忙しい仕事の中で、自分とは何なのかと問いすら考えなくなっていく。 子供が大人に …

no image

医師の就職先が見つからなくなる次代が来るかもしれないという予測

医者が過剰になった場合、医学部希望者の減少がはっきり出てくるだろう。大学病院に残って医療を続けている理由の一つに、時間が自由になるということがある。研究が好きで残るというより、医療をやりながらも、経営 …

no image

若い看護師に悩むベテラン婦長の不満

Wさんは46歳のベテラン看護婦。婦長より6歳も年長だが、ウマが合い、なにかと婦長を立ててくれる。婦長がナースセンターに顔を出したとたん、夜勤明けのWさんがいかにも困ったという顔で呼びかけた。婦長、なん …

no image

嫌な患者-こんな患者はお断りという医者の本音

こんな患者はお断り・神経科 ラクなのは軽いうつ病の患者である。典型的な精神分裂病と同様に薬にすぐ反応し、症状もある程度収まるからだ。しかしうつ病も重くなると自殺の危険性があるので目が離せなくなる。境界 …