雑学まとめ

当サイトでは、明日すぐに友達に話したくなるような、あらゆる情報を紹介しています。

アウトドア

登り優先が登山のルールだと誰が決めたの?

投稿日:

・登り優先は絶対的なルールではない

狭い山道で、登る人と下る人とがすれ違うときは、登り優先とされています。と書くと、登り優先がルールかのように思われるかも知れませんが、それはルールだとは思っていません。あくまでも、山が好きな者同士の思いやりだと思っています。ただ、ルールであると信じ込んでいるのか、登り優先を押し付けてくる方がいます。こういう例もあります。会社勤めのある登山家が、鹿児島への出張をうまく利用して登った。彼が山頂から下って行くと、30人を超えるグループが登ってきたそうです。

先頭の人に、一人なので先に下らせてもらえませんかと声を掛けたら、登り優先ですとにべもなく断られ、30人が登って行くのを待たされたというのです。ある登山家が、登山教室で、北アルプスのキレット小屋から鹿島槍ヶ岳に向かっていたときのこと。下ってくるパーティーが10メートルくらい上で立ち止まり、その先頭の男性が、避けてやったから登ってこいと言わんばかりに腕組みをしちやっていました。言い合っても無駄なので、先に登らせていただきましたが。

メンバーのストレスが大きいので

煙たがれるように登っては、メンバーのストレスが大きいので、ぼくとしてはこちらが道を譲り、彼らをやり過ごしたかったのです。その彼にぼくらが避けますから、下って来て下さいと言うと、山は、登り優先だと、そんなことも知らんのかというような態度でしたという。山が好きな者同士の気持ちが触れ合う瞬間、山に登っていて良かったなあという、ほのぼのとした気分にさせてくれます。息を切らして登っていると、どうぞ、登り優先ですと下ってくる人が脇に避けて道を譲ってくれます。

ありがとうございますとお礼を言って、足早に登って行こうとすると、どうぞ、ごゆっくりとお気遣いの声が掛かります。登り優先なんてルール、誰が決めたんでしょうか。お互いの思いやりの気持ちが大切なのであって、登りと下りのどちらが優先かは、ケースバイケースが正解だと思います。

-アウトドア

執筆者:

関連記事

no image

山では気象の知識を得た上でさらに山での経験が重要になる

気象の知識を得た上で、さらに山での経験が重要になる。だから日帰り登山によって苦い経験を積むことは無駄ではない。気象による深刻な遭難を避けることができるし、そうすることで快適なウォーキングを約束できるか …

no image

胎児にエクササイズ運動はどう影響するのか?

母体の活動に対し、胎児心音がどう変化するかを研究した結果がある。自転車エルゴメーターでのエクササイズ中に、超音波で胎児心音をモニターしたものだ。エクササイズは、母体にはいろいろよいことがあるが、胎児に …

no image

山歩きでなによりも優先すべきこと

何よりも優先すべきことがあります。それは安全な所で休むということです。この原則を守っていないパーティーが意外に多いのです。コースをよく知っている人がいれば休憩によいポイントにあわせ、数分程度ずらすのは …

no image

ロングトレイル、ハイキングに子どもと一緒に行くのなら

ハイクではまず様子を見てみよう。小さな子でもこれくらいの距離なら大丈夫だ。いざというときにはキャリアのお世話になる。トレイルのコンディションは、計画の前に調べておこう。また雷が多発する時期や地域では、 …

no image

テントで寝るときの儀式はもせいぜい7歳まで

ある家では、キャンプでのおやすみの儀式もせいぜい7歳まで。それでも本の朗読は変わらず続いている。夜ふかしで困ったことは一度もないそうだ。子ども達が少し大きくなると、夜のテント内にはまるで家にいるような …