雑学まとめ

当サイトでは、明日すぐに友達に話したくなるような、あらゆる情報を紹介しています。

ファッション

似たような服ばかりひしめき合っているクローゼット

投稿日:

ファッション・ヴィクティムのクロゼットには、本質的によく似たものばかりひしめき合っているようなところがある。まるで漫画のキャラクターのクロゼットみたいだ。黒のパンツもたくさんある。幅広、細身、フィット、バギー、フラット・フロント、ジッパー、ボタン・フライ、プリーツ、ウール、ストレッチ、レーヨン、リネン。元フィリピン大統領夫人イメルダ・マルコスがかって靴を三〇〇〇足持ってるなんて嘘だ。

一〇六〇足よと弁明したのは有名な話だが、きっと巨大なクロゼットには似たようなスタイルのものがぶら下がっていたはずだ。スニーカーだって何足もある。ランニング用、ウォーキング用、買い物用、お出かけ用、ジーンズ用、ショート・パンツ用。ファッション・ヴィクティムは、全く同じではないが、一体どこが違うのかわからないくらい似通ったアィテムをたくさん持っている。バラエティがあるということは、一本一本について言えば、あまり頻繁には究かないということだ。

本当にそれほどの違いがあるんだろうか

アメリカ人はブルー・ジーンズを平均七本持っているそうだ。もちろん、カットも色もそれぞれなのだろうが、その七本、本当にそれほどの違いがあるんだろうか。ファッション・ヴィクティムはみんなこういう思考をしていて、結果的にウォーク・イン・クロゼットふたつ分の服を溜め込んでおきながら、まだ足りないと思ってしまう。だから買い続ける。

往々にして、実は同じような服ばかり持っていることには気づきもせずに。オーガナイジング・プロジェクトが終わる頃には、黒のスラックスを五本も持っていることに気づいてびっくり仰天する。ファッション・ヴィクティムは、ワードロープにはバラエティが必要だと思い込んでしまっている。だが、ネズミのように服を溜め込み、アパレル保管人となり、ただ余分な服を集めるためだけに余分なを集め、似たようなものを持っているのに新しいジャケットが必要だと思い込んでしまうそれが、フッション・ヴィクティムの性というものなのだ。

-ファッション

執筆者:

関連記事

no image

ファッションにこだわりすぎた人々の姿

シャネル・スーツを着込み、ペットのトイ・プードルをルイ・ヴイトンのキャリー・バッグで持ち運ぶ上品なご婦人だって、全身をドルチェ&ガッバーナに包み、アンクル・ソックスと白いパンプスを履いた日本 …

no image

スニーカー履きで足が痛い

まるまる二時間も歩いた頃には、スニーカー履きの私ですら少し足が痛かった。多分、マイラは街で一番丈夫な足裏の持ち主だったのだろう。あるいは、慣れてしまって足の不快感にも耐えられるようになっていたのかもし …

no image

レザー生地-うまく使えば地味派手な女になれる

・レザーをうまく使えば地味派手な女になれる こちやごちゃ飾り立てていなくて、シンプルなのに華のある拾好の女性っていますよね。同じスカートとニットというコーディネートなのに、片や地味めで、片やいまっほく …

no image

アメリカ・アジア環境パートナーシップ

服は、実にさまざまな方法で私たちの肉体を傷つけている。カリフォルニア州イレカでダンス教師をしているレベッカは、爪先とかかとの開いた新しい白のサンダルを履いて、日本へ旅行に出かけた。 ナイロンやポリエス …

no image

ファッションショーのテレビ中継に悪い面があるとすれば

トレンドに対する注目期間は、現時点では約五分というところかしら。元ジェーンのマーケット・ディレクターで、YM誌のファッション・ディレクターをしているエリザベス・キースターが言う。先端技術のおかげでファ …