雑学まとめ

当サイトでは、明日すぐに友達に話したくなるような、あらゆる情報を紹介しています。

心理学

脳の特定部位における血流

投稿日:

fMRI装置が撮影したのは、脳の特定部位における血流だけだ。しかし専門家ならどの神経が脳のどの部位に接続されているかを知っているので、脳の特定の部位が活性化すると同時に輝きはじめれば、活性化された脳内化学物質を推測することができる。

脳の特定領域を接続する神経ネットワークを生みだし、わたしたちの思考、記憶、感覚、感情、そして動機をつかさどっている。科学者たちは、神経と脳の領域とを結びつけるこのネットワークのことを、「回路」、「システム」、あるいは「モジュール」とよんでいる。

恋に落ちた被験者を調べた結果、脳の数多くの領域が活性化されていることがわかった。しかし、恋に落ちるというこのうえなくすばらしい体験ととくに深くかかわっているのは、ふたつの部位のようだった。

脳のスキャン画像から

脳のスキャン画像から、被験者が愛する人の写真をながめているとき、尾状核の胴体部分の一部と先っぽの部分がとりわけ活性化されていることが驚きの結果。科学者たちは、この脳の部位がからだの動きをつかさどることはずっと前から知っていたが、この巨大エンジンが脳の「報酬システム」の一部であることに気づいたのは、近年のことだった。

恋する脳は「獲得せよ」の大号令を出していたおそらくこの実験のいちばんの収穫は、尾状核の活動が判明したことだろう。C型をした大きな部位で、脳の中心あたりに位置している。原始的な部位で、爬虫類の脳Rコンプレックスとよばれる部位の一部。なぜそうよばれるのかといえば、この部分は六五万年ほど前に哺乳類が増殖するよりはるか昔から進化していたから。

脳の報酬システムとは、報酬を手に入れるための、一般的な覚醒、よろこびの感覚、そして動機をつかさどる心のネットワークだが、報酬を感知、認識、識別し、特定の報酬を好み、予期し、期待する手助けをしてくれるということだ。報酬を手に入れるための動機を生みだし、報酬獲得に向けた特定の活動を計画する。なにかに注目したり、なにかを学んだりする活動とも関係している。

-心理学

執筆者:

関連記事

no image

アウストラロピテクス属の祖先たちが求愛する際

恋を語り合う言葉が生まれたシェークスピア著、あらしのなかで、ミランダがさまよい歩く人類のすばらしい新世界は、どうやら二万年ほど前にはじまったらしい。その時期、新人類が現在のケニアとタンザニアあたりの広 …

no image

ちょっと警戒を感じたがよく考えれば

ちょっと警戒を感じたが、よく考えれば、もし彼が家庭を投げだすくらいC子にほれてくれたら、それこそ思うつぼではないか。「やっぱりまだ時々、昔の人に初めて会うとわからなかったりするんですよ」と妻がいう。 …

no image

テストステロンが欲望の中心的役割を演じている

欲望の中心的役割を演じているのは、テストステロンである。そして思考する脳がこの原始的な学物質にどっぷりつかってしまうこともある。詩人のトニー・ホーグランドが性欲についてこんなことをいっている。「そこに …

no image

母親の手を自分の手であるかのように錯覚していた子ども

母親の手を、あたかも自分の手であるかのように錯覚していたという子どもの報告があります。また自分の身のまわりにあるオモチャを、自分の身体の一部として感じていたという例も報告されています。こうして未分化の …

no image

引きこもりの子ども

私に対して、彼ははじめのうちは、目を伏せたままぼつりぼつり語るだけでしたが、何度か通って相談を続けるうちに、彼はいつしか、夢想にふけったように、込んで独自をするようになりました、というあるカウンセラー …