雑学まとめ

当サイトでは、明日すぐに友達に話したくなるような、あらゆる情報を紹介しています。

環境問題

遠い国から農産物を輸送することはけっして好ましい方法ではありません

投稿日:

ある農協では、首都圏コープへの販売において、輸入野菜の増加による価格引き下げ要請は今のところないといいます。産直の減農薬・減化学肥料野菜は、輸入野菜とはことなる農産物であることに生協が自信を持っているのでしょう。

土づくりについては、一〇アールあたり三トンの堆肥の使用を義務としています。その堆肥は、地区内の肉用牛の糞尿、菌類生産農家からのおがくず、稲作農家のもみがら、生協のセンターから出る野菜くず、これらを原料として熟成・堆肥化したものがもちいられています。ここでは循環型農業が行われている。

野菜を買う側の会員からは、生協の野菜は高いという不満がよく聞かれます。それに対して、生協は、減農薬、減化学肥料の野菜の意義について説明した文書を会員に配り、理解を求めています。ポストハーベスト農薬をたくさんかけて、遠い国から農産物を輸送することは、けっして好ましい方法ではありません。

日本は軍備に関してはアメリカの傘の下にいます

日本は軍備に関してはアメリカの傘の下にいます。今の世界情勢では、安全保障に代わる痛みを私たちは背負わなければならないでしょう。けれども、憲法第九条は日本の誇りです。私たちは戦争をしません。軍隊を持ちません。

食べ物は、自分の土地で、旬のときに採れたものをいただくのが原則であると思います。一年中、世界中の食べ物を食べられるという社会は異常ではないでしょうか。そのために、私たちはどれだけ多くのエネルギーをむだにしていることでしょう。一番身近な環境である土壌と食生活をぜひとも改善したいものです。近くで収穫された旬の物の美味しさを子どもたちに教えてあげましょう。

アメリカが何かの見返りを求めるのは当然かもしれません。でも、見返りが食べ物であるということは絶対にあってはならない。いったん下げてしまった食糧の自給率を上げることは並大抵のことではありません。けれどもおなじ山国、島国であるスイスとイギリスでは、一時下がってしまった食糧自給率をそれぞれ六一パーセント、七四パーセントほどに上げることに成功しています。

-環境問題

執筆者:

関連記事

no image

人口爆発がなぜ起こったのか-典型的なドラマ

人口爆発の典型的なドラマは、コロンブスがやってきた時に始まった。先住民はこれまでは一人ひとり小さな土地を耕していたが、やがて才覚のある人が土地を集約し、土地を所有する人と小作人、つまり階級が発生する。 …

no image

地球温暖化により海面上昇が起こる可能性

温暖化で危機に陥るのは日本です。また、環境庁の発表では「六五センチの海面上昇により日本中の砂浜の八割が海中に没する」とのことです。海面上昇により海を埋め立てて造った空港や、人工島などは使用できなくなり …

no image

世界を一つにする構想

私たちが今やろうとしていることは、とても難しいことです。でも、誰かが始めなければ始まりません。だから私はこの仕事を始めたのです、と語るある人。この非常に困難な仕事に挑戦したのです。この社会は今のままで …

no image

ゼロエミッションとは廃棄物ゼロという意味

ゼロエミッションとは、文字通り訳せば「廃棄物ゼロ」という意味です。この言葉が公式に世界に向け発信されたのは、九五年四月に国連大学で開かれた第一回ゼロエミッション世界会議の席上。国連大学のイニシアチブで …

no image

ウランから出る放射線作用

ウランから出る放射線は、黒い紙で覆われた写真の乾板を感光させるほかに、蛍光物質を光らせたりすることがわかりました。このような放射線を出す作用を放射能と呼んでいます。 一八九六年にベックレル(フランスの …